Node.js でJira Data をMySQL データベースとしてクエリ

Node.js からJira data に対してMySQL としてクエリを実行します。

MySQL インターフェースを介してCData Cloud Hub を使用してJira data をクエリできます。以下の手順に従ってCloud Hub にJira の仮想データベースを作成し、Node.js を使用してクエリを開始します。

CData Cloud Hub は、Jira のMySQL インターフェースを提供し、ネイティブにサポートされているデータベースにデータを複製することなく、Node.js のライブJira data を簡単にクエリできるようにします。Node.js でデータをクエリすると、CData Cloud Hub はサポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)を直接Jira にプッシュし、サーバーサイドの処理を利用してJira data をすばやく返します。

Jira Data の仮想MySQL データベースを作成

You can use any MySQL client to connect to the CData Cloud Hub and create virtual databases.

  1. Connect to the CData Cloud Hub:
    mysql --host myinstance.cdatacloud.net --user admin --password
    
  2. Once authenticated, create the virtual database for Jira:
    mysql> CREATE DATABASE jiradb
        -> DRIVER = "Jira",
        -> DBURL = "User=admin;Password=123abc;Url=https://yoursitename.atlassian.net;";
    

With the virtual database created, you are ready to connect to Jira data from any MySQL client.

Node.js からJira をクエリ

The following example shows how to define a connection and execute queries to Jira with the MySQL module.You will need the following information:

  • Host name, or address, and port:The address of your instance of the Cloud Hub (myinstance.cdatacloud.net) and the port (3306)
  • Username and password:The username and password of a user you authorized on the Cloud Hub
  • Database name:The database you configured for Jira (jiradb)

Connect to Jira data and start executing queries with the code below:

var mysql      = require('mysql');
var fs         = require('fs');
var connection = mysql.createConnection({
  host     : 'myinstance.cdatacloud.net',
  database : 'jiradb',
  port	   :'3306',
  user     : 'admin',
  password : 'password',
  ssl      : {
    ca : fs.readFileSync('C:/certs/myCA.pem')
  }
});
connection.connect();
connection.query('SELECT * FROM Issues', function(err, rows, fields) {
  if (err) throw err;
  console.log(rows);
});

connection.end();
 
 
ダウンロード