DBArtisan でAct CRM データに連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Act CRM ODBC Driver

Act CRM ODBC Driver は、ODBC 接続をサポートするさまざまなアプリケーションからAct CRM への接続を実現するパワフルなツールです。

標準のODBC ドライバーインターフェースを使用して、データベースのようにAct CRM データにアクセスし、Companies、Contact、Groups、Opportunities などの読み、書き、更新を実行できます。



DBArtisan のウィザードを使って、Act CRM をデータソースとして連携利用。

CData ODBC Driver for Act CRM は、DBArtisan などのデータベースツールとAct CRM data を連携し、RDB のような感覚でAct CRM データを扱えます。 本記事では、DBArtisan 上でAct CRM データソースを作成する方法とクエリの実行方法を説明します。

DBArtisan Project にAct CRM Data を連携する

ODBC Driver をインストールして、ODBC DSN 設定を行います。インストール後にDSN 設定画面が開くので、Act CRM への接続に必要なプロパティを設定します。

Authentication セクションのUserPassword プロパティに、有効なAct! ユーザー資格情報を設定する必要があります。認証値に加えて、以下も参照してください。

  • Act! Premium への接続

    認証値に加えて、Act! へのURL も設定が必要です。例:https://eup1-iis-04.eu.hosted.act.com/。

    さらに、接続するActDatabase を指定する必要があります。これは、ご自分のアカウントの[About Act! Premium]メニューのページ右上にある[?]で確認することができます。表示されたウィンドウの[Database Name]を使用します。

  • Act! Premium Cloud への接続

    Act! Premium Cloud アカウントに接続するには、ActCloudName プロパティも指定する必要があります。このプロパティはCloud アカウントのURL アドレスで確認できます。例:https://eup1-iis-04.eu.hosted.act.com/ActCloudName/。

ActCRM メタデータの取得は高負荷になる可能性があることに注意してください。CacheMetadata プロパティを設定して、メタデータをローカルに格納することをお勧めします。

次の方法で、プロジェクトにAct CRM データソースを登録します。

  1. DBArtisan で「Data Source」->「Register Datasource」と進みます。
  2. 「Generic ODBC」を選択。
  3. データソース名を入力して、DSN を選択します。Enter a name for the data source and select the DSN.
  4. ウィザードを終了してAct CRM への接続を完了します。Act CRM のエンティティが Datasource Explorer に表示されているはずです。

これで、他のデータベースと同じようにAct CRM データを扱うことが可能になります。 サポートされるSQL クエリは、ドライバーのヘルプドキュメントを参照してください。