Excel からMicrosoft Query を使ってAvalara AvaTax に接続する方法

この記事では、CData ODBC Driver for AvalaraAvatax を使って、Microsoft Query でExcel にデータをインポートします。Microsoft Query でパラメータを使う方法も説明します。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2023-09-07
avalara ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
Excel ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

Microsoft Query を使うことで、Excel からデータベースやファイル、外部データソースにアクセスしてデータをインポート、更新できます。CData ODBC Driver for AvalaraAvatax はMicrosoft Query の連携先を拡張して、270種類以上のCRM、ERP、MA、会計ツールなどのデータソースへのアクセスを実現します。 この記事では、Microsoft Query を使ってAvalara AvaTax データをスプレッドシートにインポートする方法をご紹介します。

CData ODBC Drivers とは?

CData ODBC Drivers は、以下のような特徴を持った製品です。

  1. Avalara AvaTax をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレデータソースに対応
  2. Excel やMicrosoft Query をはじめとする多様な帳票・BI ツールにAvalara AvaTax データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData ODBC Driver では、1.データソースとしてAvalara AvaTax の接続を設定、2.Microsoft Query でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

Avalara AvaTax への接続を設定

まずは、本記事右側のサイドバーからAvalaraAvatax ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

ODBC ドライバーのインストール完了時にODBC DSN 設定画面が立ち上がります。または、Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN を作成および設定できます。

Basic 認証を実行する通常の方法は、次のログイン資格情報を提供することです。

  • User:ユーザー名に設定します。
  • Password:パスワードに設定します。

サンドボックス環境を使用している場合には、オプションで次を設定してください。

  • UseSandbox:サンドボックスアカウントで認証する場合にはこれをtrue に設定します。

アカウント番号とライセンスキーを使用して認証する

または、アカウント番号とライセンスキーを使用して認証することもできます。次を使用してデータに接続します。

  • AccountId:これをアカウントId に設定します。アカウントId は管理コンソールの右上端にリストされています。
  • LicenseKey:これをAvalara Avatax のライセンスキーに設定します。ライセンスキーの生成は、Avalara Avatax アカウント管理者としてログインして Settings -> Reset License Key に移動して実行できます。

Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法の詳細は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

  • Excel で[データ]タブを開き[その他のデータソースから]->[Microsoft Query から]を選びます。
  • Open Microsoft Query from the Data tab.
  • マシンにインストールされているMicrosoft Office のバージョンに合わせて、32 bit CData Avalara AvaTax Source または64 bit CData Avalara AvaTax Source x64 DSN を選びます。Query Wizard を使うオプションを選択し、クエリを作成/編集します。
  • The list of available ODBC DSNs in the Choose Data Source dialog.
  • Query Wizard で、スプレッドシートにインポートしたいテーブルのノードを展開します。インポートしたいカラムを選択し、矢印をクリックしてクエリに追加します。あるいはテーブル名を選択して、テーブルにあるすべてのカラムを追加します。
  • Available tables and columns in the Choose Columns step of the Query Wizard. (Salesforce is shown.)
  • [Filter Data]ページではクライテリアを指定できます。例えば、日付の範囲を設定して結果を絞れます。
  • The Filter Data step of the Query Wizard. (Salesforce is shown.)
  • クエリでパラメータを使いたい場合は、Microsoft Query でクエリを編集するオプションを選択します。
  • クエリにパラメータを設定するには、SQL を直接修正する必要があります。その場合は、[Query Editor]の[SQL]ボタンをクリックします。フィルタクライテリアを事前に設定している場合は、クエリ内にWHERE 句が存在します。
  • パラメータを使うには、WHERE 句のフィールド値にワイルドカード文字として "?" を使います。例えばTransactions をインポートしている場合は、"Code=?" を設定できます。
  • SQL ステートメントの編集が終わったら[SQL]ダイアログを閉じます。パラメータ値を入力するように促されますが、次のステップでセルを選択して値を入れることになるので、このダイアログではボックスは空のままにしておきます。
  • The generated SQL statement. (Salesforce is shown.)
  • Microsoft Query を閉じます。[Import Data]ダイアログが表示されます。結果をインポートするセルを入力します。 The Import Data dialog.
  • [Import Data]ダイアログを閉じます。パラメータ値を入力するように促されます。パラメータボックスの隣にあるボタンをクリックしてセルを選択します。値が変更されたらスプレッドシートを自動的にリフレッシュするオプションを選択します。 データはこれでExcel にインポートされました。セルB1の値を変更すると、データは指定した検索クライテリアによってフィルタされます。 The results of the query, with the search criteria applied. (Salesforce is shown.)

    Avalara AvaTax からMicrosoft Query(Excel)へのデータ連携には、ぜひCData ODBC Driver をご利用ください

    このようにCData ODBC Drivers と併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをMicrosoft Query からコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

    日本のユーザー向けにCData ODBC Driver は、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

  • 関連コンテンツ

    トライアル・お問い合わせ

    30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。