Tableau Server へのIBM Cloud Object Storage ダッシュボードの公開・パブリッシュ

CData ODBC driver for IBM Cloud Object Storage を使って、Tableau ダッシュボードにIBM Cloud Object Storage をデータ連携。

エンタープライズBI にIBM Cloud Object Storage 連携機能を追加しましょう。CData ODBC Driver for IBM Cloud Object Storage を使って、Tableau Server にIBM Cloud Object Storage データをリアルタイム連携して、ダッシュボードを公開。企業の他のメンバーに連携レポート・ダッシュボードを共有しましょう。

この記事では、クライアントおよびサーバーでのでのDSN の設定、IBM Cloud Object Storage のデータソースのTableau Server へのパブリッシュ、ワークブック全体のTableau Server へのパブリッシュまでの手順を説明します。データソースをパブリッシュすると、Tableau Server で更新可能なワークブックを新しく作成することができるようになります。

IBM Cloud Object Storage にODBC DSNとして接続を確立

Tableau Desktop でワークブックやデータソースを作成して、Tableau Server にワークブックやデータソースをパブリッシュするには、デスクトップとサーバーのそれぞれのマシンでDSN 設定を行う必要があります。両方のマシンで厳密に同じ名前のDSN を作成して接続する必要があります。以下がIBM Cloud Object Storage に接続するための情報です。Windows とLinux ODBC では設定に異なる点がありますので、ドキュメントを参照してください。

Register a New Instance of Cloud Object Storage

If you do not already have Cloud Object Storage in your IBM Cloud account, follow the procedure below to install an instance of SQL Query in your account:

  1. Log in to your IBM Cloud account.
  2. Navigate to the page, choose a name for your instance and click Create. You will be redirected to the instance of Cloud Object Storage you just created.

Connecting using OAuth Authentication

There are certain connection properties you need to set before you can connect. You can obtain these as follows:

API Key

To connect with IBM Cloud Object Storage, you need an API Key. You can obtain this as follows:

  1. Log in to your IBM Cloud account.
  2. Navigate to the Platform API Keys page.
  3. On the middle-right corner click "Create an IBM Cloud API Key" to create a new API Key.
  4. In the pop-up window, specify the API Key name and click "Create". Note the API Key as you can never access it again from the dashboard.

Cloud Object Storage CRN

If you have multiple accounts, you will need to specify the CloudObjectStorageCRN explicitly. To find the appropriate value, you can:

  • Query the Services view. This will list your IBM Cloud Object Storage instances along with the CRN for each.
  • Locate the CRN directly in IBM Cloud. To do so, navigate to your IBM Cloud Dashboard. In the Resource List, Under Storage, select your Cloud Object Storage resource to get its CRN.

Connecting to Data

You can now set the following to connect to data:

  • InitiateOAuth: Set this to GETANDREFRESH. You can use InitiateOAuth to avoid repeating the OAuth exchange and manually setting the OAuthAccessToken.
  • ApiKey: Set this to your API key which was noted during setup.
  • CloudObjectStorageCRN (Optional): Set this to the cloud object storage CRN you want to work with. While the connector attempts to retrieve this automatically, specifying this explicitly is recommended if you have more than Cloud Object Storage account.

When you connect, the connector completes the OAuth process.

  1. Extracts the access token and authenticates requests.
  2. Saves OAuth values in OAuthSettingsLocation to be persisted across connections.

DSN を設定する際には、Max Rows プロパティを設定することをお勧めします。これにより取得される行数が制限され、パフォーマンスを向上させます。

Windows

CData ODBC Driver for IBM Cloud Object Storage on Windows の場合は、DSN 設定はドライバーをインストールした後に行います。ドライバーをインストール語にDSN 設定画面が開きます。マイクロソフトのODBC データソースアドミニストレータから設定を行うことも可能です。

Linux

CData ODBC Driver for IBM Cloud Object Storage をLinux で利用する場合には、ドライバーのインストールでSystem DSN が事前定義されます。システムデータソースファイル(/etc/odbc.ini)を編集して、接続プロパティを入力することでDSN 設定を変更することができます。

/etc/odbc.ini

[CData IBMCloudObjectStorage Source] Driver = CData ODBC Driver for IBM Cloud Object Storage Description = My Description ApiKey = myApiKey CloudObjectStorageCRN = MyInstanceCRN Region = myRegion OAuthClientId = MyOAuthClientId OAuthClientSecret = myOAuthClientSecret

コンフィグレーションファイルの詳細設定については、製品ヘルプを参照してください。

IBM Cloud Object Storage データソースをTableau に公開

IBM Cloud Object Storage への接続を確立したら、Tableau でIBM Cloud Object Storage データソースをパブリッシュして、組織内のユーザーがIBM Cloud Object Storage データに連携するワークブックを作成して利用できるようにします。

Tableau 上でIBM Cloud Object Storage データソースを作成してパブリッシュする

  1. データソース画面で、その他のデータベース(ODBC) を選択します。システムDSN であるCData IBMCloudObjectStorage Sys を選択します。

    ドライバーのインストール時にシステムDSN とユーザーDSN を自動的に作成してくれます。Tableau Server では、システムDSN を使用します。

  2. [データベース]メニューでCData を選択します。
  3. [表]ボックスにテーブル名を入力、または[🔎]マーククリックして、テーブル一覧を表示させます。[新しいカスタムSQL]をクリックしてSQL クエリを入力することもできます。
  4. [データソース]ページで、テーブルをJOIN エリアにドラッグします。
  5. [サーバー]メニューで[ワークブックのパブリッシュ]-> (使用するデータソース)をクリックします。
  6. サーバーのURL を入力します。通常はTableau Server のuser name とpassword で認証します。次のような認証シナリオも可能です:
    • Tableau がKerberos を使用し、コンピューターに有効なActive Directory で接続している場合、Tableau がサーバーに接続します。
    • Tableau がSAML を使用する場合、外部プロバイダーのログインプロンプトが表示されます。
    • Tableau は、Active Directory の使用で設定されている場合、Windows username およびpassword を入力します。
  7. 次に、ダイアログにProject、Data Source や他のプロパティを入力します。スケジュール更新を設定する場合、Embedded Passsword を認証メニューで選択します。パブリッシュをクリックします。

これで、組織のユーザーがパブリッシュされたIBM Cloud Object Storage データソースのワークブックを作成して共有することができるようになりました。

ワークブックのデータ更新(リフレッシュ)

クライアントマシンであるTableau Desktop とサーバーマシンであるTableau Server システムDSN を設定すると、接続しているIBM Cloud Object Storage データソースをリフレッシュすることができます。Tableau Server のインターフェースで[データ]->[使用中のデータソース]->更新(Refresh)をクリックします。

Tableau Server でIBM Cloud Object Storage データに連携する完成したワークブックをパブリッシュする

特定の完成したワークブックを組織内で共有する場合、Tableau Desktop でワークブックを作成し、直接Tableau Server にパブリッシュすることができます。

  1. 上記の1-5 の手順で、IBM Cloud Object Storage に接続し、データを取得します。
  2. [サーバー]-> [サインイン]をクリックして、サーバーの接続を設定します。通常はTableau Server のuser name とpassword で認証します。次のような認証シナリオも可能です:
    • Tableau がKerberos を使用し、コンピューターに有効なActive Directory で接続している場合、Tableau がサーバーに接続します。
    • Tableau がSAML を使用する場合、外部プロバイダーのログインプロンプトが表示されます。
    • Tableau は、Active Directory の使用で設定されている場合、Windows username およびpassword を入力します。
  3. 選択されたデータに対しビジュアライズするディメンションおよびメジャー選択し、チャートやブラフでビジュアライズを行います。
  4. ワークブックが完成したら、[サーバー]-> [ワークブックのパブリッシュ]でTableau Server ににパブリッシュします。
  5. 次に、ダイアログにProject、Data Source や他のプロパティを入力します。スケジュール更新を設定する場合、Embedded Passsword を認証メニューで選択します。パブリッシュをクリックします。

これで組織内のユーザーTableau Server のパブリッシュされたワークブックを参照することができるようになります。

 
 
ダウンロード