IBM Cloud Object Storage データにTableau から連携してビジュアライズ

CData ODBC driver for IBM Cloud Object Storage は、Tableau ダッシュボードへのIBM Cloud Object Storage 連携を可能にします。



CData ODBC Driver for IBM Cloud Object Storage は、Tableau でライブIBM Cloud Object Storage へのアクセスを可能にします。IBM Cloud Object Storage のカラムをドラグ&ドロップするだけでTableau がクエリを自動生成し、IBM Cloud Object Storage にリクエストを出します。この記事ではIBM Cloud Object Storage をダッシュボードに統合します。

ダッシュボードに IBM Cloud Object Storage のDSN を追加

  1. 接続プロパティの指定がまだの場合は、DSN (データソース名)で行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。一般的な接続プロパティは以下のとおりです:

    • ApiKey
    • CloudObjectStorageCRN
    • Region
    • OAuthClientId
    • OAuthClientSecret

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

  2. [新しいデータソース]>[その他データベース(ODBC)]をクリックします。CData Data Source Name (DSN) を選択します;CData driver は64ビットおよび32ビットアプリケーションの両方をサポートしています。[接続]> [サインイン]を押します。

  3. [データベース]メニューでCData を選択します。
  4. [表]ボックスにテーブル名を入力、または[🔎]マーククリックして、テーブル一覧を表示させます。[新しいカスタムSQL]をクリックしてSQL クエリを入力することもできます。
  5. [データソース]ページで、テーブルをJOIN エリアにドラッグします。
  6. [接続]メニューで[ライブ]オプションをクリックします。コピーデータのTableau へのロードをスキップして、代わりにリアルタイムデータを扱うことができます。データビジュアライゼーションを作成するたびにTableau がIBM Cloud Object Storage にクエリを実行してデータを取得するよう[自動更新]をクリックします。カラムはデータの種類に応じてディメンションおよびメジャーとしてリストされます。
  7. シートのタブ上で、[ディメンション]ペインのカラムをダッシュボードにドロップします。ディメンションを選択すると、Tableau はドライバーにクエリをビルドします。ディメンションの値は自動的にグループ化されます。クエリはディメンションおよびメジャーを選択するたびに自動的に修正されます。

  8. [メジャー]フィールドのカラムを、[詳細]および[色]ボタンにドラッグします。メジャーを選択するとTableau はドライバーにコマンドを実行し、。

    例えば、Etag をKey で表すシンプルなチャートを作成するには、Tableau は次のクエリを実行します:

    SELECT Key, Etag FROM Objects WHERE Bucket = 'someBucket'
  9. ディメンションおよびメジャーを使った別のチャートを作成してSQL クエリを視覚的にビルドできます:

 
 
ダウンロード