PowerApps ビジネスアプリケーションからリアルタイムAdobe Analytics Data に連携

CData Cloud Hub を使用してAdobe Analytics data 仮想SQL Server データベースを作成し、リアルタイムAdobe Analytics data をMicrosoft PowerApps に連携します。

PowerApps は、カスタムソフトウェア開発の時間と費用をかけずに、データに接続しWeb やモバイルで機能するカスタムビジネスアプリケーションを構築、および使用するためのサービスです。CData Cloud Hub と組み合わせると、PowerApps を使用して構築したアプリからAdobe Analytics data へのクCloud-to-cloud でリアルタイムアクセスが可能になります。ここでは、PowerApps からCloud Hub に接続し、ライブAdobe Analytics data を使ったアプリを構築する方法を説明します。

CData Cloud Hub は、Adobe Analytics のSQL Server インターフェースを提供します。これにより、データを複製することなく、PowerApps とリアルタイムAdobe Analytics data とを簡単に統合できます。CData Cloud Hub は、PowerApps にとってはSQL Server データベースと同じように扱え、最適化されたデータ処理を使用してサポートされるすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)を直接Adobe Analytics にプッシュします。

開始する前に、CData Cloud Hub のインスタンスにAdobe Analytics の仮想データベースインスタンスを作成する必要があります。 手順や詳細については、オンラインヘルプのドキュメントを参照してください。ここでは、adobeanalytics db という名前の仮想データベースを作成したと仮定しています。

CData Cloud Hub への接続

To use the Cloud Hub to integrate Adobe Analytics data into your PowerApps, you need a new SQL Server connection:

  1. Log in to PowerApps
  2. Click Data -> Connections -> New connection
  3. Select SQL Server
  4. In the connection wizard:

    • Choose to connect directly
    • Set SQL server name to the address of your Cloud Hub instance (myinstance.cdatacloud.net)
    • Set SQL database name to the name of the virtual Adobe Analytics database you created earlier (like adobeanalyticsdb)
    • Set the Username and Password and click Create

Adobe Analytics Data に連携するアプリケーションを構築

With the connection to the Cloud Hub configured, you are ready to integrate live Adobe Analytics data into the apps you build in PowerApps.

  1. Log in to PowerApps
  2. Click Create, hover over "Start from data" and click Make this app
  3. Select the SQL Server connection you created
  4. Search for or choose a table to work with
  5. Click Connect
  6. Customize the newly created app just like you would any other, including changing the layout and setting the fields exposed in BrowseScreen, DetailScreen, and EditScreen

At this point, you have an app with read and write access to live Adobe Analytics data that you can save and publish for use within your organization.

クラウドアプリケーションからAdobe Analytics Data へのSQL アクセス

Now you have a direct connection to live Adobe Analytics data from Microsoft PowerApps.You can create more connections and apps to drive business — all without replicating Adobe Analytics data.

To get SQL data access to 100+ SaaS, Big Data, and NoSQL sources directly from your cloud applications, see the CData Cloud Hub.

 
 
ダウンロード