製品をチェック

IBM Cloud Object Storage ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

IBM Cloud Object Storage アイコン IBM Cloud Object Storage ODBC Driver 相談したい

IBM Cloud Object Storage ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからIBM Cloud Object Storage にデータ連携。

IBM Cloud Object Storage データにデータベースと同感覚でアクセスして、IBM Cloud Object Storage データに使い慣れたODBC インターフェースで連携。

クラウドネイティブRPA Automation 360™ でIBM Cloud Object Storage データを連携利用

クラウドネイティブRPA Automation 360™ と IBM Cloud Object Storage ODBC Driver を使ってノーコードでIBM Cloud Object Storage 連携Bot を作成。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-01-26
ibmcloudobjectstorage ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
Automation360 ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。



Automation 360™ は Automation Anywhere 社が提供するクラウドネイティブなRPA プラットフォームです。従来のRPA と同様にエージェントはデスクトップにインストールされて動くのですが、ワークフローの作成、エージェントの管理や配布、オーケストレーションをクラウドサービス上で実施できるようになっています。

また、RPA としての基本的な機能のほかに、さまざまなアプリケーションやローカルファイル・サービスなどに接続することが可能なAction が一つの特徴となっています。その中に、データベースにODBC 経由で接続できるAction が含まれており、CData ODBC Driver と組み合わせることで、CData が対応しているさまざまなデータソースとノーコードで連携ができるようになります。

この記事では、Automation 360™ と CData ODBC Driver を使って、IBM Cloud Object Storage に連携するBot を作成します。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持った製品です。

  1. IBM Cloud Object Storage をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレデータソースに対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにIBM Cloud Object Storage データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてIBM Cloud Object Storage の接続を設定、2.Automation 360™ 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC Drivers のインストールとIBM Cloud Object Storage への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからIBMCloudObjectStorage ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

  1. まずODBN DSN に必要な接続プロパティの値を入力します。 組み込みのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を構成できます。 これは、ドライバーのインストール時の最後のステップでも可能です。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を作成および設定する方法については、ヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

    Cloud Object Storage 接続プロパティの取得・設定方法

    Cloud Object Storage に接続する前に、Cloud Object Storage インスタンスを登録してCloud Object Storage API キーとCRN を取得していきます。

    Cloud Object Storage の新規インスタンスの登録

    IBM Cloud アカウントにCloud Object Storage がまだない場合は、以下の手順に従ってアカウントにSQL Query のインスタンスをインストールできます。

    1. IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. Cloud Object Storage ページに移動して、インスタンス名を指定して「作成」をクリックします。Cloud Object Storage の新規インスタンスにリダイレクトされます。

    API キー

    API キーは以下の手順で取得できます。

    1. まずは、IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. API キーページに移動します。
    3. 中央右隅のIBM Cloud APIキーの作成 をクリックして、新しいAPI キーを作成します。
    4. ポップアップウィンドウが表示されたら、API キーの名前を指定して作成をクリックします。ダッシュボードからはアクセスできなくなるため、API Key を控えておきましょう。

    Cloud Object Storage CRN

    デフォルトでは、CData 製品はCloud Object Storage CRN を自動で取得します。ただし、複数のアカウントがある場合は、CloudObjectStorageCRN を明示的に指定する必要があります。この値は、次の2つの方法で取得できます。

    • Services ビューをクエリする。これにより、IBM Cloud Object Storage インスタンスとそれぞれのCRN がリストされます。
    • IBM Cloud で直接CRN を見つける。これを行うには、IBM Cloud のダッシュボードに移動します。リソースリストで、ストレージからCloud Object Storage リソースを選択してCRN を取得します。

    IBM Cloud Object Storage への接続

    これで準備は完了です。以下の接続プロパティを設定してください。

    • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 認証を繰り返す必要がなく、さらに自動でアクセストークンを設定できます。
    • ApiKey:セットアップ中に控えたAPI キーを指定。
    • CloudObjectStorageCRN(オプション):控えておいたCloud Object Storage のCRN に設定。Cloud Object Storage アカウントが複数ある場合のみ設定する必要があります。

    プロパティを設定したら、これで接続設定は完了です。

  2. DSN設定
  3. 入力後、接続テストが成功すれば設定は完了です。

Automation 360™ で Bot を作成する

それでは Automation 360™ で Bot を作成していきましょう。

  1. Home 画面にログインし「Create a bot」をクリックします。
  2. 任意のBot 名を入力して、「Create & edit」をクリックします。

Automation 360™ でIBM Cloud Object Storage へのDB 接続を構成する

続いて Automation 360™ でODBC への接続構成を行います。

  1. ODBC 接続は主に「Database」のAction を使って構成していきます。
  2. Database 接続では最初に「Connect」Action を使って接続を確立する必要があります。「Connect」Actionをドラッグアンドドロップで配置しましょう。
  3. 「Connect」Action では「Connection mode」を「Default」に変更し、「Connection string」でODBC の接続情報を指定します。これでConnection の構成は完了です。

IBM Cloud Object Storage のデータをAutomation 360™ で扱う

Connection の構成が完了したら、実際にデータを読み取るAction を設定しましょう。

  1. ODBC 経由でデータを読み取るために「Read from」Actionを配置します。
  2. 「Read from」Action では「Enter SELECT Statement」に対してSQL を入力して、データを取得することができます。
  3. また、今回は最終的にCSV ファイルとしてデータを吐き出すので「Export data to CSV」のチェックボックスにチェックを入れて、ローカルファイルとして出力されるように構成しました。
  4. 最後に作成した接続情報を破棄するために「Disconnect」を配置しましょう。

作成したBot の動作を確認する

それでは作成したBot を実際に動かしてみましょう。

  1. Bot は画面上にある「Run」で手動実行が可能です。
  2. 開始すると以下のようにDesktop のBot Agent にシナリオが共有され、処理が行われます。
  3. 正常に処理が完了すると、次のようにメッセージが表示されます。
  4. 指定したCSV ファイルを参照してみたところ、正常にIBM Cloud Object Storage のデータを元にしたCSV ファイルが生成されていました。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。