製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細はこちら

  30日間無償トライアルへ

SAP Lumira でMongoDB のOData Feeds を取り込み

CData Connect Cloud を使用してSAP Lumira での変更を反映するMongoDB フィードのデータビジュアライゼーションを作成します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-06-10

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

CData Connect Cloud を使って、SAP Lumira でMongoDB に基づくビジュアライゼーションを作成できます。CData Connect Cloud により、リアルタイムデータへの接続が可能になります。ダッシュボードとレポートはオンデマンドで更新できます。この記事では、常に最新であるグラフを作成する方法を説明します。

CData Connect Cloud はMongoDB データへのクラウドベースのOData インターフェースを提供し、SAP Lumira からMongoDB データへのリアルタイム連携を実現します。

Connect Cloud アカウントの取得

以下のステップを実行するには、CData Connect Cloud のアカウントが必要になります。こちらから製品の詳しい情報とアカウント作成、30日間無償トライアルのご利用を開始できますので、ぜひご利用ください。


Connect Cloud を構成

SAP Lumira でMongoDB データを操作するには、Connect Cloud からMongoDB に接続し、コネクションにユーザーアクセスを提供してMongoDB データのOData エンドポイントを作成する必要があります。

MongoDB に接続したら、目的のテーブルのOData エンドポイントを作成します。

(オプション)新しいConnect Cloud ユーザーの追加

必要であれば、Connect Cloud 経由でMongoDB に接続するユーザーを作成します。

  1. 「Users」ページに移動し、 Invite Users をクリックします。
  2. 新しいユーザーのE メールアドレスを入力して、 Send をクリックしてユーザーを招待します。 新しいユーザーを招待
  3. 「Users」ページからユーザーを確認および編集できます。 Connect Cloud ユーザー

パーソナルアクセストークンの追加

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用するパーソナルアクセストークン(PAT)を作成できます。きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、「User Profile」をクリックします。
  2. 「User Profile」ページで「Access Token」セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。 Creating a new PAT
  4. パーソナルアクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

Connect Cloud からMongoDB に接続

CData Connect Cloud では、簡単なクリック操作ベースのインターフェースでデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 コネクションの追加
  2. 「Add Connection」パネルから「MongoDB」を選択します。 データソースの選択
  3. 必要な認証プロパティを入力し、MongoDB に接続します。

    MongoDB への接続には、Server、Database、User、Password プロパティを設定します。MongoDB コレクションにテーブルとしてアクセスするには、自動スキーマ検出を使用することができます。もちろんスキーマ定義の.rsd ファイルを編集して自分でスキーマ定義を書くことも可能です。スキーマに縛られないフリーフォーマットクエリを投げることもできます。

    接続の設定(Salesforce の表示)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. 「Add MongoDB Connection」ページの「Permissions」タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 権限を更新

Connect Cloud にMongoDB OData エンドポイントを追加する

MongoDB に接続したら、目的のテーブルのOData エンドポイントを作成します。

  1. OData ページに移動し、 Add をクリックして新しいOData エンドポイントを作成します。
  2. MongoDB 接続(例:MongoDB1)を選択し、Next をクリックします。
  3. 使用するテーブルを選択し、「Confirm」をクリックします。 テーブルを選択(Salesforce の例)

コネクションとOData エンドポイントを設定したら、SAP Lumira からMongoDB データに接続できます。

SAP Lumira からMongoDB への接続

以下のステップに従って、MongoDB をSAP Lumira に取得します。SQL クエリを実行するか、UI を使用できます。

  1. SAP Lumira で[File]->[New]->[Query with SQL]とクリックします。Add New Dataset ダイアログが表示されます。
  2. [Generic]セクションを展開し、[Generic OData 2.0 Connector]オプションをクリックします。
  3. [Service Root URI]ボックスに、CData Connect Cloud のOData エンドポイントを入力します。URL は次の例のようになります。 https://your-server:8032/api.rsc
  4. [User Name]と[Password]のボックスにAPI ユーザーのユーザー名とパーソナルアクセストークンを入力します。これらの資格情報は、HTTP 基本認証で使用されます。 The OData endpoint and HTTP Basic authentication configured for an API user.
  5. ツリーでエンティティを選択するか、SQL クエリを入力します。この記事では、MongoDB restaurants エンティティをインポートします。

    Available entities for import.(Salesforce is shown.)
  6. [Connect]をクリックすると、SAP Lumira は対応するOData 要求を生成し、結果をメモリにロードします。その後、フィルタ、集計、要約関数など、SAP Lumira で使用可能な任意のデータ処理ツールを使用できます。

    Tables of MongoDB データ to be imported into SAP Lumira.(Salesforce Accounts are shown.)

データのビジュアライゼーションを作成

データをインポートした後、[Visualize]ルームでデータのビジュアライゼーションを作成できます。以下のステップに従って、基本グラフを作成します。

  1. [Measures and Dimensions]ペインで、メジャーとディメンションを[Visualization Tools]ペインの[x-axis]フィールドと[y-axis]フィールドにドラッグします。SAP Lumira は、CData Connect Cloud のメタデータサービスからディメンションとメジャーを自動的に検出します。

    デフォルトでは、SUM 関数はすべてのメジャーに適用されます。メジャーの横にある歯車のアイコンをクリックしてデフォルトの要約を変更します。

  2. [Visualization Tools]ペインで、グラフの種類を選択します。
  3. [Chart Canvas]ペインで、フィルタを適用し、メジャーで並べ替え、ランキングを追加して現在のMongoDB でグラフを更新します。 A basic line chart.(Salesforce is shown.)

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。