今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Airtable を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

AirtableData のPostgreSQL インターフェース

Airtable JDBC Driver のRemoting 機能を使用して、データアクセス用のPostgreSQL エントリポイントを作成します。

インターネット上には利用可能な膨大な数のPostgreSQL クライアントがあります。標準のドライバーからBI および分析ツールまで、PostgreSQL はデータアクセスのための人気の高いインタフェースです。 JDBC ドライバーを使用して、標準クライアントから接続できるPostgreSQL エントリポイントを作成することができます。

PostgreSQL データベースとしてAirtable data にアクセスするには、CData JDBC Driver for Airtable とJDBC 外部データラッパー(FDW)を使用します。ここでは、FDW をコンパイルしてインストールし、PostgreSQL サーバーからAirtable data をクエリします。

JDBC データソースにAirtable Data を設定

To connect to Airtable as a JDBC data source, you will need the following:

  • Driver JAR path: The JAR is located in the lib subfolder of the installation directory.
  • Driver class: cdata.jdbc.airtable.AirtableDriver

  • JDBC URL: The URL must start with "jdbc:airtable:" and can include any of the connection properties in name-value pairs separated with semicolons.

    Airtable への接続には、APIKey、BaseId、TableNames のプロパティが必須です。ViewNames は任意項目でテーブルのビューを指定することができます。

    • APIKey : アカウントのAPI Key。取得には、アカウントにログインして、API セクションで[Generate API Key]をクリックします。
    • BaseId : ベースのId。取得には、APIKey と同じ場所で、[Airtable API]をクリックするか、https://airtable.com/api に進み、ベースを選択します。"The ID of this base is appxxN2ftedc0nEG7." というメッセージがIntroduction セッションで表示されます。
    • TableNames : 選択されたベースのテーブル名のカンマ区切りのリスト。UI で見られるテーブル名と同じです。
    • ViewNames : table.view 形式のビューのカンマ区切りのリスト。UI でみられるビュー名と同じです。

    ビルトイン接続文字列デザイナー

    For assistance in constructing the JDBC URL, use the connection string designer built into the Airtable JDBC Driver.Either double-click the JAR file or execute the jar file from the command-line.

    java -jar cdata.jdbc.airtable.jar

    Fill in the connection properties and copy the connection string to the clipboard.

    A typical JDBC URL is below:

    jdbc:airtable:APIKey=keymz3adb53RqsU;BaseId=appxxN2fe34r3rjdG7;TableNames=TableA,...;ViewNames=TableA.ViewA,...;

JDBC Foreign Data Wrapper をビルド

The Foreign Data Wrapper can be installed as an extension to PostgreSQL, without recompiling PostgreSQL.The jdbc2_fdw extension is used as an example.

  1. Add a symlink from the shared object for your version of the JRE to /usr/lib/libjvm.so.For example: ln -s /usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/lib/amd64/server/libjvm.so /usr/lib/libjvm.so
  2. Start the build: make install USE_PGXS=1

Airtable Data をPostgreSQL データベースとしてクエリ

After you have installed the extension, follow the steps below to start executing queries to Airtable data:

  1. Log into your database.
  2. Load the extension for the database: CREATE EXTENSION jdbc2_fdw;
  3. Create a server object for Airtable: CREATE SERVER Airtable FOREIGN DATA WRAPPER jdbc2_fdw OPTIONS ( drivername 'cdata.jdbc.airtable.AirtableDriver', url 'jdbc:airtable:APIKey=keymz3adb53RqsU;BaseId=appxxN2fe34r3rjdG7;TableNames=TableA,...;ViewNames=TableA.ViewA,...;', querytimeout '15', jarfile '/home/MyUser/CData/CData\ JDBC\ Driver\ for\ Salesforce MyDriverEdition/lib/cdata.jdbc.airtable.jar');
  4. Create a user mapping for the username and password of a user known to the MySQL daemon. CREATE USER MAPPING for postgres SERVER Airtable OPTIONS ( username 'admin', password 'test');
  5. Create a foreign table in your local database: postgres=# CREATE FOREIGN TABLE sampletable_1 ( sampletable_1_id text, sampletable_1_Id text, sampletable_1_Column1 numeric) SERVER Airtable OPTIONS ( table_name 'sampletable_1');
You can now execute SELECT commands to Airtable: postgres=# SELECT * FROM sampletable_1;
 
 
ダウンロード