製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

SpagoBI でIBM Cloud Object Storage に連携

SpagoBI Studio でライブIBM Cloud Object Storage にフィーチャーしたレポートを作成します。ホストのIBM Cloud Object Storage はSpagoBI サーバーを報告します。

CData JDBC Driver for IBM Cloud Object Storage はJDBC 標準をサポートするビジネスインテリジェンスおよびデータマイニングツールからライブIBM Cloud Object Storage に接続することを可能にします。この記事では、IBM Cloud Object Storage をSpagoBI Studio のレポートに統合し、SpagoBI サーバーでホストする方法を説明します。

SpagoBI サーバーのJDBC ドライバーをデプロイ

以下のステップに従ってSpagoBI サーバーでJDBC data source for IBM Cloud Object Storage を作成します。

  1. ドライバーJAR を%CATALINA_BASE%/lib にコピーします。これらのファイルは、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。
  2. IBM Cloud Object Storage ドライバーリソースをコンテクストに追加します。以下のリソース定義をserver.xml の[GlobalNamingResources]要素に追加できます。 <Resource name="jdbc/ibmcloudobjectstorage" auth="Container" type="javax.sql.DataSource" driverclassname="cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.IBMCloudObjectStorageDriver" factory="org.apache.tomcat.jdbc.pool.DataSourceFactory" maxactive="20" maxidle="10" maxwait="-1"/>

  3. 以下のリソースリンクを追加し、Web アプリケーションへのアクセスを許可します。この記事では、SpagoBI のMETA-INF\context.xml に次の行を追加します。 <ResourceLink global="jdbc/ibmcloudobjectstorage" name="jdbc/ibmcloudobjectstorage" type="javax.sql.DataSource"/>
  4. サーバーを再起動します。

SpagoBI サーバーのリソースにドライバーを追加した後、データソースを追加します。SpagoBIで[Resources]->[Data Source]->[Add]と進み、以下の情報を入力します。

  • Label:ドライバーに独特の識別子を入力します。
  • Description:ドライバーにディスクリプションを入力します。
  • Dialect:デフォルトの方言を選択します。
  • Read Only:読み取り専用オプションを選択します。このオプションは、データソースがエンドユーザーによって作成された、データセットを保存するためのデフォルトデータベースであるかどうかを決定します。
  • Type:[JDBC]を選択します。
  • URL:
  • 必要な接続文字列プロパティを使用してJDBC URLを入力します。

    Register a New Instance of Cloud Object Storage

    If you do not already have Cloud Object Storage in your IBM Cloud account, follow the procedure below to install an instance of SQL Query in your account:

    1. Log in to your IBM Cloud account.
    2. Navigate to the page, choose a name for your instance and click Create. You will be redirected to the instance of Cloud Object Storage you just created.

    Connecting using OAuth Authentication

    There are certain connection properties you need to set before you can connect. You can obtain these as follows:

    API Key

    To connect with IBM Cloud Object Storage, you need an API Key. You can obtain this as follows:

    1. Log in to your IBM Cloud account.
    2. Navigate to the Platform API Keys page.
    3. On the middle-right corner click "Create an IBM Cloud API Key" to create a new API Key.
    4. In the pop-up window, specify the API Key name and click "Create". Note the API Key as you can never access it again from the dashboard.

    Cloud Object Storage CRN

    If you have multiple accounts, you will need to specify the CloudObjectStorageCRN explicitly. To find the appropriate value, you can:

    • Query the Services view. This will list your IBM Cloud Object Storage instances along with the CRN for each.
    • Locate the CRN directly in IBM Cloud. To do so, navigate to your IBM Cloud Dashboard. In the Resource List, Under Storage, select your Cloud Object Storage resource to get its CRN.

    Connecting to Data

    You can now set the following to connect to data:

    • InitiateOAuth: Set this to GETANDREFRESH. You can use InitiateOAuth to avoid repeating the OAuth exchange and manually setting the OAuthAccessToken.
    • ApiKey: Set this to your API key which was noted during setup.
    • CloudObjectStorageCRN (Optional): Set this to the cloud object storage CRN you want to work with. While the connector attempts to retrieve this automatically, specifying this explicitly is recommended if you have more than Cloud Object Storage account.

    When you connect, the connector completes the OAuth process.

    1. Extracts the access token and authenticates requests.
    2. Saves OAuth values in OAuthSettingsLocation to be persisted across connections.

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、IBM Cloud Object Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    以下は一般的なJDBC URL です。

    jdbc:ibmcloudobjectstorage:ApiKey=myApiKey;CloudObjectStorageCRN=MyInstanceCRN;Region=myRegion;OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=myOAuthClientSecret;
  • Driver:ドライバーのクラス名にcdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.IBMCloudObjectStorageDriver を入力します。

SpagoBI Studio でレポートを作成

以下のステップに従い、SpagoBI StudioでIBM Cloud Object Storage に基づいたレポートを作成します。SQL クエリの結果をチャートに挿入するデータセットを作成します。次のセクションでは、このレポートをSpagoBI サーバーでホストします。

初めに、SpagoBI Studio のレポートからIBM Cloud Object Storage に接続してください。

  1. SpagoBI Studio で、[File]->[New]->[Project]とクリックしていき、[Business Intelligence and Reporting Tools]フォルダで[Report Project]を選択します。
  2. [File]->[New]->[Report]と進み、[Blank Report]を選択します。
  3. [Data Explorer]ビューで[Data Sources]を右クリックし、[New Data Source]をクリックします。
  4. [JDBC Data Source]を選択し、データソース名を入力します。
  5. [Manage Drivers]をクリックし、[Add]をクリックしてドライバーJAR(cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.jar) を追加します。
  6. ドライバーJAR は、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。
  7. [Driver Class]メニューでドライバークラス(cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.IBMCloudObjectStorageDriver)を選択します。
  8. [Database URL]ボックスに、[JDBC URL]を入力します。以下は一般的な接続文字列です。 jdbc:ibmcloudobjectstorage:ApiKey=myApiKey;CloudObjectStorageCRN=MyInstanceCRN;Region=myRegion;OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=myOAuthClientSecret; 必要な接続プロパティを取得するためのガイドについては、ドライバーヘルプの[Getting Started]チャプターを見てください。

IBM Cloud Object Storage に接続した後、SQL クエリの結果を含むデータセットを作成します。

  1. [DataSet]フォルダを右クリックし、[New Data Set]をクリックします。JDBC data source for IBM Cloud Object Storage を選択し、データセットの名称を入力します。
  2. SQL クエリを構築します。ここでは、このクエリを使用してダッシュボードにチャートを追加します。例: SELECT Key, Etag FROM Objects WHERE Bucket = 'someBucket'

データセットを使用して、レポートオブジェクトにデータを入力できます。以下のステップに従って、チャートを作成します。

  1. [Palette]ビューで、チャートをキャンバスにドラッグします。
  2. [Select Chart Type]タブで棒グラフを選択します。
  3. [Select Data]タブで[Use Data From]オプションをクリックし、メニューからIBM Cloud Object Storage データセットを選択します。
  4. Key をテーブルからx 軸の系列にドラッグします。
  5. Etag をテーブルからy 軸の系列にドラッグします。

SpagoBI サーバーに関するホストIBM Cloud Object Storage レポート

以下のステップに従って、SpagoBI サーバーでライブIBM Cloud Object Storage に基づいてドキュメントをホストできます。前のセクションで作成したレポートをテンプレートとして使用します。レポートユーザーがライブデータにアクセスできるようにするには、サーバー上のIBM Cloud Object Storage JDBC データソースに置き換えられるプレースホルダパラメータを作成します。

  1. 未実行の場合、SpagoBI Studio で[Report Design]パースペクティブで開きます。
  2. [Data Explorer]ビューで[Report Parameters]フォルダを右クリックし、[New Parameter]をクリックします。url パラメータを追加し、それに空の値を割り当てます。このパラメータはSpagoBI サーバー上のJDBC データソースのプレースホルダです。
  3. IBM Cloud Object Storage データソースを右クリックし、[Edit]をクリックします。
  4. [Property Binding]ノードで、JDBC Driver のURL バインディングプロパティurl パラメータに設定します。プロパティのボックスをクリックします。[Category]セクションで[Report Parameters]を選択します。[Subcategory]セクションで[All]を選択し、パラメータをダブルクリックします。

    JavaScript構文に以下のように入力することもできます。

    params["url"].value

続いて、SpagoBI サーバーでレポート用の新しいドキュメントを作成します。

  1. SpagoBI サーバーで、[Documents Development]->[Create Document]->[Generic Document]と進みます。[Document Details]ページが表示されます。
  2. 以下の情報を入力し、ドキュメントを作成します。
    • Label:ドキュメントに独自の識別子を入力します。
    • Name:ドキュメントのわかりやすい名前を入力します。
    • Type:メニューから[Report]を選択します。
    • Engine:[BIRT Report Engine]を選択します。
    • Data Source:SpagoBI サーバーのCreate a JDBC Data Source for IBM Cloud Object Storage で作成したIBM Cloud Object Storage Data Source を選択します。
  3. [Show Document Templates]セクションで、ドキュメントを格納したいフォルダを選択します。
  4. [Template]セクションで、[Choose File]をクリックします。レポートプロジェクトを含むフォルダに移動します。.rptdesign ファイルを選択します。

    Noteプロジェクトへのパスは、プロジェクトプロパティで確認できます。

  5. [Save]ボタンをクリックします。

サーバーでレポートを実行すると、プレースホルダurl パラメータがサーバーで定義されたJDBC URL に置き換えられます。

 
 
ダウンロード