今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for e-Sales Manager Remix を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Linux 上でe-Sales Manager にデータ連携するシンプルなGo アプリケーションを作成

CData ODBC Driver for e-Sales Manager とunixODBC を使って、e-Sales Manager に連携するGo アプリケーションを作成。

Go はオープンソースのプログラミング言語でLInux/Unix マシンに簡単にソフトウェアを構築することを可能にします。 Go とODBC Driver for e-Sales Manager およびunixODBC を組み合わせて使うことで、e-Sales Manager データにリアルタイム連携するアプリケーションを書くことができます。 本記事では、ODBC Driver for e-Sales Manager のインストール、unixODBC Driver Manager への設定、そしてe-Sales Manager に連携するGo アプリケーションの作成までを説明します。

Linux マシンで CData ODBC Drivers を使用する

CData ODBC Drivers はUbuntu、Debian、RHEL、CentOS、およびFedora など多くのRed Hat-based およびDebian-based のシステムでサポートされています。 ほかにもいくつかのライブラリやパッケージのインストールが必要ですが、すでにデフォルトでインストールされている場合もあります。詳細はオンラインおよびインストールされるヘルプドキュメントの「はじめに」のセクションを参照してください。

Driver Manager のインストール

ドライバーのインストール前にシステムにDriver Manager が入っているかを確認してください。本記事では無償のオープンソースDriver Manager であるunixODBC を使います

Ubuntu のようなDebian ベースのシステムでは、APT パッケージマネージャからunixODBC をインストールできます:

$ apt-get install unixODBC unixODBC-dev

Red Hat Linux ベースのシステムでは、yum もしくはdnf からunixODBC をインストールできます:

$ yum install unixODBC unixODBC-devel

unixODBC Driver Manager はDriver の情報をodbcinst.ini ファイルから読み、odbc.ini からからデータソースの情報を読みます。 次のコマンドをターミナルに入力して、コンフィギュレーションのロケーションを決めることができます:

$ odbcinst -j

コマンドのアウトプットでODBC データソースのコンフィギュレーションファイルと登録されたODBC Drver のロケーションを表示します。 ユーザーデータソースはodbc.ini ホームフォルダが位置するユーザーアカウントのみからアクセス可能です。システムデータソースはすべてのユーザーからアクセスできます。 このコマンドのアウトプット例は以下です:

DRIVERS............: /etc/odbcinst.ini SYSTEM DATA SOURCES: /etc/odbc.ini FILE DATA SOURCES..: /etc/ODBCDataSources USER DATA SOURCES..: /home/myuser/.odbc.ini SQLULEN Size.......: 8 SQLLEN Size........: 8 SQLSETPOSIROW Size.: 8

ドライバーのインストール

標準パッケージ形式でドライバーをダウンロードできます:Debian .deb package format もしくは、.rpm file format です。 ファイルをダウンロードしたら、ターミナルからドライバーをインストールします。

ドライバーインストーラーはドライバーをunixODBC に登録し、ODBC 接続をサポートするツールやアプリケーションから利用できるシステムDSN を作成します。T

Ubuntu のようなDebian ベースのシステムでは、sudo とともに次のコマンドを実行します: $ dpkg -i /path/to/package.deb

.rpms をサポートするシステムでは、sudo とともに次のコマンドを実行します: $ rpm -i /path/to/package.rpm

ドライバーのインストール後、unixODBC Driver Manager を使って、登録されたドライバーを表示し、データソースを定義することができます:

$ odbcinst -q -d CData ODBC Driver for e-Sales Manager ...

定義されたData Source の表示

$ odbcinst -q -s CData ESalesManager Source ...

unixODBC でCData ODBC Driver for e-Sales Manager を使用するには、ドライバーがUTF-8 を使用するように設定する必要があります。それには、通常はインストールフォルダのlib フォルダ(/opt/cdata/cdata-odbc-driver-for-esalesmanager)に入っているドライバーのINI ファイル(cdata.odbc.esalesmanager.ini)を次のように編集する必要があります:

cdata.odbc.esalesmanager.ini

... [Driver] DriverManagerEncoding = UTF-16

DSN の変更

ドライバーがインストールされると、システムDSN が事前定義されます。システムDSN はシステムデータソースファイル(/etc/odbc.ini)を編集して必要な接続プロパティを定義します。 ユーザー単位のDSN を作成することも可能で、その際には$HOME/.odbc.ini へのアクセスと変更は必要ではありません。

e セールスマネージャー Remix に接続するには、User、Passowrd、URL、TenantId パラメータが必要です。

  • User: API を実行するためのログインユーザーのユーザーID。
  • Password: API を実行するためのログインユーザーのユーザーパスワード
  • URL: e-Sales Manager Remix エンドポイントへのURL。例:https://XXX.softbrain.co.jp
  • TenantId: e-Sales Manager Remix テナント名のTenantd。例:cdata

/etc/odbc.ini or $HOME/.odbc.ini

[CData ESalesManager Source] Driver = CData ODBC Driver for e-Sales Manager Description = My Description User = MyUsername Password = MyPassword URL = MyInstanceURL TenantId = MyTenantId

これらのコンフィギュレーションファイルの使い方についての詳細は、インストールされるヘルプドキュメントを参照してください。

e-Sales Manager データに連携するGo アプリケーションサンプルの作成

Driver Manager のインストール、DSN 設定を終えたら、e-Sales Manager data に連携するGo アプリケーションを作成します。 まずはODBC データベース向けのGo ドライバーをインストールします。いくつかのオプションがありますが、本記事ではhttps://github.com/alexbrainman/odbc のODBC ドライバーを使います。

Linux へのODBC のインストール

Go のODBC ドライバーをインストールするには、GOPATH 環境変数を定義する必要があります:

export GOPATH=$HOME/golang/go

GOPATH が定義されたら、ODBC ドライバー向けのGo ドライバーをインストールすることが可能です:

$ go get github.com/alexbrainman/odbc

これでGo アプリケーションを作って実行する準備ができました。

Go アプリケーションサンプル

このサンプルアプリケーションはe-Sales Manager data に対してシンプルなSQL SELECT クエリを発行し、結果を表示します。$GOPATH/src/cdata-odbc-esalesmanager ディレクトリを作成し、次のソースコードをコピーして新しいGo ファイルを作成します。

cdata-odbc-esalesmanager.go

package main import ( _ "github.com/alexbrainman/odbc" "database/sql" "log" "fmt" ) func main() { db, err := sql.Open("odbc", "DSN=CData ESalesManager Source") if err != nil { log.Fatal(err) } var ( name string address string ) rows, err := db.Query("SELECT Name, Address FROM Customer WHERE Address = ?", "CustomerAddress") if err != nil { log.Fatal(err) } defer rows.Close() for rows.Next() { err := rows.Scan(&name, &address) if err != nil { log.Fatal(err) } fmt.Println(name, address) } err = rows.Err() if err != nil { log.Fatal(err) } defer db.Close() }

ターミナルで、Go アプリケーションディレクトリにナビゲートし、アプリケーションをビルドします:

$ go build

アプリケーションのビルド後、アプリケーションを実行し、e-Sales Manager のデータを表示することができます:

$ ./cdata-odbc-esalesmanager

これでe-Sales Manager と連携するシンプルなGo アプリケーションができました。ここに、より複雑なread/write 機能を使い慣れたSQL 文で足してみてください。

 
 
ダウンロード