製品をチェック

IBM Cloud Object Storage Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

IBM Cloud Object Storage アイコン IBM Cloud Object Storage JDBC Driver 相談したい

IBM Cloud Object Storage データに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。

JasperReports Server で IBM Cloud Object Storage に連携する帳票を作成

CData JDBC Driver をJasperReports Server に配置して、Jasper Studio でリアルタイムIBM Cloud Object Storage データを連携利用する帳票を作ろう。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-06-07
ibmcloudobjectstorage ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
TIBCO Jaspersoft ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。



CData JDBC Driver for IBMCloudObjectStorage は企業全体のIBM Cloud Object Storage へのデータ連携を可能にします。この記事では、JasperReports server にドライバーを配布してレポーティングドメイン、ビルディングブロックを作成し、ad hoc 帳票を作成する方法を説明します。

IBM Cloud Object Storage ドライバーのJAR を配布

下記の手順に従って、ドライバーのJAR をJasperReports server に配置します。標準的なプロセスに従って、JNDI データソースをTomcat またはJBoss に配布できます。以下の説明にはIBM Cloud Object Storage およびJasperReports Server にバンドルされたTomcat server の詳細が含まれます。

  1. インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のドライバーJAR およびlic ファイルを、apache-tomcat フォルダの[lib]サブフォルダにコピーします。
  2. 以下のリソースエントリーをjasperserver-pro Web アプリケーションのcontext.xml に追加します。これはアプリケーションの[META-INF]サブフォルダに配置されています。必要な接続プロパティをJDBC URL に指定します。

    Cloud Object Storage 接続プロパティの取得・設定方法

    Cloud Object Storage に接続する前に、Cloud Object Storage インスタンスを登録してCloud Object Storage API キーとCRN を取得していきます。

    Cloud Object Storage の新規インスタンスの登録

    IBM Cloud アカウントにCloud Object Storage がまだない場合は、以下の手順に従ってアカウントにSQL Query のインスタンスをインストールできます。

    1. IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. Cloud Object Storage ページに移動して、インスタンス名を指定して「作成」をクリックします。Cloud Object Storage の新規インスタンスにリダイレクトされます。

    API キー

    API キーは以下の手順で取得できます。

    1. まずは、IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. API キーページに移動します。
    3. 中央右隅のIBM Cloud APIキーの作成 をクリックして、新しいAPI キーを作成します。
    4. ポップアップウィンドウが表示されたら、API キーの名前を指定して作成をクリックします。ダッシュボードからはアクセスできなくなるため、API Key を控えておきましょう。

    Cloud Object Storage CRN

    デフォルトでは、CData 製品はCloud Object Storage CRN を自動で取得します。ただし、複数のアカウントがある場合は、CloudObjectStorageCRN を明示的に指定する必要があります。この値は、次の2つの方法で取得できます。

    • Services ビューをクエリする。これにより、IBM Cloud Object Storage インスタンスとそれぞれのCRN がリストされます。
    • IBM Cloud で直接CRN を見つける。これを行うには、IBM Cloud のダッシュボードに移動します。リソースリストで、ストレージからCloud Object Storage リソースを選択してCRN を取得します。

    IBM Cloud Object Storage への接続

    これで準備は完了です。以下の接続プロパティを設定してください。

    • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 認証を繰り返す必要がなく、さらに自動でアクセストークンを設定できます。
    • ApiKey:セットアップ中に控えたAPI キーを指定。
    • CloudObjectStorageCRN(オプション):控えておいたCloud Object Storage のCRN に設定。Cloud Object Storage アカウントが複数ある場合のみ設定する必要があります。

    プロパティを設定したら、これで接続設定は完了です。

    <Resource name="jdbc/ibmcloudobjectstorage" auth="Container" type="javax.sql.DataSource" driverClassName="cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.IBMCloudObjectStorageDriver" url="jdbc:ibmcloudobjectstorage:ApiKey=myApiKey;CloudObjectStorageCRN=MyInstanceCRN;Region=myRegion;OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=myOAuthClientSecret;" maxActive="20" maxIdle="10" maxWait="-1" factory="com.jaspersoft.jasperserver.tomcat.jndi.JSBasicDataSourceFactory"/>
  3. jasperserver-pro Web アプリケーションのweb.xml に以下の参照を追加します。これはアプリケーションの[WEB-INF]サブフォルダに配置されています。 IBM Cloud Object Storage データ JSP jdbc/ibmcloudobjectstorage javax.sql.DataSource Container
  4. サーバーを再起動します。

IBM Cloud Object Storage JDBC データソースの作成

ドライバーを配布したら、JNDI 接続を作成してバンドルされたあらゆるドライバーと同じように接続できます。

  1. JasperReports Server にログインして[Create]>[Data Source]をクリックします。
  2. [Type]メニューで[JNDI Data Source]を選択します。
  3. [Service Name]ボックスにIBM Cloud Object Storage に定義したJDNI ルックアップを入力します。例では、ルックアップは jdbc/ibmcloudobjectstorage です。

ドメイン の作成

データのドメインはJaspersoft のメタデータレイヤです。アドホックな分析および帳票で使うことができます。

  1. [Create]>[Domain]をクリックし、ドメインにID を入力します。
  2. [Data Source]セクションで[ブラウズ]をクリックし、作成したIBM Cloud Object Storage データソースを選択します。
  3. [Domain Design]セクションで[Create with Database Designer]をクリックします。[Select Database Schema]ダイアログが表示されます。
  4. IBM Cloud Object Storage データソースを選択します。
  5. [Tables]タブの[Data Source]ペインでテーブルを選択し、矢印をクリックして[Selected Tables]に追加します。 Tables to add on the Tables tab in the Domain Designer. (Salesforce is shown.)
  6. [Display]タブの[Resources]ペインでIBM Cloud Object Storage エンティティを選択し、矢印をクリックしてリソースを[Sets and Items]ペインに追加します。 Resources to add on the Display tab in the Domain Designer. (Salesforce is shown.)

ドメインにView Based を作成

ドメインを使ってIBM Cloud Object Storage のビジネスビューを作成したら、データに関連あるサブセットを表示するビューを作成します。下記の手順に従って、[Ad Hoc Editor]の[Ad Hoc view]にビューを作成します。

  1. [Create]>[Ad Hoc View]をクリックします。
  2. ダイアログが表示されたら、作成したIBM Cloud Object Storage ドメインを選択します。 The domain to be used for the view. (Salesforce is shown.)
  3. [Choose Data]ページで、ビューで使いたいカラムを選択します。[Select Fields]セクションでは、フィルターおよび入力用のプロンプトユーザーを作成できます。[Display]セクションでは、フィールドおよびフィールド名の並び順を変更できます。 The columns to be used in the report. (Salesforce is shown.)
  4. ウィザードを完了したら、ビューの種類を選択しビューにカラムを追加できます。JasperSoft はドライバーのメタデータを使って、利用可能なdimensions およびmeasures をデータの種類に基づいて検出します。 [Columns] および[Rows]ボックスにdimensions およびmeasures をドラッグします。例えば、チャートを作成するには[Columns]ボックスに[excol#1]を、[Rows]ボックスに[excol#2]をドラッグします。
  5. ビューを保存します。

帳票の作成

これでドメインから帳票を作成できます:

A report based on live data. (Salesforce is shown.)

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。