API Server をAzure でホストする方法

CData API Server は、あなたのデータソースに対して、ウェブアプリ、モバイルデバイス、BI ツールなどからのセキュアなデータ接続を提供するツールです。 API Server はライトウェイトなウェブアプリケーションで、RDB、フラットファイル、SaaS などのあらゆるデータソースに対応し、OData エンドポイントを自動生成します。 API Server はIIS やAzure のようなWindows .NET サーバーであればどこででもホストできます。この記事では、Azure にAPI Server をほんの3ステップでデプロイする方法を説明します。

  1. Azure 管理コンソールで[追加]→[Web + Mobile]→[Web App]を選択して、API Server のURL を入力します。
  2. www フォルダのファイル群をwwwroot ディレクトリにコピーします。

    Azure では、ファイルのアップロードにはいくつかの方法がありますが、FTP での接続を使います:

    • Username: Deployment / FTP User value
    • Password: デプロイクレデンシャルで設定したパスワード。まだパスワードを設定していない場合には、[App Development]設定の[Deploy Credentials]でパスワードを設定します
    • Host: FTPS Host Name value
  3. データソースの接続を行います。API Server のヘルプドキュメントの「はじめに」の項でデータソースへの接続とリソース設定が説明されています。

Azure SQL Database に設定を保存します。

スキーマ、各種設定、ログをAzure SQL Database に保存することができます。AppDb エントリーを行ってweb.config にコンフィグレーションノードを追加します:

<configuration>
 <connectionStrings>
<add name="AppDb" connectionString="Server=tcp:abcdef123.database.windows.net,1433;Database=mydb;User ID=MyUser@abcdef123;Password=MyPassword;Trusted_Connection=False;Encrypt=True;Connection Timeout=30;" providerName="System.Data.SQLClient" />
</connectionStrings>

データベースのダッシュボードで[Show Connection Strings]をクリックすることで接続文字列を取得できます。ADO.NET 接続文字列を使います。

トラブルシューティング

デプロイ中にエラーが出た場合には、エラーの詳細がASP.NET セキュリティポリシーによって、見られない場合があります。 まずは、Web.config に次のプロパティを追加して、再度デプロイします:

<system.web>
  <customErrors mode="Off" />
  ...
</system.web>

これで、エラーメッセージ全体にアクセスすることができるようになります。

  • Server Error in '/' Application: このエラーを解決するには、Web.config に次のプロパティを追加して再度デプロイします:

    <compilation tempDirectory=''/>
 
 
ダウンロード