製品をチェック

SAP Netweaver Gateway ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

SAP Netweaver Gateway アイコン SAP Netweaver Gateway ODBC Driver 相談したい

SAP Netweaver Gateway ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからSAP Netweaver Gateway にデータ連携。

SAP Netweaver Gateway データにデータベースと同感覚でアクセスして、SAP Netweaver Gateway のEntities データに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。

CSA Data Uploader にてSAP Netweaver Gateway データを、クラウドストレージにアップロード

SAP Netweaver Gateway へのライブ接続を行うデータアップロードジョブを構築

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-03-15
sapgateway ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
CS Analtyics Data Uploader ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

CData ODBC ドライバは、ODBC 標準インターフェースを利用したSAP Netweaver Gateway へのリアルタイムデータアクセスを可能にし、使い慣れたSQL クエリで多種多様なBI、レポート、ETL ツールでSAP Netweaver Gateway を扱うことができます 。

この記事では、Amazon S3 やGoogle Cloud Storage などのクラウドストレージへのデータプレパレーション、ファイルアップロードを得意とするCSA Data Uploader でODBC 接続を使用してSAP Netweaver Gateway データの利用方法を示します。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持ったリアルタイムデータ連携ソリューションです。

  1. SAP Netweaver Gateway をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレミスデータソースに対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにSAP Netweaver Gateway データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準 SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてSAP Netweaver Gateway の接続を設定、2.CSA Data Uploader 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC Drivers のインストールとSAP Netweaver Gateway への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからSAPGateway ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

  1. まずODBN DSN に必要な接続プロパティの値を入力します。組み込みのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を構成できます。これは、ドライバーのインストール時の最後のステップでも可能です。Microsoft ODBC データソースアドミニストレータを使用してDSN を作成および設定する方法については、ヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

    SAP Gateway はBasic 認証とOAuth 2.0 認証の両方を許可します。Basic 認証を使用して自分のアカウントに接続するか、OAuth を使用して他のユーザーが彼らのアカウントでサービスからデータを取得できるようにすることができます。基本となる認証情報に加え、SAP Gateway テーブルへのアクセスには以下の追加プロパティが必要です。

    • Url: 環境のURL、またはサービスの完全URL に設定。例えば、完全URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com/sap/opu/odata/IWBEP/GWSAMPLE_BASIC/。この例では、環境URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com。
    • Namespace: 適切なService Namespace を設定。先ほどの例では、IWBEP が名前空間です。サービスへの完全URL が指定されている場合は任意です。
    • Service: データを取得するサービスに設定。先ほどの例では、サービスはGWSAMPLE_BASIC です。完全URL が指定されている場合は必須ではありません。

    Basic 認証での認証

    Basic 認証では、自分のログインクレデンシャルを使用して接続します。次のプロパティを設定します。

    • User: これはSAP Gateway へのログインに使用するユーザー名です。
    • Password: これはSAP Gateway へのログインに使用するパスワードです。

    OAuth 認証での認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。 接続すると、CData 製品はデフォルトブラウザでSAP Gateway OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、CData 製品にアクセス許可を与えます。CData 製品が以下のOAuth プロセスを完了します。 他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

  2. DSN 設定 (Salesforce の場合)
  3. CSA Data Uploader を開いて「設定 -> ODBC」に移動します。
  4. ODBC 設定
  5. 「追加」をクリックします。
  6. ODBC の追加
  7. 種別を「汎用ODBC」、「データソース名」で先ほど作成したODBC DSN を選択します。
  8. ODBC 接続の構成

入力後、接続テストが成功すれば設定は完了です。併せて任意のデータアップロード先の接続(Amazon S3・Google Cloud Storage など)も作成しておきましょう。

SAP Netweaver Gateway ジョブの構成

続いてCSA DataUploader の対象データ参照し、クラウドストレージへデータをアップロードするジョブを構成します。

  1. 「ジョブ」のページに移動して「ジョブを作成」をクリックします。
  2. ジョブを作成
  3. 任意の名称でジョブを作成します。ジョブ種別は「データアップロード」を選んでください。
  4. ジョブ名の設定
  5. ジョブは最初に入力対象となるデータを設定します。
  6. ジョブの入力設定の追加
  7. 入力種別では、ODBC 接続を選択し、データソース名で先ほど設定したODBC DSN を選択します。併せて、SAP Netweaver Gateway からデータを取得するためのSQL ベースのクエリを記述します。
  8. 入力設定の構成
  9. なお、SQL でクエリ可能なテーブルはODBC DSN の「テーブル」タブで確認できます。
  10. ODBC DSN のテーブルタブ
  11. 入力設定を保存したら、「データ表示」ボタンをクリックすることで実際にSAP Netweaver Gateway から取得したデータを確認できます。
  12. データの表示
  13. 以下のようにプレビューが表示されれば設定はOK です。
  14. プレビューの確認
  15. 併せて出力設定先となるクラウドストレージの情報を追加してください。
  16. 出力先設定の追加
  17. 事前に構成したコネクション情報で出力先を設定します。
  18. 出力先設定の追加
  19. これでジョブの作成は完了です。実行することで SAP Netweaver Gateway データをクラウドストレージにアップロードすることができます。
  20. ジョブの確認

おわりに

このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

CData ODBC Driver は日本のユーザー向けに、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。