製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

FileMaker Pro からIBM Cloud Object Storage にアクセス

JDBC ドライバーのMySQL リモーティング機能を使用して、IBM Cloud Object Storage をFilemaker Pro for Mac またはfor Windows に連携します。

この記事では、CData JDBC Driver for IBM Cloud Object Storage をFileMaker Pro の External SQL Sources (ESS) 機能と統合するために使用する方法を説明します。これにより、FileMaker Pro のレコードを他の運用データストアのレコードにリンクできるようになります。

MySQL のリモーティング機能を使用し、MySQL データベースとしてIBM Cloud Object Storage にアクセスします。CData JDBC Driver for IBM Cloud Object Storage は、MySQL のような従来のデータベースに接続をサポートするFileMaker Pro のようなアプリケーションと連携するためにJDBC 標準とMySQL 標準を共に実装していますが、一般的なJDBC 接続には連携できません。

FileMaker Pro Integration の選択

FileMaker Pro には、二通りのデータアクセスモードがあります。

  • [Data Import] IBM Cloud Object Storage データはFileMaker Pro データベースにコピーされ、必要に応じて更新できます。FileMaker Pro はODBC をネイティブにサポートしているものの、JDBC はサポートしていないため、CData ODBC ドライバーを使用して、このソリューションを合理化します。

    このアプローチを使用するには、FileMaker Pro のODBC IBM Cloud Object Storage Integration を参照してください。

  • ESS:データのローカルコピーを使用する代わりに、JDBC ドライバーを使用して外部SQL ソースを作成できます。また、リモートデータはFileMahaker Pro で変更でき、テーブルは標準のFileMaker Pro テーブルと同様に、リレーションシップグラフで確認できます。

ESS セットアップのアウトライニング

JDBC ドライバーは、データアクセスチェーンの一部です。ネイティブODBC インテグレーションと比べ、MySQL リモーティングを使用するFileMaker Pro インテグレーションは、いくつかの追加コンポーネントがあります。この記事では、以下の各コンポーネントをFileMaker Pro にリンクする方法を示します。

  1. CData JDBC ドライバー
  2. (ドライバーに含まれている)CData MySQL Remoting デーモン
  3. ODBC ドライバーfor MySQL.

    Windows では、FileMaker Pro に、公式のMySQL ドライバーであるMySQL Connector\ODBC が要求されます。

    macOS では、Actual Technologies Open Databases ODBC ドライバーが要求されます。

  4. ODBC ドライバーマネジャー

    Windows では、ドライバーマネジャーが組み込まれています。macOS では、ODBC ドライバーをインストールする前に、ドライバーマネジャーをインストールする必要があります。iODBC ドライバーマネジャーをインストールしてください。

リモーティングデーモンを開始します

以下のステップに従って、MySQL Remoting 機能を有効にします。

  1. [Terminal]を開き、インストールフォルダのlib サブフォルダに変更します。

    $ cd "/Applications/CData/CData JDBC Driver for IBM Cloud Object Storage/lib"
  2. コマンドラインで構成ファイルまたは設定を指定し、MySQL デーモンを起動します。以下の例では、付属のサンプル構成ファイルを使用しています。

    $ java -jar cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.jar -f "cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.remoting.ini"

    Register a New Instance of Cloud Object Storage

    If you do not already have Cloud Object Storage in your IBM Cloud account, follow the procedure below to install an instance of SQL Query in your account:

    1. Log in to your IBM Cloud account.
    2. Navigate to the page, choose a name for your instance and click Create. You will be redirected to the instance of Cloud Object Storage you just created.

    Connecting using OAuth Authentication

    There are certain connection properties you need to set before you can connect. You can obtain these as follows:

    API Key

    To connect with IBM Cloud Object Storage, you need an API Key. You can obtain this as follows:

    1. Log in to your IBM Cloud account.
    2. Navigate to the Platform API Keys page.
    3. On the middle-right corner click "Create an IBM Cloud API Key" to create a new API Key.
    4. In the pop-up window, specify the API Key name and click "Create". Note the API Key as you can never access it again from the dashboard.

    Cloud Object Storage CRN

    If you have multiple accounts, you will need to specify the CloudObjectStorageCRN explicitly. To find the appropriate value, you can:

    • Query the Services view. This will list your IBM Cloud Object Storage instances along with the CRN for each.
    • Locate the CRN directly in IBM Cloud. To do so, navigate to your IBM Cloud Dashboard. In the Resource List, Under Storage, select your Cloud Object Storage resource to get its CRN.

    Connecting to Data

    You can now set the following to connect to data:

    • InitiateOAuth: Set this to GETANDREFRESH. You can use InitiateOAuth to avoid repeating the OAuth exchange and manually setting the OAuthAccessToken.
    • ApiKey: Set this to your API key which was noted during setup.
    • CloudObjectStorageCRN (Optional): Set this to the cloud object storage CRN you want to work with. While the connector attempts to retrieve this automatically, specifying this explicitly is recommended if you have more than Cloud Object Storage account.

    When you connect, the connector completes the OAuth process.

    1. Extracts the access token and authenticates requests.
    2. Saves OAuth values in OAuthSettingsLocation to be persisted across connections.

    リモーティングに使用できる接続プロパティおよびその他の構成オプションの詳細についてはヘルプドキュメントを参照してください。

DSN を作成する

IBM Cloud Object Storage に正常に接続し、MySQL デーモンを起動した後、MySQL ODBC データソースを作成します。 ODBC データソースを使用する場合は、DSN (data source name) で接続プロパティを指定します。

ODBC ドライバーとドライバーマネジャーをまだインストールしていない場合、[Outlining the ESS Setup]を参照してプラットフォームでサポートされているコンポーネントを確認してください。

macOS

以下のステップに従って、iOBC グラフィカル管理者ツールを使用します。

  1. ランチパッドで検索してiODBC を開きます。
  2. [System DSN]タブで[Add]をクリックし、[Actual Open Source Databases]を選択します。
  3. ウィザードを完了するには以下の情報を入力してください。
    • Name:[DSN]を入力
    • Server:[127.0.0.1]またはMySQL デーモンを実行しているマシンのアドレスを入力
    • Port:3306 のような、デーモンがリッスンしているポートを入力
    • Database:IBMCloudObjectStorage のように、デーモンの構成ファイルで指定されたデータベースの名前を入力
  4. [Test Connection]をクリックし、ダイアログに資格情報を入力します。

Windows

ODBC DSN を作成するために、ビルトインのMicrosoft ODBC Data Source Administrator を使用できます。

  1. [Control Panel]から[Set Up Data Sources (ODBC)]を選択すると、ODBC Data Source Administrator が表示されます。
  2. [System DSN]タブで[Add]をクリックし、[MySQL ODBC driver]を選択します。
  3. ウィザードを完了するには以下の情報を入力してください。
    • Name:[DSN]を入力
    • Server:[127.0.0.1]またはMySQL デーモンを実行しているマシンのアドレスを入力
    • Port:3306 のような、デーモンがリッスンしているポートを入力
    • Database:IBMCloudObjectStorage のように、デーモンの構成ファイルで指定されたデータベースの名前を入力
  4. [Test Connection]をクリックし、ダイアログに資格情報を入力します。

IBM Cloud Object Storage Shadow Tables を作成する

シャドウテーブルは外部SQLソースに存在しますが、関係グラフの追加、データの参照、レイアウトの作成など、FileMaker データベースの他のテーブルとほぼ同じように使用できます。

  1. [File]->[Manage]->[Database]と進みます。
  2. 表示されるダイアログの[Relationships]タブ[Table/Relationships]セクションで[Add a Table]ボタンをクリックします。
  3. [Data Source]メニューで、[Add ODBC Data Source]を選択し、前のセクションで作成したDSN を選択します。

DSN のユーザー名とパスワードを指定した後、IBM Cloud Object Storage テーブルをリレーショングラフに追加できます。 リモートMySQL データベースの場合と同じように[View]->[Browse Mode]とクリックすることで、IBM Cloud Object Storage をスクロール、並べ替え、および要約できるようになります。

 
 
ダウンロード