Acumatica データをDevExpress Data Grid にデータバインドする。

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Acumatica ADO.NET Provider

Acumatica のAccounts、Bills、Customers、Leads などの会計データに連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Acumatica 用の CData ADO.NET プロバイダーをDevExpress Windows Forms とWeb コントロールとともに使用し、Acumatica をチャートに入力します。


ADO.NET

Acumatica 用の CData ADO.NET プロバイダーはサードパーティーコントロールで使うことのできる通常のADO.NET データベースアクセスコンポーネントを実装しています。データバインドするための通常のADO.NET プロセスに従うことで、UI コントロールから実データへの双方向アクセスを可能にします。 この記事では、CData を使ってDevExpress Windows Forms とウェブコントロールにデータバインドする方法を説明します。ここでは、最新のデータを表示するチャートにデータバインドします。

Acumatica に接続するには、次の接続プロパティを設定してください。

  • User:ユーザー名に設定。
  • Password:パスワードに設定。
  • Company:会社名に設定。
  • Url:Acumantica URL に、http://{Acumatica ERP instance URL}/entity/{Endpoint name}/{Endpoint version}/ の形式で設定。
    例えば、https://acumatica.com/entity/Default/17.200.001/。

詳細については、CData ドライバードキュメントの「はじめに」を参照してください。

Windows Forms コントロール

下のコードでは、Acumatica でDevExpress のチャートに追加する方法を説明します。AcumaticaDataAdapter はチャートコントロールのSeries プロパティにバインドします。コントロールのDiagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。

using (AcumaticaConnection connection = new AcumaticaConnection( "Url = https://try.acumatica.com/ISV/entity/Default/17.200.001/;User=user;Password=password;Company=CompanyName;")) { AcumaticaDataAdapter dataAdapter = new AcumaticaDataAdapter( "SELECT Id, location_displayname FROM Events", connection); DataTable table = new DataTable(); dataAdapter.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new DevExpress.XtraCharts.Series(); chartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "location_displayname" }); series.ArgumentScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "Id"; series.ValueScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Numerical; chartControl1.Legend.Visibility = DevExpress.Utils.DefaultBoolean.False; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

Web コントロール

下のコードではAcumatica でDevExpress Web を操作するための設定方法を説明します。AcumaticaDataAdapter はチャートのSeries プロパティにバインドします。Diagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。 using DevExpress.XtraCharts; using (AcumaticaConnection connection = new AcumaticaConnection( "Url = https://try.acumatica.com/ISV/entity/Default/17.200.001/;User=user;Password=password;Company=CompanyName;")) { AcumaticaDataAdapter AcumaticaDataAdapter1 = new AcumaticaDataAdapter("SELECT Id, location_displayname FROM Events", connection); DataTable table = new DataTable(); AcumaticaDataAdapter1.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new Series("Series1", ViewType.Bar); WebChartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "location_displayname" }); series.ArgumentScaleType = ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "Id"; series.ValueScaleType = ScaleType.Numerical; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }