IBM Cloud Object Storage JDBC ドライバーを使用したOBIEE でのIBM Cloud Object Storage レポート

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

IBM Cloud Object Storage JDBC Driver

IBM Cloud Object Storage データに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



IBM Cloud Object Storage JDBC ドライバーをOBIEE にデプロイし、企業全体にリアルタイムのレポートを提供します。

CData JDBC Driver for IBM Cloud Object Storage は、IBM Cloud Object Storage へのリアルタイムアクセスをJava ベースのレポートサーバーに統合できる標準のデータベースドライバーです。この記事では、ドライバーをOracle Business Intelligence Enterprise Edition (OBIEE) にデプロイし、変更を反映するIBM Cloud Object Storage に関する方法を示します。

JDBC ドライバーをデプロイ

以下のステップに従って、WebLogic のクラスパスにJDBC ドライバーを追加します。

WebLogic 12.2.1 の場合、ドライバーJAR と.lic ファイルをORACLE_HOME\user_projects\domains\MY_DOMAIN\lib のようにDOMAIN_HOME\lib に配置します。これらのファイルは、起動時にサーバーのクラスパスに追加されます。

ドライバーをクラスパスに手動で追加することもできます。これは、以前のバージョンで必要です。setDomainEnv.cmd (Windows) または setDomainEnv.sh (Unix) のPRE_CLASSPATH の前に以下を追加します。このスクリプトは、そのドメインのフォルダーのbin サブフォルダーにあります。例:ORACLE_HOME\user_projects\domains\MY_DOMAIN\bin.

set PRE_CLASSPATH=your-installation-directory\lib\cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.jar;%PRE_CLASSPATH%

DOMAIN_HOME\bitools\bin でstop コマンドとstart コマンドを実行するなど、すべてのサーバーを再起動します。

JDBC Data Source for IBM Cloud Object Storage の作成

JDBC ドライバーをデプロイした後、BI Publisher からJDBC データソースを作成できます。

  1. BI Publisher にURL http://localhost:9502/analytics でログインし、[Administration]->[Manage BI Publisher]とクリックします。
  2. [JDBC Connection]->[Add Data Source]と進みます。
  3. 以下の情報を入力します。
    • Data Source Name:ユーザーが接続を作成する名前をレポートに入力します。
    • Driver Type:SELECTOther.
    • Database DriverClass:ドライバークラスに cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.IBMCloudObjectStorageDriver を入力します。
    • Connection String:JDBC URL を入力します。

      Register a New Instance of Cloud Object Storage

      If you do not already have Cloud Object Storage in your IBM Cloud account, follow the procedure below to install an instance of SQL Query in your account:

      1. Log in to your IBM Cloud account.
      2. Navigate to the page, choose a name for your instance and click Create. You will be redirected to the instance of Cloud Object Storage you just created.

      Connecting using OAuth Authentication

      There are certain connection properties you need to set before you can connect. You can obtain these as follows:

      API Key

      To connect with IBM Cloud Object Storage, you need an API Key. You can obtain this as follows:

      1. Log in to your IBM Cloud account.
      2. Navigate to the Platform API Keys page.
      3. On the middle-right corner click "Create an IBM Cloud API Key" to create a new API Key.
      4. In the pop-up window, specify the API Key name and click "Create". Note the API Key as you can never access it again from the dashboard.

      Cloud Object Storage CRN

      If you have multiple accounts, you will need to specify the CloudObjectStorageCRN explicitly. To find the appropriate value, you can:

      • Query the Services view. This will list your IBM Cloud Object Storage instances along with the CRN for each.
      • Locate the CRN directly in IBM Cloud. To do so, navigate to your IBM Cloud Dashboard. In the Resource List, Under Storage, select your Cloud Object Storage resource to get its CRN.

      Connecting to Data

      You can now set the following to connect to data:

      • InitiateOAuth: Set this to GETANDREFRESH. You can use InitiateOAuth to avoid repeating the OAuth exchange and manually setting the OAuthAccessToken.
      • ApiKey: Set this to your API key which was noted during setup.
      • CloudObjectStorageCRN (Optional): Set this to the cloud object storage CRN you want to work with. While the connector attempts to retrieve this automatically, specifying this explicitly is recommended if you have more than Cloud Object Storage account.

      When you connect, the connector completes the OAuth process.

      1. Extracts the access token and authenticates requests.
      2. Saves OAuth values in OAuthSettingsLocation to be persisted across connections.

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、IBM Cloud Object Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      JDBC URL を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

      以下は一般的なJDBC URL です。

      jdbc:ibmcloudobjectstorage:ApiKey=myApiKey;CloudObjectStorageCRN=MyInstanceCRN;Region=myRegion;OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=myOAuthClientSecret;
    • Username:ユーザー名。
    • Password:パスワード。
  4. [Security]セクションで、許可されているユーザーロールを選択します。

リアルタイムのIBM Cloud Object Storage レポートを作成

リアルタイムのIBM Cloud Object Storage に基づいてレポートと分析を作成できるようになります。以下のステップに従って、標準のレポートウィザードを使用してIBM Cloud Object Storage への変更を反映するインタラクティブなレポートを作成します。

  1. グローバルヘッダーで、[New]->[Data Model]をクリックします。
  2. Diagram タブでメニューからSQL クエリを選択します。
  3. クエリの名前を入力し、[Data Source]メニューで、作成したIBM Cloud Object Storage JDBC データを選択します。
  4. 標準のSQL を選択し、以下のようなクエリを入力します。 SELECT Key, Etag FROM Objects WHERE Bucket = 'someBucket'
  5. [View Data]をクリックし、レポートの作成に使用するサンプルデータを生成します。
  6. サンプルデータに含める行数を選択し、[View]をクリックして[Save As Sample Data]をクリックします。
  7. [Create Report]->[Use Data Model]とクリックします。
  8. [Guide Me]を選択し、[Select Layout]ページで含めるレポートオブジェクトを選択します。この例では、[Chart]と[Table]を選択します。
  9. Etag のような数値列をy 軸の[Drop Value Here]ボックスにドロップします。Key のようなディメンション列をx 軸の[Drop Label Here]ボックスにドロップします。
  10. [Refresh]をクリックしてIBM Cloud Object Storage への変更を取得します。