Node.js でAct-On Data をMySQL データベースとしてクエリ

Node.js からAct-On data に対してMySQL としてクエリを実行します。

MySQL インターフェースを介してCData Cloud Hub を使用してAct-On data をクエリできます。以下の手順に従ってCloud Hub にAct-On の仮想データベースを作成し、Node.js を使用してクエリを開始します。

CData Cloud Hub は、Act-On のMySQL インターフェースを提供し、ネイティブにサポートされているデータベースにデータを複製することなく、Node.js のライブAct-On data を簡単にクエリできるようにします。Node.js でデータをクエリすると、CData Cloud Hub はサポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)を直接Act-On にプッシュし、サーバーサイドの処理を利用してAct-On data をすばやく返します。

Act-On Data の仮想MySQL データベースを作成

You can use any MySQL client to connect to the CData Cloud Hub and create virtual databases.

  1. Connect to the CData Cloud Hub:
    mysql --host myinstance.cdatacloud.net --user admin --password
    
  2. Once authenticated, create the virtual database for Act-On:
    mysql> CREATE DATABASE actondb
        -> DRIVER = "ActOn",
        -> DBURL = "InitiateOAuth=GETANDREFRESH";
    

With the virtual database created, you are ready to connect to Act-On data from any MySQL client.

Node.js からAct-On をクエリ

The following example shows how to define a connection and execute queries to Act-On with the MySQL module.You will need the following information:

  • Host name, or address, and port:The address of your instance of the Cloud Hub (myinstance.cdatacloud.net) and the port (3306)
  • Username and password:The username and password of a user you authorized on the Cloud Hub
  • Database name:The database you configured for Act-On (actondb)

Connect to Act-On data and start executing queries with the code below:

var mysql      = require('mysql');
var fs         = require('fs');
var connection = mysql.createConnection({
  host     : 'myinstance.cdatacloud.net',
  database : 'actondb',
  port	   :'3306',
  user     : 'admin',
  password : 'password',
  ssl      : {
    ca : fs.readFileSync('C:/certs/myCA.pem')
  }
});
connection.connect();
connection.query('SELECT * FROM Images', function(err, rows, fields) {
  if (err) throw err;
  console.log(rows);
});

connection.end();
 
 
ダウンロード