製品をチェック

IBM Cloud Object Storage ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

IBM Cloud Object Storage アイコン IBM Cloud Object Storage ODBC Driver 相談したい

IBM Cloud Object Storage ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからIBM Cloud Object Storage にデータ連携。

IBM Cloud Object Storage データにデータベースと同感覚でアクセスして、IBM Cloud Object Storage データに使い慣れたODBC インターフェースで連携。

Tableau Bridge でTableau Cloud からのIBM Cloud Object Storage データ連携を実現

CData ODBC Driver を使って、Tableau Cloud ダッシュボードにIBM Cloud Object Storage データをTableau Bridge 経由でフィード。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-01-03
ibmcloudobjectstorage ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
Tableau ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

Tableau Bridge は、データソースとのライブ接続を維持したままTableau Cloud にダッシュバードをパブリッシュ可能にします。本記事では、Tableau Bridge を使って、IBM Cloud Object Storage データに連携するワークブックをデータ更新可能な状態でパブリッシュする方法を説明します。

CData ODBC drivers は、Tableau Cloud からIBM Cloud Object Storage データにノーコードでのアクセスを実現します。ドライバーにはパフォーマンスを向上させるための効率的なデータ処理が組み込まれています。IBM Cloud Object Storage からTableau Cloud に複雑なSQlクエリを発行すると、ドライバーはファイルタリング、集計などのクエリオペレーションでデータソース側でサポートされているものはIBM Cloud Object Storage 側に、JOIN などのサポートされていないクエリはドライバーの内部SQL エンジンにて処理を行います。また、動的なメタデータクエリ機能が実装されており、Tableau からノーコードでIBM Cloud Object Storage データのネイティブなデータ型を使ってデータを効率的に分析できます。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持ったリアルタイムデータ連携ソリューションです。

  1. IBM Cloud Object Storage をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレミスデータソースに対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにIBM Cloud Object Storage データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準 SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてIBM Cloud Object Storage の接続を設定、2.Tableau Bridge 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC Drivers のインストールとIBM Cloud Object Storage への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからIBMCloudObjectStorage ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

接続プロパティの指定がまだの場合は、DSN (データソース名)で行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。一般的な接続プロパティは以下のとおりです:

Cloud Object Storage 接続プロパティの取得・設定方法

Cloud Object Storage に接続する前に、Cloud Object Storage インスタンスを登録してCloud Object Storage API キーとCRN を取得していきます。

Cloud Object Storage の新規インスタンスの登録

IBM Cloud アカウントにCloud Object Storage がまだない場合は、以下の手順に従ってアカウントにSQL Query のインスタンスをインストールできます。

  1. IBM Cloud アカウントにログインします。
  2. Cloud Object Storage ページに移動して、インスタンス名を指定して「作成」をクリックします。Cloud Object Storage の新規インスタンスにリダイレクトされます。

API キー

API キーは以下の手順で取得できます。

  1. まずは、IBM Cloud アカウントにログインします。
  2. API キーページに移動します。
  3. 中央右隅のIBM Cloud APIキーの作成 をクリックして、新しいAPI キーを作成します。
  4. ポップアップウィンドウが表示されたら、API キーの名前を指定して作成をクリックします。ダッシュボードからはアクセスできなくなるため、API Key を控えておきましょう。

Cloud Object Storage CRN

デフォルトでは、CData 製品はCloud Object Storage CRN を自動で取得します。ただし、複数のアカウントがある場合は、CloudObjectStorageCRN を明示的に指定する必要があります。この値は、次の2つの方法で取得できます。

  • Services ビューをクエリする。これにより、IBM Cloud Object Storage インスタンスとそれぞれのCRN がリストされます。
  • IBM Cloud で直接CRN を見つける。これを行うには、IBM Cloud のダッシュボードに移動します。リソースリストで、ストレージからCloud Object Storage リソースを選択してCRN を取得します。

IBM Cloud Object Storage への接続

これで準備は完了です。以下の接続プロパティを設定してください。

  • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 認証を繰り返す必要がなく、さらに自動でアクセストークンを設定できます。
  • ApiKey:セットアップ中に控えたAPI キーを指定。
  • CloudObjectStorageCRN(オプション):控えておいたCloud Object Storage のCRN に設定。Cloud Object Storage アカウントが複数ある場合のみ設定する必要があります。

プロパティを設定したら、これで接続設定は完了です。

DSN を設定する際には、Max Rows プロパティを設定することをお勧めします。これにより取得される行数が制限され、パフォーマンスを向上させます。

IBM Cloud Object Storage データをTableau ダッシュボードに設定

  1. 新しいワークブックで、データソース画面で、その他のデータベース(ODBC) を選択します。システムDSN であるCData IBMCloudObjectStorage Sys を選択します。
  2. [データベース]メニューでCData を選択します。
  3. [表]ボックスにテーブル名を入力、または[🔎]マーククリックして、テーブル一覧を表示させます。[新しいカスタムSQL]をクリックしてSQL クエリを入力することもできます。この記事ではObjects テーブルを選択します。
  4. テーブルをJOIN エリアにドラッグします。複数のテーブルを選択することも可能で、ドライバーにビルトインされたSQL エンジンで複雑なデータリクエストでも処理が可能です。
  5. ワークシートタブを選択すると、カラムがディメンションとメジャーに区別されて表示されます。これらをダッシュボードで使ってビジュアライズを行います。
    Tableau で利用するテーブルを選択(Salesforce is shown.)

Tableau Bridge をサービスとして起動する

  1. [サーバー]メニューから[Tableau Bridge クライアントを起動]を選択します。
  2. サイト管理者権限でTableau Bridge にサインインします。
  3. プロンプトが出たら、データをパブリッシュするTableau Cloud サイトを選択します。Bridge クライアントが開き、システムトレーからアクセスできるようになります。
  4. デフォルトで、Tableau Bridge クライアントはApplication モードに設定されています。[Switch to service]を選択してライブ接続が扱えるようにします。
  5. Tableau Cloud サイトに管理者としてログインします。
  6. [設定]->[Bridge]をクリックします。 Tableau Cloud でのTableau Bridge 設定
  7. Bridge 設定では、[Enable Clients to Maintain Live Connections]で、[Enable Tableau Bridge clients to maintain live connections to on-premises data.]をチェックして有効化します。

リアルタイムデータソース接続を設定したTableau ダッシュボードをパブリッシュする

Tableau Bridge とTabelau Online 両方のデータ接続設定が完了したら、Tableau Cloud にワークブックをパブリッシュしましょう。 [サーバー]メニューから[ワークブックのパブリッシュ]をクリックし、ワークブックを指定します。

リアルタイムデータ接続を含むワークブックを公開 (Salesforce is shown.)

公開するワークブックを選択したら、公開設定でCData ODBC driver for IBM Cloud Object Storage がワークブックに個別のリアルタイムデータソースとして含まれるようにします。

  1. [データソース]で、オプションをクリックしてワークブックにデータソースを埋め込む編集を行います。
  2. パブリッシュタイプを[Publish Separately]に変更し、認証方法を選択します。
  3. [リアルタイムデータソースへの接続維持]を選択して、パブリッシュボタンを押して完了します。

パブリッシュされたワークブックは、[更新]ボタンを押すことでIBM Cloud Object Storage データを更新することができます。

IBM Cloud Object Storage からTableau Bridge へのデータ連携には、ぜひCData ODBC Driver をご利用ください

このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

CData ODBC Driver は日本のユーザー向けに、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。