ライブSAP Netweaver Gateway データをPower Apps で作成したカスタムビジネスアプリに統合

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

API Server



CData Connect Cloud を使用してSAP Netweaver Gateway データの仮想SQL Server データベースを作成し、ライブSAP Netweaver Gateway データをMicrosoft Power Apps で作成したアプリに統合します。

Power Apps は、カスタムソフトウェア開発の時間をかけずに、データに接続してWeb とモバイル全体で機能するカスタムビジネスアプリを構築および使用するためのサービスです。CData Connect Cloud と組み合わせると、Power Apps を使用して構築したアプリからSAP Netweaver Gateway データにクラウド間でアクセスできます。この記事では、Power Apps からConnect Cloud に接続し、ライブSAP Netweaver Gateway データを使用してアプリを構築する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、純粋なSQL のクラウド間インターフェースをSAP Netweaver Gateway に提供し、データを複製せずにPower Apps からライブSAP Netweaver Gateway データに簡単に連携できるようにします。、Power Apps は、CData Connect Cloud をSQL Server データベースとして認識し、最適化されたデータ処理を使用してサポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をSAP Netweaver Gateway に直接プッシュし、サーバーサイドの処理を利用して、SAP Netweaver Gateway データを素早く返します。

SAP Netweaver Gateway データの仮想SQL データベースを作成

CData Connect Cloud は、簡単なポイントアンドクリックインターフェースを使用してAPI を生成します。

  1. Connect Cloud にログインし、「Databases」をクリックします。
  2. 「Available Data Sources」から「SAP Netweaver Gateway」を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、SAP Netweaver Gateway に接続します。

    SAP Gateway はBasic 認証とOAuth 2.0 認証の両方を許可します。Basic 認証を使用して自分のアカウントに接続するか、OAuth を使用して他のユーザーが彼らのアカウントでサービスからデータを取得できるようにすることができます。基本となる認証情報に加え、SAP Gateway テーブルへのアクセスには以下の追加プロパティが必要です。

    • Url: 環境のURL、またはサービスの完全URL に設定。例えば、完全URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com/sap/opu/odata/IWBEP/GWSAMPLE_BASIC/。この例では、環境URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com。
    • Namespace: 適切なService Namespace を設定。先ほどの例では、IWBEP が名前空間です。サービスへの完全URL が指定されている場合は任意です。
    • Service: データを取得するサービスに設定。先ほどの例では、サービスはGWSAMPLE_BASIC です。完全URL が指定されている場合は必須ではありません。

    Basic 認証での認証

    Basic 認証では、自分のログインクレデンシャルを使用して接続します。次のプロパティを設定します。

    • User: これはSAP Gateway へのログインに使用するユーザー名です。
    • Password: これはSAP Gateway へのログインに使用するパスワードです。

    OAuth 認証での認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。 接続すると、本製品はデフォルトブラウザでSAP Gateway OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、本製品にアクセス許可を与えます。本製品が以下のOAuth プロセスを完了します。 他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

  4. Test Database」をクリックします。
  5. 「Privileges」->「 Add」とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー)を追加します。

CData Connect Cloud に接続する

Connect Cloud を使用してSAP Netweaver Gateway データをPower Apps に統合するには、新しいSQL Server 接続が必要です。

  1. Power Apps にログインします。
  2. 「Data」->「Connections」->「New connection」とクリックします。
  3. SQL Server を選択します。
  4. 接続ウィザードにて:

    • 直接接続を選択します。
    • SQL server name をConnect Cloud インスタンスのアドレスに設定します。(myinstance.cdatacloud.net
    • SQL database name を以前作成したSAP Netweaver Gateway の仮想データベース名(sapgatewaydb など)に設定します。
    • UsernamePassword を設定し、「Create」をクリックします。

SAP Netweaver Gateway データを活用するアプリの構築

Connect Cloud への接続が構成されたら、ライブSAP Netweaver Gateway データをPower Apps で作成したアプリに統合する事ができるようになります。

  1. Power Apps にログインします。
  2. 「Create」をクリックし、「Start from data」にカーソルを合わせて「Make this app」をクリックします。
  3. 作成したSQL Server 接続を選択します。
  4. 使用するテーブルを検索または選択します。
  5. 「Connect」をクリックします。
  6. 新しく作成したアプリのレイアウトや、BrowseScreen、DetailScreen、EditScreen で表示されるフィールドの設定などを、ほかのアプリと同じようにカスタマイズします。

これで、組織内で使用するために保存・公開することができるライブSAP Netweaver Gateway データへの読み取りおよび書き込みアクセスが可能なアプリが完成しました。

クラウドアプリケーションからSAP Netweaver Gateway データへのSQL アクセス

Microsoft Power Apps からライブSAP Netweaver Gateway データへの直接接続ができるようになりました。これで、SAP Netweaver Gateway データを複製せずにより多くの接続とアプリを作成してビジネスを推進できます。

クラウドアプリケーションから直接240+ SaaS 、Big Data 、NoSQL ソースへのSQL データアクセスを取得するには、CData Connect Cloud を参照してください。