製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはコチラ

CData Connect

Tableau Cloud でSAP Netweaver Gateway ビジュアライゼーションを構築

CData Connect Server を使用してSAP Netweaver Gateway の仮想SQL Server データベースを作成し、Tableau Cloud でビジュアライゼーションを構築します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-10-31

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Tableau Cloud は、クラウドで完全にホストされている分析プラットフォームです。CData Connect Server と組み合わせることで、ビジュアライズやダッシュボ-ドなどのためにSAP Netweaver Gateway データに瞬時にアクセスできるようになります。この記事では、Tableau Cloud でSAP Netweaver Gateway の仮想データベースを作成し、SAP Netweaver Gateway データからビジュアライゼーションを構築する方法を説明します。

CData Connect Server は、ピュアSQL Server インターフェースをSAP Netweaver Gateway に提供することで、コネクタをインストールしたりTableau Desktop からワークシートやデータソースを公開したりすることなく、Tableau Cloud のリアルタイムSAP Netweaver Gateway データからビジュアライゼーションを簡単に構築できるようにします。ビジュアライゼーションを構築すると、Tableau Cloud はデータを収集するためのSQL クエリを生成します。CData Connect Server は最適化されたデータ処理を使用し、サポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOINs など)をSAP Netweaver Gateway に直接プッシュし、サーバー側の処理を利用してSAP Netweaver Gateway データをすばやく返します。

ホスティングについて

Tableau Cloud からCData Connect Server に接続するには、利用するConnect Server インスタンスをネットワーク経由での接続が可能なサーバーにホスティングして、URL での接続を設定する必要があります。CData Connect がローカルでホスティングされており、localhost アドレス(localhost:8080 など)またはローカルネットワークのIP アドレス(192.168.1.x など)からしか接続できない場合、Tableau Cloud はCData Connect Server に接続することができません。

クラウドホスティングでの利用をご希望の方は、AWS MarketplaceGCP Marketplace で設定済みのインスタンスを提供しています。


SAP Netweaver Gateway データの仮想SQL Server データベースを作成する

CData Connect Server は、シンプルなポイントアンドクリックインターフェースを使用してデータソースに接続し、API を生成します。

  1. Connect Server にログインし、「Databases」をクリックします。 データベースを追加
  2. 「Available Data Sources」から「SAP Netweaver Gateway」を選択します。
  3. SAP Netweaver Gateway に接続するために必要な認証プロパティを入力します。

    SAP Gateway はBasic 認証とOAuth 2.0 認証の両方を許可します。Basic 認証を使用して自分のアカウントに接続するか、OAuth を使用して他のユーザーが彼らのアカウントでサービスからデータを取得できるようにすることができます。基本となる認証情報に加え、SAP Gateway テーブルへのアクセスには以下の追加プロパティが必要です。

    • Url: 環境のURL、またはサービスの完全URL に設定。例えば、完全URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com/sap/opu/odata/IWBEP/GWSAMPLE_BASIC/。この例では、環境URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com。
    • Namespace: 適切なService Namespace を設定。先ほどの例では、IWBEP が名前空間です。サービスへの完全URL が指定されている場合は任意です。
    • Service: データを取得するサービスに設定。先ほどの例では、サービスはGWSAMPLE_BASIC です。完全URL が指定されている場合は必須ではありません。

    Basic 認証での認証

    Basic 認証では、自分のログインクレデンシャルを使用して接続します。次のプロパティを設定します。

    • User: これはSAP Gateway へのログインに使用するユーザー名です。
    • Password: これはSAP Gateway へのログインに使用するパスワードです。

    OAuth 認証での認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。 接続すると、CData 製品はデフォルトブラウザでSAP Gateway OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、CData 製品にアクセス許可を与えます。CData 製品が以下のOAuth プロセスを完了します。 他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

    Configuring a connection (Salesforce is shown).
  4. Test Database」をクリックします。
  5. 「Permission」->「 Add」とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー) を追加します。

仮想データベースが作成されたら、Tableau Cloud でビジュアライゼーションを構築できます。

Tableau Cloud でリアルタイムSAP Netweaver Gateway データをビジュアライズ

以下のステップでは、Connect Server の仮想SAP Netweaver Gateway データベースに基づいてTableau Cloud で新しいデータソースを作成し、データから簡単なビジュアライゼーションを構築する方法の概要を説明します。

  1. Tableau Cloud にログインし、プロジェクトを選択して新しいワークブックを作成します。
  2. 新しいワークブックで、データウィザードから「Microsoft SQL Server Connector」を選択し、Connect Server インスタンスの値を入力します。

  3. NOTE:「Require SSL」チェックボックスを有効化してください。 Connect to Connect Server from Tableau Cloud
  4. 新しく作成したデータベースと、ビジュアライズするテーブルを選択します。(必要に応じて結合されたテーブルの関係を定義します。)
  5. Choosing a Database and Tables
  6. 「Dimensions and Measures」を選択して、ビジュアライゼーションを構成します。
  7. Visualizing SAP Netweaver Gateway データ in Tableau Cloud

アプリケーションからSAP Netweaver Gateway データへのSQL アクセス

この時点で、Tableau Cloud ワークブックからリアルタイムSAP Netweaver Gateway への直接接続が有効になります。Tableau Desktop から、データソースやワークブックを発行することなく、新しいビジュアライゼーションの作成やダッシュボードの構築などを行うことができます。Tableau Cloud などのクラウドアプリケーションから、100 を超えるSaaS、Big Data、NoSQL ソースのデータにSQL でアクセスする方法については、Connect Server ページを参照してください。

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。