製品をチェック

IBM Cloud Object Storage Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

IBM Cloud Object Storage アイコン IBM Cloud Object Storage JDBC Driver 相談したい

IBM Cloud Object Storage データに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。

Jaspersoft Studio からIBM Cloud Object Storage データに接続する方法

Jaspersoft Studio でリアルタイムIBM Cloud Object Storage データを基に帳票を作成。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-06-07
ibmcloudobjectstorage ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
TIBCO Jaspersoft ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。



この記事では、CData JDBC Driver for IBMCloudObjectStorage を使ってIBM Cloud Object Storage の連携機能を持つJaspersoft Studio の基本的な帳票をテーブルやチャートで作成する方法を説明します。レポートを実行するたびに、チャートおよびテーブルはリアルタイムデータを表示します。JasperSoft のウィザードを使って、レポートエレメントを埋めるSQL クエリをいくつかビルドします。ドライバーは、リレーショナルデータベースへのデータのコピー処理をスキップする間、標準SQL を利用可能にします。代わりに、クエリは基になるIBM Cloud Object Storage API に直接実行されます。

JDBC データソースとしてIBM Cloud Object Storage データに接続

Jaspersoft Studio で、[Data Adapter]ウィザードを使ってJDBC データソースに接続できます。下記の手順に従って、プロジェクトからIBM Cloud Object Storage に接続します。IBM Cloud Object Storage データアダプターをワークスペースに追加します。

  1. [Repository Explorer]で[Data Apters]ノードを右クリックし、[Create Data Adapter]をクリックします。
  2. [Database JDBC Connection]を選択します。
  3. ユーザーフレンドリーなドライバー名を入力します。
  4. [Driver Classpath]タブで[Add]をクリックします。ダイアログが表示されたら、インストールディレクトリの[lib]サブフォルダにナビゲートします。ドライバーのJAR を選択します。
  5. [Database Location]タブでは、以下の情報が必要です:
    • JDBC Driver:JDBC driver のクラス名cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.IBMCloudObjectStorageDriver を入力。
    • JDBC URL:JDBC URL に必要な接続プロパティを入力。接続プロパティは、セミコロン区切りでname-value ペアを入力する必要があります。IBM Cloud Object Storage の一般的なJDBC URL は次のとおりです:

      jdbc:ibmcloudobjectstorage:ApiKey=myApiKey;CloudObjectStorageCRN=MyInstanceCRN;Region=myRegion;OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=myOAuthClientSecret;

      Cloud Object Storage 接続プロパティの取得・設定方法

      Cloud Object Storage に接続する前に、Cloud Object Storage インスタンスを登録してCloud Object Storage API キーとCRN を取得していきます。

      Cloud Object Storage の新規インスタンスの登録

      IBM Cloud アカウントにCloud Object Storage がまだない場合は、以下の手順に従ってアカウントにSQL Query のインスタンスをインストールできます。

      1. IBM Cloud アカウントにログインします。
      2. Cloud Object Storage ページに移動して、インスタンス名を指定して「作成」をクリックします。Cloud Object Storage の新規インスタンスにリダイレクトされます。

      API キー

      API キーは以下の手順で取得できます。

      1. まずは、IBM Cloud アカウントにログインします。
      2. API キーページに移動します。
      3. 中央右隅のIBM Cloud APIキーの作成 をクリックして、新しいAPI キーを作成します。
      4. ポップアップウィンドウが表示されたら、API キーの名前を指定して作成をクリックします。ダッシュボードからはアクセスできなくなるため、API Key を控えておきましょう。

      Cloud Object Storage CRN

      デフォルトでは、CData 製品はCloud Object Storage CRN を自動で取得します。ただし、複数のアカウントがある場合は、CloudObjectStorageCRN を明示的に指定する必要があります。この値は、次の2つの方法で取得できます。

      • Services ビューをクエリする。これにより、IBM Cloud Object Storage インスタンスとそれぞれのCRN がリストされます。
      • IBM Cloud で直接CRN を見つける。これを行うには、IBM Cloud のダッシュボードに移動します。リソースリストで、ストレージからCloud Object Storage リソースを選択してCRN を取得します。

      IBM Cloud Object Storage への接続

      これで準備は完了です。以下の接続プロパティを設定してください。

      • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 認証を繰り返す必要がなく、さらに自動でアクセストークンを設定できます。
      • ApiKey:セットアップ中に控えたAPI キーを指定。
      • CloudObjectStorageCRN(オプション):控えておいたCloud Object Storage のCRN に設定。Cloud Object Storage アカウントが複数ある場合のみ設定する必要があります。

      プロパティを設定したら、これで接続設定は完了です。

A data adapter configured to use the JDBC Driver. (Salesforce is shown.)

IBM Cloud Object Storage データ で帳票を作成

IBM Cloud Object Storage のデータアダプターを作成したら、IBM Cloud Object Storage データをJasperReports に追加できます。このセクションでは同梱されているテンプレートの一つをIBM Cloud Object Storage データに連携させる方法について説明します。

  1. [File]>[New Jasper Report]をクリックします。テンプレートを選択し、親プロジェクトを選択して、帳票に名前を入力します。
  2. [Data Adapter]ウィザードで、先のセクションで作成したデータアダプターを選択します。
  3. [Diagram]タブでは、クエリを視覚的にビルドできます:テーブルをボックスにドラッグしお好みのカラムをクリックします。カスタムクエリも入力可能です。例: SELECT * FROM Objects The SQL query to be used to pull data into the report. (Salesforce is shown.)
  4. データセットに含めたいフィールドを選択します。

[Preview]タブでは、最新のIBM Cloud Object Storage を使ったものと同じ帳票を見ることができます。

A JasperReport template populated with live data. (Salesforce is shown.)

チャートを追加

下記の手順に従って、IBM Cloud Object Storage のチャートを既存の帳票に追加します。棒グラフを、先のセクションで作成した帳票テンプレートの最後に追加します。

  1. [Design]タブをクリックします。
  2. [Outline]ビューで、帳票のルートノードを右クリックし[Create Dataset]をクリックします。
  3. データセット名を入力し、オプションをクリックして接続またはデータソースから新しいデータセットを作成します。
  4. [Data Adapter]メニューで、最初のセクションで作成した[Data Adapter]を選択します。
  5. 次のクエリを入力します:

    SELECT Key, Etag FROM Objects WHERE Bucket = 'someBucket' The SQL query to be used to fill the chart. (Salesforce is shown.)
  6. データセットに必要なフィールドを選択します。この例ではすべてのフィールドを使います。
  7. カラムでグループ化する手順はスキップします。IBM Cloud Object Storage API はGROUP BY のステートメントをサポートしていません。

データセットを追加したら、下記の手順に従ってチャートを作成します。

  1. [Outline]ビューの[Summary]ノードをクリックします。[Properties]ビューで高さを400ピクセルに設定します。サマリーバンドが帳票の最後にプリントされます。
  2. チャートを[Palette]からsummary にドラッグします。Chart ウィザードが表示されます。
  3. チャートの種類を選択します。この例では棒グラフを使います。
  4. [Dataset]メニューで、チャート用に作成したデータセットを選択します。
  5. [Dataset]タブで、オプションを選択してマスター帳票と同じ接続を使用します。Chart ウィザードは接続パラメータを入力し、メニューセレクションを[Use Another Connection]に変更します。
  6. [Series]メニューの隣にあるボタンをクリックし、デフォルトシリーズを削除します。[Add]をクリックします。
  7. [Expression Editor]が表示されたら、カラムをダブルクリックして各カラム値に新しいシリーズを作成します。例:Key。シリーズをKey に設定した場合、Key ごとに新しい棒グラフが作成されます。 The column selected as the Series for the chart.
  8. [Value]ボックスの隣にあるボタンをクリックし、チャートのmeasures 用に[Expression Editor]を開きます。カラムをダブルクリックしてy 軸に追加します。例:Etag。
  9. [Label]ボックスの隣にあるボタンをクリックし、チャートのdimensions 用に[Expression Editor]を開きます。カラムをダブルクリックしてx 軸に追加します。例:Key。
  10. この例ではカテゴリを使用しないため、[Category]ボックスに空の文字列 "" を入力します。 Columns selected for the axes of the chart.

チャートを作成したら基本的なフォーマットを行い、サブレポートをレポートに未使用スペースなくシームレスに追加できるようにします。

  1. チャートを右クリックして[Size to Container]>[Fit Both]をクリックします。
  2. メインレポートでサブレポートを右クリックして[Size to Container]>[Fit Both]をクリックします。

プレビューする前に帳票への変更を保存します。チャートが帳票の最後のページに表示されます。

The finished report's last page, displaying the chart. (Salesforce is shown.)

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。