製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはこちら

CData Connect

IBM Cloud Object Storage データを(CData Connect 経由の)Tableau Desktop でビジュアライズ

CData Connect(またはConnect Server)でIBM Cloud Object Storage データのMySQL データべースを作成し、Tableau Desktop でリアルタイムIBM Cloud Object Storage データからビジュアライゼーションを構築します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2021-02-05
ibmcloudobjectstorage ロゴ

CData

connect ロゴ画像
Tableau Desktop ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Tableau は企業がデータを使用して問題を解決する方法を変革するビジュアル分析プラットフォームです。CData Connect (またはConnect Server)と組み合わせることで、Tableau 内のリアルタイムIBM Cloud Object Storage データに簡単にアクセスできます。この記事では、IBM Cloud Object Storage の仮想MySQL データベースを作成し、Tableau でその仮想データベースに接続して、簡単なチャートを作成する方法を説明します。

IBM Cloud Object Storage データの仮想MySQL データベース

CData Connect は、シンプルなポイントアンドクリックインターフェースを使用してデータソースに接続し、API を生成します。

  1. Connect にログインし、「CONNECTIONS」をクリックします。 データベースを追加
  2. [Available Data Sources]から[IBM Cloud Object Storage]を選択します。
  3. IBM Cloud Object Storage に接続するために必要な認証プロパティを入力します。

    Cloud Object Storage 接続プロパティの取得・設定方法

    Cloud Object Storage に接続する前に、Cloud Object Storage インスタンスを登録してCloud Object Storage API キーとCRN を取得していきます。

    Cloud Object Storage の新規インスタンスの登録

    IBM Cloud アカウントにCloud Object Storage がまだない場合は、以下の手順に従ってアカウントにSQL Query のインスタンスをインストールできます。

    1. IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. Cloud Object Storage ページに移動して、インスタンス名を指定して「作成」をクリックします。Cloud Object Storage の新規インスタンスにリダイレクトされます。

    API キー

    API キーは以下の手順で取得できます。

    1. まずは、IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. API キーページに移動します。
    3. 中央右隅のIBM Cloud APIキーの作成 をクリックして、新しいAPI キーを作成します。
    4. ポップアップウィンドウが表示されたら、API キーの名前を指定して作成をクリックします。ダッシュボードからはアクセスできなくなるため、API Key を控えておきましょう。

    Cloud Object Storage CRN

    デフォルトでは、CData 製品はCloud Object Storage CRN を自動で取得します。ただし、複数のアカウントがある場合は、CloudObjectStorageCRN を明示的に指定する必要があります。この値は、次の2つの方法で取得できます。

    • Services ビューをクエリする。これにより、IBM Cloud Object Storage インスタンスとそれぞれのCRN がリストされます。
    • IBM Cloud で直接CRN を見つける。これを行うには、IBM Cloud のダッシュボードに移動します。リソースリストで、ストレージからCloud Object Storage リソースを選択してCRN を取得します。

    IBM Cloud Object Storage への接続

    これで準備は完了です。以下の接続プロパティを設定してください。

    • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 認証を繰り返す必要がなく、さらに自動でアクセストークンを設定できます。
    • ApiKey:セットアップ中に控えたAPI キーを指定。
    • CloudObjectStorageCRN(オプション):控えておいたCloud Object Storage のCRN に設定。Cloud Object Storage アカウントが複数ある場合のみ設定する必要があります。

    プロパティを設定したら、これで接続設定は完了です。

    Configuring a connection (Salesforce is shown).
  4. Test Database]をクリックします。
  5. [Permission]->[ Add]とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー) を追加します。

仮想データベースが作成されたら、Tableau Desktop からIBM Cloud Object Storage に接続できるようになります。

Tableau Desktop でリアルタイムIBM Cloud Object Storage データをビジュアライズ

以下のステップでは、CData Connect で仮想IBM Cloud Object Storage データベースに接続し、データから簡単なビジュアライゼーションを構築する方法の概要を説明します。

  1. Tableau を開き、[Connect]->[To a Server]と進んだ先の[MySQL]をクリックします。
  2. 接続ウィザードで、CData Connect インスタンスの値を入力し、[Sign In]をクリックします。
    • Server:Connect インスタンスのアドレス
    • Port:Connect インスタンス用のMySQL エンドポイントのポート(デフォルト:8006
    • Database:IBM Cloud Object Storage データ用に構成した仮想データベース
    • Username & Password:CData Connect ユーザーの資格情報
    Connect to CData Connect from Tableau Desktop
  3. 新しく作成したデータベースと、ビジュアライズするテーブルを選択します。(必要に応じて結合されたテーブルの関係を定義します。)
  4. Choosing a Database and Tables (a connection to CSV documents is shown)
  5. [Dimensions and Measures]を選択して、ビジュアライゼーションを構成します。
  6. Visualizing IBM Cloud Object Storage データ in Tableau Desktop

オンプレミスのアプリケーションからIBM Cloud Object Storage データへのSQL アクセス

この時点で、Tableau Desktop ワークブックからリアルタイムIBM Cloud Object Storage への、直接接続が有効になります。新しいビジュアライゼーションの作成やダッシュボードの構築などを行うことができます。Tableau などのデスクトップアプリケーションから、240 以上のSaaS、Big Data、NoSQL ソース(IBM Cloud Object Storage を含む)のデータにSQL でアクセスする方法については、CData Connect ページを参照するか、無料トライアルをダウンロードしてください。

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。