今すぐお試しください!

製品の詳細Amazon S3 MuleSoft Anypoint Connector を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Amazon S3 Data にSQL を使ってAnypoint からデータ連携

CData Mule Connector for Amazon S3 を使って、Amazon S3 data のJSON エンドポイントを作成するシンプルなMule アプリケーションを作成。

CData Mule Connector for Amazon S3 は、Amazon S3 data をMule アプリケーションから標準SQL でのreadを可能にします。コネクタを使うことで、Mule アプリケーションでAmazon S3 data のバックアップ、変換、レポート、および分析を簡単に行えます。

This article demonstrates how to use the CData Mule Connector for Amazon S3 inside of a Mule project to create a Web interface for Amazon S3 data. The application created allows you to request Amazon S3 data using an HTTP request and have the results returned as JSON. The exact same procedure outlined below can be used with any CData Mule Connector to create a Web interface for the 220+ available data sources.

  1. Create a new Mule Project in Anypoint Studio.
  2. Add an HTTP Connector to the Message Flow.
  3. Configure the address for the HTTP Connector.
  4. Add a CData Amazon S3 Connector to the same flow, after the HTTP Connector.
  5. Create a new Connection (or edit an existing one) and configure the properties to connect to Amazon S3 (see below). Once the connection is configured, click Test Connection to ensure the connectivity to Amazon S3.

    Amazon S3 リクエストを認可するには、管理者アカウントまたはカスタム権限を持つIAM ユーザーの認証情報を入力します。AccessKey をアクセスキーID に設定します。SecretKey をシークレットアクセスキーに設定します。

    Note: AWS アカウント管理者として接続できますが、AWS サービスにアクセスするにはIAM ユーザー認証情報を使用することをお勧めします。

    アクセスキーの取得

    IAM ユーザーの資格情報を取得するには:

    1. IAM コンソールにサインインします。
    2. ナビゲーションペインで[ユーザー]を選択します。
    3. ユーザーのアクセスキーを作成または管理するには、ユーザーを選択してから[セキュリティ認証情報]タブを選択します。

    AWS ルートアカウントの資格情報を取得するには:

    1. ルートアカウントの資格情報を使用してAWS 管理コンソールにサインインします。
    2. アカウント名または番号を選択し、表示されたメニューで[My Security Credentials]を選択します。
    3. [Continue to Security Credentials]をクリックし、[Access Keys]セクションを展開して、ルートアカウントのアクセスキーを管理または作成します。

    AWS ロールとして認証

    多くの場合、認証にはAWS ルートユーザーのダイレクトなセキュリティ認証情報ではなく、IAM ロールを使用することをお勧めします。RoleARN を指定することでAWS ロールを代わりに使用できます。これにより、本製品は指定されたロールの資格情報を取得しようと試みます。

    (すでにEC2 インスタンスなどで接続されているのではなく)AWS に接続している場合は、ロールを引き受けるIAM ユーザーのAccessKey とSecretKey を追加で指定する必要があります。AWS ルートユーザーのAccessKey および SecretKey を指定する場合、ロールは使用できません。

    SSO 認証

    SSO 認証を必要とするユーザーおよびロールには、RoleARN およびPrincipalArn 接続プロパティを指定してください。各Identity Provider に固有のSSOProperties を指定し、AccessKey とSecretKey を空のままにする必要があります。これにより、本製品は一時的な認証資格情報を取得するために、リクエストでSSO 認証情報を送信します。

  6. Configure the CData Amazon S3 Connector.
    1. Set the Operation to 'Select with Streaming'.
    2. Set the Query type to Dynamic.
    3. Set the SQL query to SELECT * FROM #[message.inboundProperties.'http.query.params'.get('table')] to parse the URL parameter table and use it as the target of the SELECT query. You can customize the query further by referencing other potential URL parameters.
  7. Add a Transform Message Component to the flow.
    1. Map the Payload from the input to the Map in the output.
    2. Set the Output script to the following to convert the payload to JSON:
      %dw 1.0
      %output application/json
      ---
      payload
              
  8. To view your Amazon S3 data, navigate to the address you configured for the HTTP Connector (localhost:8081 by default) and pass a table name as the table URL parameter: http://localhost:8081?table=ObjectsACL
    The ObjectsACL data is available as JSON in your Web browser and any other tools capable of consuming JSON endpoints.

At this point, you have a simple Web interface for working with Amazon S3 data (as JSON data) in custom apps and a wide variety of BI, reporting, and ETL tools. Download a free, 30 day trial of the Mule Connector for Amazon S3 and see the CData difference in your Mule Applications today.

 
 
ダウンロード