製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはこちら

CData Connect

Amazon QuickSight でSAP Netweaver Gateway データに連携するインタラクティブなダッシュボードを作成

CData Connect Server を使ってSAP Netweaver Gateway データの仮想エンドポイントを作成して、Amazon QuickSight からSAP Netweaver Gateway データを使ったインタラクティブダッシュボードを作成。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-04-16

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Amazon QuickSight は、ユーザーがインタラクティブなダッシュボードを作成できるサービスです。Amazon QuickSight とCData Connect Server を一緒に使うことで、簡単にSAP Netweaver Gateway データに連携する可視化、ダッシュボードを作成することができます。この記事では、Connect Server を経由してAmazon QuickSight からSAP Netweaver Gateway に連携するダッシュボードを作成する方法を説明します。

CData Connect Server は、SAP Netweaver Gateway データの仮想インターフェースを提供し、Amazon QuickSight からリアルタイムSAP Netweaver Gateway データに直接連携することができます。Amazon QuickSight に簡単にSAP Netweaver Gateway データをインポートすることで、レスポンシブなダッシュボードをAWS エコシステム上で作成することができます。

SAP Netweaver Gateway の仮想MySQL データベースを作成

CData Connect Server は、直観的なPoint-and-click インターフェースでデータソースへの接続およびAPI エンドポイント作成を行います。

  1. Connect Server にログインして、Databases をクリックします。 データベースを追加
  2. 利用できるデータソースアイコンから"SAP Netweaver Gateway" を選択します。
  3. SAP Netweaver Gateway に接続するために必要なプロパティを入力します。

    SAP Gateway はBasic 認証とOAuth 2.0 認証の両方を許可します。Basic 認証を使用して自分のアカウントに接続するか、OAuth を使用して他のユーザーが彼らのアカウントでサービスからデータを取得できるようにすることができます。基本となる認証情報に加え、SAP Gateway テーブルへのアクセスには以下の追加プロパティが必要です。

    • Url: 環境のURL、またはサービスの完全URL に設定。例えば、完全URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com/sap/opu/odata/IWBEP/GWSAMPLE_BASIC/。この例では、環境URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com。
    • Namespace: 適切なService Namespace を設定。先ほどの例では、IWBEP が名前空間です。サービスへの完全URL が指定されている場合は任意です。
    • Service: データを取得するサービスに設定。先ほどの例では、サービスはGWSAMPLE_BASIC です。完全URL が指定されている場合は必須ではありません。

    Basic 認証での認証

    Basic 認証では、自分のログインクレデンシャルを使用して接続します。次のプロパティを設定します。

    • User: これはSAP Gateway へのログインに使用するユーザー名です。
    • Password: これはSAP Gateway へのログインに使用するパスワードです。

    OAuth 認証での認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。 接続すると、CData 製品はデフォルトブラウザでSAP Gateway OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、CData 製品にアクセス許可を与えます。CData 製品が以下のOAuth プロセスを完了します。 他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

    Configuring a connection (Salesforce is shown).
  4. Test Database をクリックします。
  5. Permission -> Add をクリックして、新しいユーザーを追加し、適切な権限を指定します。

これで、SAP Netweaver Gateway の仮想データベースが作成でき、Amazon QuickSight からの可視化が可能になりました。

QuickSight にSAP Netweaver Gateway データをインポートして、インタラクティブダッシュボードを作成

次の手順で、SAP Netweaver Gateway の仮想データベースをCData Connedct Server に作成し、データをインポートして可視化を作成します。

  1. Amazon QuickSight にログインして「データセット」をクリックします。
  2. 次に「新しいデータセット」をクリックし、SQL Server をデータソースとして選択します。以下のように、CData Connect Server インスタンスの接続情報を入力していきます。 QuickSight からデータセットを新規作成
    • データソース名:任意
    • 接続タイプ:パブリックネットワーク
    • データベースサーバー: 接続するCData Connect Server インスタンスのURL。例:CONNECT_SERVER_URL
    • ポート:インスタンス接続用のポート。1433 など。
    • データベース名:仮想データベース名、例: SAPGateway1
    • ユーザー名:Connect Server で接続許可を与えたユーザー名
    • パスワード:Connect Server ユーザーのパスワード
    • SSL:インスタンス側でSSL を設定している場合にはオンに、設定していない場合はオフにしてください。
    Connect Server のSAP Netweaver Gateway にQuickSight から接続 「接続を検証」をクリックして接続をテストし、問題がなければ「データソースを作成」をクリックして接続を確立します。
  3. テーブルの選択画面で、「カスタムSQL を使用」を選択します。 カスタムSQL の入力画面へ移動
  4. 次の画面で、「データの編集/プレビュー」を選択します。 データの編集画面へ移動
  5. カスタムSQL を入力、およびデータをプレビューできる画面が表示されるので、「スキーマエクスプローラー」から可視化したいスキーマおよびテーブルを選択して、以下の形式でカスタムクエリを作成します。

    SELECT <カラム名> FROM [<スキーマ名>].[<テーブル名>]。例えば、SELECT * FROM [SAPGateway1].[SalesOrderLineItems] などです。

    カスタムSQL を入力してデータを取得
  6. プレビューでデータを確認できたら、「保存して視覚化」ボタンを押して、データをロードします。
  7. あとは、フィールドとタイプを選択して自在に可視化を作成できます。

SaaS アプリケーションからSAP Netweaver Gateway データにSQL アクセスを実現

このようにAmazon QuickSight からSAP Netweaver Gateway データに連携ができました。これで簡単に可視化やダッシュボード作成が可能です。他にも多くのSaaS に対応するCData Connect Server の詳細をこちらから ご覧ください。

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。