製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはこちら

CData Connect

IBM Cloud Object Storage データを使った動的なReact アプリケーションを作成する方法

CData Connect Server とReact を使用してリアルタイムIBM Cloud Object Storage データで動的なWeb アプリケーションを構築します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2023-09-21
ibmcloudobjectstorage ロゴ

CData

connect ロゴ画像
React ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

今回は、React をIBM Cloud Object Storage データに連携する方法をご紹介します。React(React.js)は宣言型で高速かつ柔軟な、JavaScript の定番UI 構築ライブラリです。CData Connect Server を使えば、IBM Cloud Object Storage を含む多様なSaaS、データベース、外部システムのAPI をノーコードで手軽に生成して、React から接続できます。 この記事では、CData Connect Server をセットアップしてIBM Cloud Object Storage のOData API を作成し、IBM Cloud Object Storage データにリアルタイムで接続できるReact ベースのWeb アプリケーションを作成する方法を説明します。

本記事のReact アプリでは、IBM Cloud Object Storage のデータをテーブル形式で取得して、表として出力します。本記事で説明するコードは、こちらからサンプルのReact プロジェクトとしてダウンロードできるので、ローカルの環境ですぐに実行できます。

Connect Server 側の設定

それでは、Connect Server 側の準備から進めていきましょう。まずはConnect Server からIBM Cloud Object Storage に接続し、IBM Cloud Object Storage のデータをデータベースとして仮想化、OData エンドポイントとして公開します。

Connect Server ユーザーの追加

React からConnect Server 経由でIBM Cloud Object Storage に接続するユーザーを作成します。

  1. [Users]->[ Add]とクリックします。
  2. ユーザーを設定します。 新規ユーザーを作成
  3. [Save Changes]をクリックすると新しいユーザーの認証トークンが発行されるので、保管しておきます。 Connect Server のユーザー一覧

Connect Server からIBM Cloud Object Storage に接続

それでは、IBM Cloud Object Storage に接続してOData エンドポイントを生成してみましょう。GUI 上の操作だけでAPI を生成できます。

  1. Connect Server を開き、「CONNECTIONS」をクリックします。 データソースの追加
  2. 「Available Data Sources」から「IBM Cloud Object Storage」を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、IBM Cloud Object Storage に接続します。

    Cloud Object Storage 接続プロパティの取得・設定方法

    Cloud Object Storage に接続する前に、Cloud Object Storage インスタンスを登録してCloud Object Storage API キーとCRN を取得していきます。

    Cloud Object Storage の新規インスタンスの登録

    IBM Cloud アカウントにCloud Object Storage がまだない場合は、以下の手順に従ってアカウントにSQL Query のインスタンスをインストールできます。

    1. IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. Cloud Object Storage ページに移動して、インスタンス名を指定して「作成」をクリックします。Cloud Object Storage の新規インスタンスにリダイレクトされます。

    API キー

    API キーは以下の手順で取得できます。

    1. まずは、IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. API キーページに移動します。
    3. 中央右隅のIBM Cloud APIキーの作成 をクリックして、新しいAPI キーを作成します。
    4. ポップアップウィンドウが表示されたら、API キーの名前を指定して作成をクリックします。ダッシュボードからはアクセスできなくなるため、API Key を控えておきましょう。

    Cloud Object Storage CRN

    デフォルトでは、CData 製品はCloud Object Storage CRN を自動で取得します。ただし、複数のアカウントがある場合は、CloudObjectStorageCRN を明示的に指定する必要があります。この値は、次の2つの方法で取得できます。

    • Services ビューをクエリする。これにより、IBM Cloud Object Storage インスタンスとそれぞれのCRN がリストされます。
    • IBM Cloud で直接CRN を見つける。これを行うには、IBM Cloud のダッシュボードに移動します。リソースリストで、ストレージからCloud Object Storage リソースを選択してCRN を取得します。

    IBM Cloud Object Storage への接続

    これで準備は完了です。以下の接続プロパティを設定してください。

    • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 認証を繰り返す必要がなく、さらに自動でアクセストークンを設定できます。
    • ApiKey:セットアップ中に控えたAPI キーを指定。
    • CloudObjectStorageCRN(オプション):控えておいたCloud Object Storage のCRN に設定。Cloud Object Storage アカウントが複数ある場合のみ設定する必要があります。

    プロパティを設定したら、これで接続設定は完了です。

    Configuring a connection (Salesforce is shown).
  4. Test Database」をクリックします。
  5. [Permission]->[ Add]とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー)を追加します。

Connect Server にIBM Cloud Object Storage OData エンドポイントを追加

IBM Cloud Object Storage に接続したら、目的のテーブルのOData エンドポイントを作成します。

  1. [OData]->[Tables]->[Add Tables]とクリックします。
  2. IBM Cloud Object Storage データベースを選択します。
  3. 使用するテーブルを選択し、[Next]をクリックします。 Selecting a Table (Salesforce is shown)
  4. (オプション)テーブルの定義を編集して特定のフィールドなどを選択します。
  5. 設定を保存します。

(オプション)Cross-Origin Resource Sharing (CORS) を構成

Ajax などのアプリケーションから複数の異なるドメインにアクセスして接続すると、クロスサイトスクリプティングの制限に違反する恐れがあります。その場合には、[OData]->[Settings]でCORS を設定することで回避できます。

  • Enable cross-origin resource sharing (CORS):ON
  • Allow all domains without '*':ON
  • Access-Control-Allow-Methods:GET, PUT, POST, OPTIONS
  • Access-Control-Allow-Headers:Authorization

設定への変更を保存します。

CORS を設定

OData フィードのサンプルURL

IBM Cloud Object Storage への接続を設定してユーザーを作成し、Connect Server でOData エンドポイントを作成すると、IBM Cloud Object Storage データのOData フィードにアクセスできるようになります。 以下は、テーブルにアクセスするためのURL とテーブルのリストです。テーブルへのアクセスについてより詳しくは、Connect Server の「ODATA」ページにある「API」タブの情報を参照してください。URL については、Connect Server インスタンスのURL が必要になります(例えばローカルホストなら、http://localhost:8080/)。React を使用するので、URL の末尾に@json パラメータを追加してJSON 形式でデータを取得します。

Table         URL
テーブル一覧 CONNECT_SERVER_URL/odata.rsc/
Objects テーブルのメタデータ CONNECT_SERVER_URL/odata.rsc/Objects/$metadata?@json
Objects テーブル CONNECT_SERVER_URL/odata.rsc/IBMCloudObjectStorage_Objects

標準のOData フィードと同様、フィードにフィルタリング、ソートといった操作を実行したい場合は、$filter、$orderby、$skip、$top などOData URL パラメータを$select クエリに追加することができます。 サポートされているOData クエリの詳細については、ヘルプドキュメントを参照してください。

React でWeb アプリを作る

Connect Server のセットアップが完了したら、IBM Cloud Object Storage と連携するReact アプリを作成できます。以下のステップでは、サンプルプロジェクトの.zip ファイルに含まれているReact アプリのソースファイルの内容を説明していきます。

index.html


サンプルReact アプリケーションのトップページです。最小限のHTML とスクリプトファイルの読み込みを行っています。

main.js


このファイルでは、必要なライブラリ、モジュール、React クラスをインポートしています。メインとなるReact クラスのプロパティ(props)もここで定義されます。

そのほか、パッケージの依存関係を定義したpackage.json ファイルとwebpack の設定ファイルが含まれます。

App.jsx


React アプリを作成する上でメインとなるファイルです。このApp クラスで、Connect Server からデータを取得してReact アプリのさまざまなコンポーネントをレンダリングするために必要な関数を定義しています。ここから定義している関数について説明していきます。

constructor

App クラスのコンストラクターです。このうちstate には、Web アプリの構築に使用される動的データが含まれます。また、this でほかのメソッドをバインドすることで、メソッド内でstate を編集することもできます。

  constructor(props) {
    super(props);

    this.state = {
      selectedTable: '',
      selectedColumns: [],
      tables: [],
      columns: [],
      tableData: [],
      auth:'Basic ' + btoa(props.user + ':' + props.pass),
    };
    
    this.onTableChange = this.onTableChange.bind(this);
    this.onColumnChange = this.onColumnChange.bind(this);
    this.renderTableHeaders = this.renderTableHeaders.bind(this);
    this.renderTableBody = this.renderTableBody.bind(this);
    this.getColumnList = this.getColumnList.bind(this);
    this.getData = this.getData.bind(this);    
    
  }

componentDidMount

React の仕様に従って、componentDidMount メソッドはrender メソッドの前に呼び出され、コンストラクタの実行後にアプリのstate 変数を更新するために使用できます。 このメソッドでは、テーブルのリストを取得するHTTP リクエストをConnect Server に送信し、tablesselectedTable の状態変数を設定します。

サンプルでは、getColumnList メソッドを呼び出すと、現在選択されている最初のテーブルで使用可能なカラムのリストが取得されます。

  componentDidMount() {
    Object.assign(axios.defaults, {headers: {"x-cdata-authtoken": this.state.auth}});
    axios.get(`${this.props.baseUrl}`)
      .then(res => {
        const tables = res.data.value;
        this.setState({ tables });
        this.setState({ selectedTable: tables[0].name});
      })
      .catch(function (error) {
        if (error.response) {
          alert('Code: ' 
            + error.response.data.error.code 
            + '\r\nMessage: ' 
            + error.response.data.error.message);
        } else {
          console.log('Error', error.message);
        }
      });
    this.getColumnList();
  }

getColumnList

この関数は、selectedTable パラメータ(パラメータが定義されていない場合はUI で現在選択されているテーブル)に使用できるカラムのリストを取得します。 HTTP リクエストを実行し、応答を解析してcolumnsselectedColumns の状態を設定します。

  getColumnList(selectedTable) {
    if (!selectedTable) {
      selectedTable = this.state.selectedTable;
    }
    Object.assign(axios.defaults, {headers: {"x-cdata-authtoken": this.state.auth}});
    axios.get(`${this.props.baseUrl}/${selectedTable}/$metadata?@json`)
      .then(res => {
        let columns = res.data.items[0]["odata:cname"];
        this.setState({ 
          columns,
          selectedColumns: [], 
        });
      })
      .catch(error => {
        if (error.response) {
          alert('Code: '
            + error.response.data.error.code 
            + '\r\nMessage: ' 
            + error.response.data.error.message);
        } else {
          console.log('Error', error.message);
        }
      });
  }

renderTableList

この関数は、tables 変数を使用してテーブルを選択するためのHTML ドロップダウンのオプションを作成します。

  renderTableList() {
    let tablesHTML = [];
    for (let i = 0; i < this.state.tables.length; i++) {
      let table = this.state.tables[i];
      tablesHTML.push();
    }
    return tablesHTML;
  }

renderColumnList

この関数は、columns 変数を使用してカラムを選択するためのHTML マルチセレクトのオプションを作成します。

  
  renderColumnList() {
    let columnsHTML = [];
    for (let i = 0; i < this.state.columns.length; i++){
      let column = this.state.columns[i];
      columnsHTML.push();
    }
    return columnsHTML;
  }

renderTable

この関数は、Connect Server から取得したデータを使用してHTML テーブルをレンダリングします。renderTableHeaders()renderTableBody() の二つのヘルパー関数を使用して、テーブルヘッダーとデータ行を作成します。

  

  renderTable() {
    return (
      <table>
        <thead>
          { this.renderTableHeaders() }
        </thead>
        { this.renderTableBody() }
      </table>
    );
  }

renderTableHeaders

この関数は、selectedColumns 変数を使用してConnect Server からのデータを表示するために使用されるHTML テーブルのヘッダーを構築します。


  renderTableHeaders() {
    let headers = [];
    for (let i = 0; i < this.state.selectedColumns.length; i++) {
      let col = this.state.selectedColumns[i];
      headers.push(<th key={col}>{col}</th>)
    }
    return (<tr>{headers}</tr>);
  }

renderTableBody

この関数は、tableData 変数とselectedColumns 変数を使用してConnect Server からのデータを表示するために使用されるHTML テーブルのデータ行を構築します。


  renderTableBody() {
    let rows = [];
    this.state.tableData.forEach(function(row) {
      rows.push(
        <tr key={btoa('row'+rows.length)}>
          {this.state.selectedColumns.map(col =>
            <td key={col}>{row[col]}</td>
          )}
        </tr>
      )
    }.bind(this));
    return (<tbody>{rows}</tbody>);
  }

getData

この関数は、Connect Server からデータを取得してselectedColumns 変数を使用した$select パラメータのリストを作成し、selectedTable 変数を使用してデータを要求するテーブルを決定します。 Connect Server によって返されるデータは、tableData 状態変数に格納されます。

  getData() {
    let columnList = '';
    columnList = this.state.selectedColumns.join(',');
    Object.assign(axios.defaults, {headers: {"x-cdata-authtoken": this.state.auth}});
    axios.get(`${this.props.baseUrl}/${this.state.selectedTable}/?$select=${columnList}`)
      .then(res => {
        const tableData = res.data.value;
        this.setState({ tableData });
      })
      .catch(error => {
        if (error.response) {
          alert('Code: ' 
            + error.response.data.error.code 
            + '\r\nMessage: ' 
            + error.response.data.error.message);
        } else {
          console.log('Error', error.message);
        }
      });
  }

onTableChange

この関数は、テーブルを選択するためのHTML ドロップダウンの変更イベントを処理します。この関数では、selectedTable 変数が選択された値に設定され、tableData 変数からすべての値がクリアされます。 また、getColumnList 関数を呼び出すと、カラムを選択するためのHTML マルチセレクト要素が更新されます。

  onTableChange(event) {
    const selectedTable = event.target.value;
    this.setState({
      selectedTable,
      tableData: [],
    });
    this.getColumnList(selectedTable);
  }

onColumnChange

この関数は、取得して表示するカラムを選択するためのHTML マルチセレクトの変更イベントを処理します。選択するカラムを決定した後、selectedColumns が更新され、tableData がクリアされます。

  onColumnChange(event) {
    let options = event.target.options;
    let selectedColumns = [];
    for (let i = 0; i < options.length; i++){
      if (options[i].selected){
        selectedColumns.push(options[i].value);
      }
    }
    this.setState({
      selectedColumns, 
      tableData: [],    
      });    
  }

render

この関数は、さまざまなHTML 要素のレイアウトと表示を制御します。すべての静的HTML 機能と、動的要素をレンダリングする関数への関数呼び出しを含みます。

  
  render() {    
    return (
      <div>
        <h1>CData Connect Server React Demo</h1>
        <br/>
        <label>Select a Table</label>
        <br/>
        <select className='tableDropDown' onChange={this.onTableChange}>
          { this.renderTableList() }
        </select>
        <br/>
        <br/>
        <label>Select {this.state.selectedTable} Columns</label>
        <br/>
        <select className='columnMultiSelect' onChange={this.onColumnChange} multiple>
          { this.renderColumnList() }
        </select>
        <br/>
        <br/>
        { this.state.selectedColumns.length > 0 
          ? <button onClick={this.getData}>Get [{ this.state.selectedTable }] Data</button> 
          : null }
        <br/>
        <br/>
        { this.state.tableData.length > 0 
          ? this.renderTable() 
          : null }
      </div>
    );
  }

React アプリを構成

データへの接続を構成してReact アプリのソースファイルを確認したら、React アプリを実行してみましょう。React アプリを実行するには、マシンにnode.js をインストールする必要があります。また、アプリケーションを実行する前に依存関係のモジュールをインストールしてください。

グローバルモジュール

React アプリを実行するには、babelbabel-cli モジュールをグローバルにインストールします。

  • npm install -g babel
  • npm install -g babel-cli

プロジェクトのセットアップ

次のステップではReact プロジェクトをセットアップし、package.json ファイルから依存関係のモジュールをインストールします。

  1. コマンドラインで、ソースファイルのあるディレクトリに移動します。

    cd ./connectserver-react
    
  2. ディレクトリに移動したら、設定済みのpackage.json ファイルを使用して必要なモジュールをインストールします。

    npm install
    

React アプリを実行

package.json ファイルを作成して必要なモジュールをインストールすれば、React アプリを実行することができます。実行するには、React アプリのディレクトリに移動して以下のコマンドを実行します。

npm start

React アプリが起動すると、タイトルとテーブルを選択するためのドロップダウンメニューが表示されます。テーブルのリストはConnect Server から取得され、Connect Server 構成時にOData エンドポイントとして追加したすべてのテーブルが含まれます。

テーブルの選択

テーブルを選択すると、カラムのドロップダウンにマルチセレクトメニューが表示され、テーブルに表示するカラムを選択できます。カラムを選択すると、テーブルヘッダーが表示されます。

カラムの選択

テーブルとカラムを選択したら「Get [Objects] Data」ボタンをクリックし、Connect Server を介してIBM Cloud Object Storage の仮想データベースからデータを取得できます。 HTML テーブルには、ボタンをクリックする前に選択したテーブルとカラムに基づいたデータが入力されます。

IBM Cloud Object Storage のテーブルとカラムを取得

おわりに

これで、IBM Cloud Object Storage のデータに連携するReact アプリを作成できました。CData Connect Server は30日間の無償トライアルを提供していますので、お気軽にお試しください。IBM Cloud Object Storage 以外にも270種類以上のSaaS、データベース、外部システムからのリアルタイムデータに対応しています。

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。