今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for IBM Cloud Object Storage を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

QlikView でIBM Cloud Object Storage データにODBC 接続で連携してビジュアライズ

IBM Cloud Object Storage を使ってQlikView でデータビジュアライゼーションを作成



CData ODBC drivers は、幅広い種類のデータソースのデータを扱うことを可能にします。この記事では、IBM Cloud Object Storage に接続してQlikView でデータビジュアライゼーションを作成する簡単な手順を説明します。

IBM Cloud Object Storage データをチャートに連携

下記の手順では、SQL クエリ結果をQlikView のビジュアライゼーションに提供します。 この記事では、次のクエリを使って棒グラフを作成します:

SELECT Key, Etag FROM Objects WHERE Bucket = 'someBucket'
  1. 接続プロパティの指定がまだの場合は、DSN (データソース名)で行います。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。一般的な接続プロパティは以下のとおりです:

    • ApiKey
    • CloudObjectStorageCRN
    • Region
    • OAuthClientId
    • OAuthClientSecret

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

  2. ツールバーで[Edit Script]ボタンをクリックして接続を追加します。
  3. [Data]タブの[Database]メニューから[ODBC]を選択して[Connect]をクリックします。
  4. ダイアログが表示されたら、[DSN]を選択します。次のようなコマンドが生成されます: ODBC CONNECT TO [My DSN];
  5. [Select]をクリックして[SELECT statement]ウィザードでクエリをビルドします。あるいは、SQL コマンドを使ってクエリを直接スクリプトに入力できます。
  6. スクリプトエディタを閉じてドキュメントをリロードし、スクリプトを実行します。
  7. [Tools]>[Quick Chart Wizard]をクリックします。ウィザードでチャートの種類を選択します。この例では棒グラフを使います。
  8. [First Dimension]メニューでKey を選択します。
  9. 必要なサマリー機能をクリックし、メニューでEtag を選択します。
  10. ウィザードを終了してチャートを生成します。

 
 
ダウンロード