by CData Software Japan | September 13, 2021

Excel でServiceNow のデータを一括操作できるCData Excel Add-in for ServiceNow

ServiceNow のデータをExcel にロードしたい、ピボットテーブルやグラフで使いたい場合や、ServiceNow のデータを一括変更・一括挿入したい場合に便利なExcel Add-in for ServiceNow の基本的な使い方を説明します。 製品のWeb ページ:

www.cdata.com

CData Excel Add-in for ServiceNow をインストール

まずは、Excel Add-in for ServiceNow をマシンにインストールします。対応はWindows 版のExcel のみでMacExcel には対応していません。

Web ページから製品をダウンロードします。30日の無償トライアル版があるので是非お試しください。

f:id:cdatasoftware:20210913110633p:plain
Excel でServiceNow データを一括操作するCData Excel Add-in

.exe ファイルをダウンロードしたらクリックしてインストーラーを起動します。基本的にデフォルト設定でインストールして大丈夫です。PC でExcel を開いていると、Excel Add-in のインストールでエラーが出るので、Excel アプリケーションは閉じておいてください。

f:id:cdatasoftware:20210913110957p:plain

Excel Add-in でServiceNow アカウントに接続

インストールが終わったらServiceNow に接続していきます。

Excel を開くと上部に「CData」のタブが出ているハズです。タブをクリックするとCData Excel Add-in の操作リボンが出てきます。「データの取得」アイコンをクリックします。Excel Add-in としてインストールしている製品がリストされます。ここから「取得元:ServiceNow」を選択します。

f:id:cdatasoftware:20210913111014p:plain

新規の接続を作成していきます。開いた接続エディタで、最低でも以下の3項目をServiceNow への設定には入力する必要があります。

  • Password: ServiceNow アカウントのパスワード

  • URL: ServiceNow のインスタンスのURL

  • User: ServiceNow アカウントのユーザー名

入力したら「接続テスト」をクリックします。

f:id:cdatasoftware:20210913111114p:plain
Excel Add-in でServiceNow アカウントに接続

接続が成功したら「OK」を押して接続を確立させます。

接続プロパティの詳細はドキュメントを参照してください。

cdn.cdata.com

f:id:cdatasoftware:20210913111204p:plain

Excel からServiceNow のテーブルを取得

実際にExcel でServiceNow のデータを取得します。

テーブル選択画面で、ロードされたテーブルからExcel Add-in で使うテーブルを選択します。この時にExcel Add-in がServiceNow に通信してテーブル一覧を取得して表示しています。

f:id:cdatasoftware:20210913111242p:plain テーブルを選択したクエリ画面になります。クエリ画面は上にテーブル/ビューの名前、中断にカラム欄があり、テーブル内で使用できるカラムが表示され、その下に実際に実行されるSQL クエリ欄があります。

カラム欄では、デフォルトではテーブル内の全カラムが表示されます。Excel で使うカラムをチェックした選択・解除します。

そうすると下のSQL クエリ欄が自動的に変化します。もちろんSQL クエリ欄にカスタムでクエリを書いてもOK です。

さらに下に出力テーブルや、Limit (最大行数)があります。Limit のデフォルトは100行です。

Excel に取得するデータが決まったらOK を押しましょう。

f:id:cdatasoftware:20210913111314p:plain

Excel のテーブルにServiceNow のデータがロードされました。

f:id:cdatasoftware:20210913111344p:plain

フィルタリング

Excel Add-in ではフィルタリングなどを行うことができます。

「クエリの編集」アイコンをクリックして、クエリ画面をもう一度開きます。今度はカラム欄でフィルタ条件と値を入れてみます。文字系のカラムでしたら値にはテキスト入力、日付などだとカレンダーのUI が出てきます。ここで各カラムにフィルタリング設定が可能です。

f:id:cdatasoftware:20210913111506p:plain

実行すると、このように条件でフィルタリングされたカラムだけがExcel にロードされます。

f:id:cdatasoftware:20210913111545p:plain

他にもSELECT 系でソート、GROUP BY、ORDER BY、JOIN など多様なSQL をサポートしています。サポートされるSQL とサンプルはドキュメントのこちらでご確認ください。

cdn.cdata.com

Excel からServiceNow データを一括更新

Excel Add-in はExcel へのデータの取り込みだけでなく、Excel に取得したServiceNow データをExcel から書き換えてServiceNow に反映させることができます。

取り込んだデータのExcel を変更してみましょう。直接Excel のデータを変更すると変更部分が赤色でハイライトされます。Excel チックにコピペしたり、置換したり、連続データを引っ張ったりできます。やっぱり、Excel UI は慣れてていいですね。

f:id:cdatasoftware:20210913111622p:plain

変更部分が赤くハイライトされた状態で、CData タブから「行の更新」アイコンをクリックします。全テーブルの更新を反映させたたり、行単位で更新を行うことが可能です。これだけでServiceNow のデータの更新ができます。

f:id:cdatasoftware:20210913111658p:plain

Excel からServiceNow にデータを一括登録

同じようにExcel のテーブルのデータが入っている行の次の行にデータを打ち込みます。1行でも複数行でもOK です。

追加した行をExcel で行指定して、CData タブの「行の挿入」アイコンをクリックするだけでServiceNow にレコードを追加できます。

f:id:cdatasoftware:20210913111811p:plain

Excel からServiceNow データを一括削除

ServiceNow のレコードの削除は、削除したい行をExcel 上で行選択して、CData タブの「行の削除」を押すとServiceNow のレコードが削除されます。

f:id:cdatasoftware:20210913114503p:plain

まとめ

このようにノーコードで簡単にExcel からServiceNow のデータを操作することができます。