製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはコチラ

CData Connect

ローコードツールのappsmith を使って、Yahoo! Shopping データと連携したアプリを作る

CData Connect Server を使ってappsmith からYahoo! Shopping に接続し、Yahoo! Shopping データを使ったアプリを作成します。

菅原和義
プロダクトスペシャリスト

最終更新日:2023-03-09

こんにちは!プロダクトスペシャリストの菅原です。

appsmith は、社内ツールの作成に特化したオープンソースのローコードツールです。ドラッグアンドドロップや簡単なコーディングを組み合わせてアプリを作成できます。さらにCData Connect Server と組み合わせることで、Yahoo! Shopping を含む150種類以上のデータソースをアプリに統合できます。

ホスティングについて

AppSmith からCData Connect Server に接続するには、利用するConnect Server インスタンスをネットワーク経由での接続が可能なサーバーにホスティングして、URL での接続を設定する必要があります。CData Connect がローカルでホスティングされており、localhost アドレス(localhost:8080 など)またはローカルネットワークのIP アドレス(192.168.1.x など)からしか接続できない場合、AppSmith はCData Connect Server に接続することができません。

クラウドホスティングでの利用をご希望の方は、AWS MarketplaceGCP Marketplace で設定済みのインスタンスを提供しています。


Yahoo! Shopping データの仮想データベースを作成する

CData Connect Server は、シンプルなポイントアンドクリックインターフェースを使用してデータソースに接続し、データを取得します。まずは、右側のサイドバーのリンクからConnect Server をインストールしてください。

  1. Connect Server にログインし、「CONNECTIONS」をクリックします。
  2. 一覧から「Yahoo! Shopping」を選択します。
  3. Yahoo! Shopping に接続するために必要な認証プロパティを入力します。

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。 接続すると、CData 製品はデフォルトブラウザでOAuth エンドポイントを開きます。ログインして、CData 製品にアクセス許可を与えます。CData 製品がOAuth プロセスを完了します。

  4. Test Connection」をクリックします。
  5. 「Permission」->「 Add」とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー) を追加します。

仮想データベースが作成されたら、appsmith を含むお好みのクライアントからYahoo! Shopping に接続できるようになります。

接続の設定が完了したら、appsmith からYahoo! Shopping データに接続できるようになります。

appsmith でのデータソース設定

それではappsmith の画面で、CData Connect Server の接続設定をしていきましょう。

  1. 画面の左側にある「Datasources」の「+」をクリックします。
  2. appsmith のデータソースを作成
  3. appsmith から接続できるデータソースが表示されるので、「Microsoft SQL Server」を選択します。
  4. SQL Server データソースを選択
  5. CData Connect Server のTDS エンドポイント、接続ユーザー、パスワードを設定して、「TEST」をクリックして接続確認を行います。正常に接続できたら「SAVE」をクリックして保存します。
    • Host Address:CONNECT_SERVER_URL
    • Port:1433
    • Database Name:Connect Servere で設定したデータソース名(Salesforce1 など)
    • Username:Connect Server のユーザー名
    • Password:Connect Server のパスワード
    Connect Server データソースとの接続設定

appsmith でのクエリ実行

以上でデータソースへの接続設定が完了しました。次に、SQL クエリを追加して実際にデータソースからデータを取得してみましょう。

  1. 作成したデータソースの画面で、「NEW QUERY」をクリックします。
  2. NEW QUERY をクリック
  3. 今回はデータを取得したいので、「SELECT」を選択します。
  4. SELECT を選択
  5. SQL を指定する際には、CData Connect Server の機能である「Data Explorer」を使用することで、事前に取得したいデータを確認できます。必要に応じて利用してみてください。
  6. Connect Server のQuery Explorer でデータを確認
  7. 発行するクエリを作成したら、appsmith 画面に戻り、クエリを入力して「RUN」をクリックします。
  8. 無事にデータが取得できたら、あとはデータを使用したい「Page」に取得した「Table」を表示させるよう設定します。
  9. appsmith のテーブルに取得し多データを表示
  10. これで、appsmith からCData Connect Server と連携して、Yahoo! Shopping のデータを取得することができました!いつも利用している業務データを使って、簡単にアプリが作れちゃいますね。

おわりに

この記事ではローコードツールのappsmith からCData Connect Server に接続して、Yahoo! Shopping のデータを取得しました。CData Connect Server では、Yahoo! Shopping 以外の150種類以上のデータソースに同様の方法で連携可能です。30日間無償トライアル を利用して、appsmith からSaaS、ビッグデータ、NoSQL データソースへのSQL アクセスをお試しください!

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。