LINQPad でIBM Cloud Object Storage データを操作

LINQPad でIBM Cloud Object Storage にLINQ クエリを実行します。



CData ADO.NET Provider for IBM Cloud Object Storage は、LINQ やEntity Framework などの標準のADO.NET インターフェースを使ってIBM Cloud Object Storage を操作可能にします。この記事では、LINQPad から接続してLINQ クエリを実行する方法を説明します。

データモデルの作成

本製品およびLINQPad をダウンロードおよびインストールしたら、Visual Studio で新しいクラスライブラリプロジェクトを作成します。

本製品を使用するためのEF 6を設定する方法については、ヘルプドキュメントを参照してください。

  1. プロジェクトを右クリックし、[追加]→[新しい項目]→[ADO.NET Entity Data Model]をクリックします。ダイアログが表示されたら、データベースから[Code First]を選択します。 [New Connection]をクリックして、表示されたウィザードで接続文字列オプションを指定します。

    Register a New Instance of Cloud Object Storage

    If you do not already have Cloud Object Storage in your IBM Cloud account, follow the procedure below to install an instance of SQL Query in your account:

    1. Log in to your IBM Cloud account.
    2. Navigate to the page, choose a name for your instance and click Create. You will be redirected to the instance of Cloud Object Storage you just created.

    Connecting using OAuth Authentication

    There are certain connection properties you need to set before you can connect. You can obtain these as follows:

    API Key

    To connect with IBM Cloud Object Storage, you need an API Key. You can obtain this as follows:

    1. Log in to your IBM Cloud account.
    2. Navigate to the Platform API Keys page.
    3. On the middle-right corner click "Create an IBM Cloud API Key" to create a new API Key.
    4. In the pop-up window, specify the API Key name and click "Create". Note the API Key as you can never access it again from the dashboard.

    Cloud Object Storage CRN

    If you have multiple accounts, you will need to specify the CloudObjectStorageCRN explicitly. To find the appropriate value, you can:

    • Query the Services view. This will list your IBM Cloud Object Storage instances along with the CRN for each.
    • Locate the CRN directly in IBM Cloud. To do so, navigate to your IBM Cloud Dashboard. In the Resource List, Under Storage, select your Cloud Object Storage resource to get its CRN.

    Connecting to Data

    You can now set the following to connect to data:

    • InitiateOAuth: Set this to GETANDREFRESH. You can use InitiateOAuth to avoid repeating the OAuth exchange and manually setting the OAuthAccessToken.
    • ApiKey: Set this to your API key which was noted during setup.
    • CloudObjectStorageCRN (Optional): Set this to the cloud object storage CRN you want to work with. While the connector attempts to retrieve this automatically, specifying this explicitly is recommended if you have more than Cloud Object Storage account.

    When you connect, the connector completes the OAuth process.

    1. Extracts the access token and authenticates requests.
    2. Saves OAuth values in OAuthSettingsLocation to be persisted across connections.

    一般的な接続文字列は次のとおりです。

    ApiKey=myApiKey;CloudObjectStorageCRN=MyInstanceCRN;Region=myRegion;OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=myOAuthClientSecret;
  2. 希望するテーブルおよびビューを選択して[Finish]をクリックし、データモデルを作成します。

  3. プロジェクトをビルドします。生成されたファイルを使ってLINQPad でIBM Cloud Object Storage 接続を作成できます。

LINQPad でIBM Cloud Object Storage データに接続

必要な接続プロパティを取得してデータモデルアセンブリを作成したら、以下の手順に従ってLINQPad でデータモデルを使いはじめましょう。

  1. LINQPad を開き[接続の追加]をクリックします。

  2. [Use a typed data context from your own assembly]オプションを選択します。

  3. [Entity Framework DbContext]を選択します。

  4. [Path to Custom Assembly]ボックスの横にある[参照]をクリックして、プロジェクトフォルダを参照します。bin フォルダの下の.dll または.exe を参照します。

  5. DbContext の名前を選択します。
  6. 接続文字列をApp.Config に保存した場合は、App.Config へのパスを指定します。

これでLINQPad 経由でIBM Cloud Object Storage にクエリできます。サポートされたLINQ クエリの例は、ヘルプドキュメントの「LINQ およびEntity Framework」を参照してください。

 
 
ダウンロード