今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for Greenplum を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Cognos BI でGreenplum データを使ってデータビジュアライゼーションを作成

Cognos Business Intelligence のODBC データソースとしてGreenplum にアクセスし、Cognos Report Studio でデータビジュアライゼーションを作成。



CData ODBC driver for Greenplum を使って、Greenplum データをドラッグアンドドロップ スタイルのCognos Report Studio に連携できます。この記事では、データビジュアライゼーションをSQL を書かずに作成するグラフィカルアプローチと、Greenplum がサポートする任意のSQL クエリを実行する方法の両方について説明します。


※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Greenplum のデータソースの設定およびパブリッシュ

下記の手順に従って、[Cognos Administration]ツールのライブ Greenplum に接続を確立します。この接続はCognos BI 全体で使えます。このドライバーを使って、すべてのユーザーは一貫したデータおよびメタデータ:リアルタイムGreenplum を利用できます。

  1. 接続プロパティの指定がまだの場合は、ODBC DSN (データソース名)で行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

    64ビット版のマシンからCognos を実行している場合は、32ビット版ODBC データソースアドミニストレーターを起動する必要があります。以下のコマンドで開くことができます:

    C:\Windows\sysWOW64\odbcad32.exe

    一般的な接続文字列は次のとおりです:

    Greenplum に接続するには、Server、Port (デフォルトポートは5432)、およびDatabase 接続プロパティを設定して、サーバーへの認証に使用するUser とPassword を設定します。Database プロパティが指定されていない場合、本製品はユーザーのデフォルトデータベース(ユーザーと同じ名前になります)に接続します。

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

  2. [Cognos Administration]を開いて新しいデータソースを追加します。[Data Source Connections]をクリックして[ODBC]オプションを選択したら、システムDSN とユーザーフレンドリーな名前を入力します。Click Retrieve Objects and choose the CData Greenplum database object.

Data Visualizations をレポートに追加

これで、[Source Explorer]からレポートオブジェクトにカラムをドラッグアンドドロップしてCognos Report Studio のGreenplum data にレポートを作成できます。以下では、最新データを表示するチャートを持つシンプルなレポートを作成する方法を説明します。

レポートをビルドすると、Cognos Report Studio はSQL クエリを生成して実行をドライバーに依存します。ドライバーはクエリをGreenplum API へのリクエストに変換します。ドライバーはリアルタイムGreenplum へのクエリの実行を基になるAPI に依存します。

アグリゲートに基づきチャートを作成

[Source Explorer]からオブジェクトのdimentions にカラムをドラッグアンドドロップするだけで、Cognos レポートオブジェクトとしてGreenplum データを使うことができます。チャートのSeries dimension のカラムは自動的にグループ化されます。

さらにCognos は、measure dimesion のロジカルなデフォルトアグリゲート関数をデータタイプに基づいて設定します。この例では、デフォルトをオーバーライドしています。[Data Items]タブの ShipName カラムをクリックしてAggregate Function プロパティを Not Applicableに設定します。Rollup Aggregate Function プロパティは Automatic に設定する必要があります。

Query オブジェクトをSQL に変換

必要なクエリを把握している、あるいは生成されたクエリを調整したい場合は、query オブジェクトをSQL ステートメントに変換します。クエリがSQL に変換されると、UI コントロールはquery オブジェクトで利用できなくなります。下記の手順に従って、ユーザー定義のSQL でチャートを埋めます。

Cognos はユーザー定義クエリの実行をドライバーに依存します。ドライバーのSQL エンジンを使うと、キャッシュデータのコピーがないためクエリは常に最新の結果を返します。

  1. [Query Explorer]の上にカーソルを置き、[Queries]フォルダをクリックしてレポートにquery オブジェクトを表示します。
  2. 自動生成されたクエリを編集したい場合は、Generated SQL プロパティにあるquery オブジェクトのボタンをクリックします。ダイアログが表示されたら、[Convert]をクリックします。

    新たにSQL ステートメントを入力したい場合は、query オブジェクトと一緒にSQL オブジェクトをドロップします。

  3. SQL オブジェクトのプロパティを編集:SQL プロパティでGreenplum データソースを選択してSQL Syntax プロパティをNative に設定します。
  4. SQL プロパティのボタンをクリックし、ダイアログが表示されたらSQL クエリを入力します。この例では以下のクエリを使います:

    SELECT Freight, ShipName FROM Orders WHERE ShipCountry = USA
  5. query オブジェクトのプロパティを編集:Processing プロパティを[Limited Local]に設定します。この値はquery オブジェクトをSQL に変換するために必要です。

クエリ結果をチャートで使用

これで[Data Items]タブのオブジェクトとしてSQL クエリ結果にアクセスできるようになりました。下記の手順に従って、クエリ結果を使ってチャートを作成します;例えば、Orders テーブルからShipName を各Freight へ。

  1. [Page Explorer] 上にカーソルを置きpage オブジェクトをクリックしてページに戻ります。
  2. 円グラフをツールボックスからワークスペース上にドラッグします。
  3. チャートのプロパティで、Query プロパティに先ほど作成したクエリの名前を設定します。
  4. [Data Items]タブをクリックしてカラムをx およびy 軸上にドラッグします。この例ではFreight カラムをSeries (pie slices) ボックスに、ShipName カラムをDefault Measure ボックスにドラッグします。
  5. Default Measure (ShipName 値) のデフォルトのプロパティを編集します:[Aggregate Function]ボックスで "Not Applicable" オプションを選択します。

レポートを実行してクエリ結果を追加します。

 
 
ダウンロード