今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Dynamics 365 Business Central を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Enable the CData JDBC Driver for Dynamics 365 Business Central in KNIME

Use standard data access components in KNIME to create charts and reports with Dynamics 365 Business Central data.

One of the strengths of the CData JDBC Driver for Dynamics 365 Business Central is its cross-platform support, enabling integration with major BI tools. Follow the procedure below to access Dynamics 365 Business Central data in KNIME and to create a chart from Dynamics 365 Business Central data using the report designer.


※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Define a New JDBC Connection to Dynamics 365 Business Central Data

  1. If you have not already done so, install the Report Designer extension: Click File -> Install KNIME Extensions, and filter on "Report".
  2. In a new workflow, click File -> Preferences and expand the KNIME -> Database Driver nodes to add cdata.jdbc.d365businesscentral.jar. The driver JAR is located in the lib subfolder of the installation directory.
  3. In the Node Repository view, expand the Database node and drag a Database Reader onto the workflow editor.
  4. Double-click the Database Reader and set the following properties:

    • Database Driver: In the menu, select the CData JDBC driver.
    • Database URL: Enter the connection properties. The JDBC URL begins with jdbc:d365businesscentral: and is followed by a semicolon-separated list of connection properties.

      Dynamics 365 Business Central への認証には、User およびAccessKey プロパティが必要です。

      データに接続するには、OrganizationUrl を指定します。OrganizationUrl は、 http://businesscentral.dynamics.com/abc123/ などのBusiness Central アカウントへのエンドポインであるか、Web サービスのルートを参照する必要があります。OrganizationUrl を指定する方法 および利用可能なエンドポイントについての詳細は、Business Central エンドポイント を参照してください。 組織内に複数の会社がある場合は、どの会社に接続するかを特定するためにCompany を指定する必要があります。 会社が1つだけの場合は、Company を指定する必要はありません。

      Dynamics 365 Business Central に認証するには、User およびAccessKey 接続プロパティを指定します。Microsoft では、これらをテストおよび開発目的で推奨します。ただし、運用環境での使用は推奨していません。 User およびAccessKey の値を取得するには、Dynamics 365 Business Central の[ユーザー]ページに移動して[編集]をクリックします。User Name および Web Service Access Key の値は、User およびPassword 接続文字列プロパティとして入力する値です。User Name はE メールアドレス ではありません。短縮されたユーザー名です。

      Microsoft では、OAuth 認証を使用する本番ユースケースを推奨します。詳細については、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

      A typical JDBC URL is below. jdbc:d365businesscentral:OrganizationUrl=https://myaccount.financials.dynamics.com/;

    • User Name: The username used to authenticate.
    • Password: The password used to authenticate.
    • SQL Statement: Enter an SQL query in the SQL Statement box or double-click a table. This article uses the query below to create a chart: SELECT accountid, Name FROM Accounts
  5. Test the connection by clicking Fetch Metadata.

  6. Connect the Database Reader to a Data to Report node to supply the dataset to a range of data visualization controls. Click Execute and then click Edit Report at the top of the workflow to open the report designer perspective.
  7. You can now generate reports based on live data. To create a chart, drag the chart control from the palette to the report designer. In the resulting wizard, you can use the filtering and aggregation controls available in KNIME.
 
 
ダウンロード