製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

JDBC Data Source for IBM Cloud Object Storage との間にInformatica マッピングを作成

標準のJDBC 接続プロセスを使用して、Informatica でIBM Cloud Object Storage データオブジェクトを作成します。JAR をコピーし、接続してください。

Informatica は、データを転送・変換するための強力で立派な手段を提供します。CData JDBC Driver for IBM Cloud Object Storage を利用することで、Informatica の強力なデータ転送および操作機能とシームレスに統合される、業界で実証済みの標準に基づくドライバーにアクセスできます。このチュートリアルでは、Informatica PowerCenter でIBM Cloud Object Storage を転送および参照する方法を示します。

ドライバーをデプロイ

ドライバーをInformatica PowerCenter サーバーに展開するために、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあるCData JAR および.lic ファイルを次のフォルダにコピーします。Informatica-installation-directory\services\shared\jars\thirdparty.

Developer ツールでIBM Cloud Object Storage を使用するには、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあるCData JAR および.lic ファイルを次のフォルダにコピーする必要があります。

  • Informatica-installation-directory\client\externaljdbcjars
  • Informatica-installation-directory\externaljdbcjars

JDBC 接続の作成

以下のステップに従って、Informatica Developer に接続します。

  1. [Connection Explorer]ペインで[domain]を右クリックし、[Create a Connection]をクリックします。
  2. 表示される[New Database Connection]ウィザードで、接続の名前とId を入力し、[Type]メニューで[JDBC]を選択します。
  3. [JDBC Driver Class Name]のプロパティで次のコードを入力します。 cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.IBMCloudObjectStorageDriver
  4. [Connection String]プロパティでは、IBM Cloud Object Storage の接続プロパティを使用してJDBC URLを入力します。

    Register a New Instance of Cloud Object Storage

    If you do not already have Cloud Object Storage in your IBM Cloud account, follow the procedure below to install an instance of SQL Query in your account:

    1. Log in to your IBM Cloud account.
    2. Navigate to the page, choose a name for your instance and click Create. You will be redirected to the instance of Cloud Object Storage you just created.

    Connecting using OAuth Authentication

    There are certain connection properties you need to set before you can connect. You can obtain these as follows:

    API Key

    To connect with IBM Cloud Object Storage, you need an API Key. You can obtain this as follows:

    1. Log in to your IBM Cloud account.
    2. Navigate to the Platform API Keys page.
    3. On the middle-right corner click "Create an IBM Cloud API Key" to create a new API Key.
    4. In the pop-up window, specify the API Key name and click "Create". Note the API Key as you can never access it again from the dashboard.

    Cloud Object Storage CRN

    If you have multiple accounts, you will need to specify the CloudObjectStorageCRN explicitly. To find the appropriate value, you can:

    • Query the Services view. This will list your IBM Cloud Object Storage instances along with the CRN for each.
    • Locate the CRN directly in IBM Cloud. To do so, navigate to your IBM Cloud Dashboard. In the Resource List, Under Storage, select your Cloud Object Storage resource to get its CRN.

    Connecting to Data

    You can now set the following to connect to data:

    • InitiateOAuth: Set this to GETANDREFRESH. You can use InitiateOAuth to avoid repeating the OAuth exchange and manually setting the OAuthAccessToken.
    • ApiKey: Set this to your API key which was noted during setup.
    • CloudObjectStorageCRN (Optional): Set this to the cloud object storage CRN you want to work with. While the connector attempts to retrieve this automatically, specifying this explicitly is recommended if you have more than Cloud Object Storage account.

    When you connect, the connector completes the OAuth process.

    1. Extracts the access token and authenticates requests.
    2. Saves OAuth values in OAuthSettingsLocation to be persisted across connections.

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、IBM Cloud Object Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    以下は一般的な接続文字列です。

    jdbc:ibmcloudobjectstorage:ApiKey=myApiKey;CloudObjectStorageCRN=MyInstanceCRN;Region=myRegion;OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=myOAuthClientSecret;

IBM Cloud Object Storage テーブルを参照

ドライバーJAR をクラスパスに追加してJDBC 接続を作成すると、Informatica のIBM Cloud Object Storage エンティティにアクセスできるようになります。以下のステップに従ってIBM Cloud Object Storage に接続し、IBM Cloud Object Storage テーブルを参照します。

  1. リポジトリに接続します。
  2. [Connection Explorer]で、[connection]を右クリックし、[Connect]をクリックします。
  3. [Show Default Schema Only]オプションをクリアします。

以下より、[Data Viewer]でIBM Cloud Object Storage テーブルを参照できるようになります。テーブルの[node]を右クリックし、[Open]をクリックします。[Data Viewer]で[Run]をクリックします。

IBM Cloud Object Storage データオブジェクトの作成

以下のステップに従って、プロジェクトにIBM Cloud Object Storage テーブルを追加します。

  1. IBM Cloud Object Storage でテーブルを選択し、右クリックして[Add to Project]をクリックします。
  2. 表示されるダイアログでリソースごとにデータオブジェクトを作成するオプションを選択します。
  3. [Select Location]ダイアログで、プロジェクトを選択します。

    マッピングの作成

    以下のステップに従って、マッピングにIBM Cloud Object Storage ソースを追加します。

    1. [Object Explorer]でプロジェクトを右クリックし、[New]->[Mapping]と進みます。
    2. IBM Cloud Object Storage 接続のノードを展開し、テーブルのデータオブジェクトをエディターにドラッグします。.
    3. 表示されるダイアログで、[Read]オプションを選択します。

    以下のステップに従って、IBM Cloud Object Storage カラムをフラットファイルにマッピングします。

    1. [Object Explorer]でプロジェクトを右クリックし、[New]->[Data Object]と進みます。
    2. [Flat File Data Object]->[Create as Empty]->[Fixed Width]と選択していきます。
    3. IBM Cloud Object Storage オブジェクトのプロパティで必要な行を選択して右クリックし、[copy]をクリックします。行をフラットファイルのプロパティにペーストします。
    4. フラットファイルのデータオブジェクトをマッピングにドラッグします。
    5. 表示されるダイアログで、[Write]オプションを選択します。
    6. クリックしてドラッグすることで、列を接続します。

    IBM Cloud Object Storage を転送するために、ワークスペースで右クリックし、[Run Mapping]をクリックします。

 
 
ダウンロード