製品をチェック

Quickbase ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Quickbase アイコン Quickbase ODBC Driver 相談したい

Quickbase ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからQuickbase にデータ連携。

Quickbase データにデータベースと同感覚でアクセスして、Quickbase のApplications に使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。

IBM SPSS Modeler にQuickbase のデータをシームレスに読み込む方法

IBM SPSS Modeler とCData ODBC Driver を使ってQuickbase のデータを取り込む方法をご紹介します。

杉本和也
リードエンジニア

最終更新日:2023-10-01
quickbase ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
SPSS Modeler ロゴ

こんにちは!リードエンジニアの杉本です。

本記事では、データサイエンティスト向けのツールとして有名なIBM SPSS Modeler でCData Driver を利用し、各種クラウドサービスのデータを取り込み、予測モデル作成につなげる方法を紹介したいと思います。

IBM SPSS Modeler とは?

IBMが提供するビジュアル・データサイエンスと機械学習(ML)のソリューションです。

https://www.ibm.com/jp-ja/products/spss-modeler SPSS公式ウェブサイト

SPSS Modeler はローコードで予測モデルの作成およびモデルの作成に必要なデータ加工などのプレパレーションを実施できます。今回の記事では、このSPSS Modeler にQuickbase のデータを取り込んでみたいと思います。データの取得ができれば、予測モデルの作成などに自在に活用できます。

連携シナリオ

さて、今回の記事ではSPSS からQuickbase に接続していきますが、このときに必要となるのがCData ODBC Drivers です。

SPSS にはODBC を経由して他サービスに接続する機能が標準提供されています。この機能とCData が提供しているODBC Drivers ラインナップを組み合わせることで、各種クラウドサービスのAPI やデータベースにシームレスにアクセスすることができるようになります。

SPSSのODBC接続画面

とは言っても、説明だけではイメージできない部分もあると思うので、実際に連携を試してみましょう。

CData Quickbase ODBC Driver のインストール

最初にCData Quickbase ODBC Driver を対象のマシンにインストールします。

以下のページから30日間のトライアルがダウンロードできます。

Quickbase ドライバーページ

インストーラーを入手後、対象のマシンでセットアップを進めていきます。

ODBCインストーラー画面

セットアップが完了すると接続設定画面が表示されるので、Quickbase への認証に必要な情報を入力します。

ユーザー認証方法

ユーザー資格情報で認証するには、次の接続プロパティを設定してください。

  1. UserPassword を設定します。
  2. アプリケーションがApplicationToken を必要とする場合には、指定しない場合にはエラーが発生します。 ApplicationToken は、SpecificApp > Settings > App management > App properties > Advanced settings > Security options > Manage Application Token に移動して取得できます。

ユーザートークン認証

ユーザートークンで認証するには、次の接続プロパティを設定してください。

  1. UserToken を設定すれば接続できます。UserToken は、Quick Base > My Preferences > My User Information > Manage User Tokens から確認できます。

あとは「接続のテスト」ボタンをクリックし、接続が成功したら、「接続ウィザード」の「OK」ボタンをクリックして保存します。

接続完了後、メタデータタブから利用できるテーブル・ビューの情報を確認できます。

ここで予めQuickbase のどのオブジェクト、項目を利用するか確認しておくと良いでしょう。

Quickbaseデータのメタデータ確認画面

SPSS Modeler を立ち上げて新規ストリームを作成

それではSPSS Modeler を使ってQuickbase のデータを取り込んでみましょう。

Windows のスタートメニューから「IBM SPSS Modeler Subscription」を立ち上げて、新しいストリームを作成します。

新規ストリーム画面

データベース入力を追加

まず「入力」タブにある「データベース」をストリーム上に配置します。

データベースをストリームに配置

配置したアイコンをダブルクリックするとデータベースの接続設定画面が出てくるので、「データソース」から「新規データベース接続の追加」をクリックします。

新規データベース接続の追加

すると以下のようにODBC DSNの一覧が表示されるので、先程構成したQuickbase のDSNを選択して、「接続」をクリックしましょう。

ユーザー名・パスワードなどの認証情報は事前に入力してあるので、空白のままで構いません。これでQuickbase への接続を確立できます。

DSNの選択と接続画面

接続を追加したら、どんなデータを取り込むのか、テーブルまたはSQLクエリーで設定します。

とりあえず手軽に取り込めるテーブル名での指定を行ってみます。「データの選択」をクリックします。

Quickbaseデータの取得

表示されたテーブル・ビューの一覧から取り込みたい対象のテーブルを選択しましょう。

フィルタリング・データ型の設定・データの取得

あとはフィルター条件として、どの項目を取り込むかどうかという設定や、

フィルタリング画面

モデル作成の際に利用するデータ型やロールを設定すれば、データ取得の準備はOKです。

データ型やロールを指定する画面

データのプレビューを確認すると、以下のようにQuickbase のデータを確認できました。

データのプレビュー

せっかくなので、「データ検査」を実行してデータの傾向も確認してみましょう。

データ検査ボタンを選択

以下のように各項目のデータの最小・最大・平均、有効な値かどうかなどが確認できます。

データの集計値を確認

このように、とてもシンプルな手順でQuickbase のデータをSPSS Modeler に取り込むことができました。

これで、予測モデル作成などより複雑なタスクにQuickbase データを簡単に活用できます。

おわりに

このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、RDB、NoSQL データをSPSS Modeler からコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

CData ODBC Driver は日本のユーザー向けに、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。