Amazon QuickSight でJSON データに連携するインタラクティブなダッシュボードを作成

CData Connect Cloud を使ってJSON データの仮想MySQL エンドポイントを作成して、Amazon QuickSight SPICE からJSON データを使ったインタラクティブダッシュボードを作成する方法。

Amazon QuickSight は、クラウド上でユーザーがインタラクティブなダッシュボードを作成できるサービスです。Amazon QuickSight とCData Connect Cloud を一緒に使うことで、簡単にJSON データに連携するビジュアライズ、ダッシュボードを作成することができます。この記事では、Connect Cloud を経由してAmazon QuickSight からJSON に連携するダッシュボードを作成する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、JSON データのクラウドto クラウドの仮想MySQL インターフェースを提供し、Amazon QuickSight からリアルタイムJSON データに連携することができます。Amazon QuickSight SPICE(Super-fast、Parallel、In-memory Calculation Engine)に簡単にJSON データをインポートすることで、レスポンシブなダッシュボードをAmazon エコシステムを使って作成することができます。SPICE に保存されたデータはスケジュールで更新可能で常にアップデートされたデータを保持することができます。

JSON の仮想MySQL データベースを作成

CData Connect Cloud は、直観的なPoint-and-click インターフェースでデータソースへの接続およびAPI エンドポイント作成を行います。

  1. Connect Cloud にログインして、Databases をクリックします。
  2. 利用できるデータソースアイコンから"JSON" を選択します。
  3. JSON に接続するために必要なプロパティを入力します。

    データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

    DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

    • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
    • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
    • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

    リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

  4. Test Database をクリックします。
  5. Privileges -> Add をクリックして、新しいユーザーを追加し、適切な権限を指定します。

これで、JSON の仮想データベースが作成でき、Amazon QuickSight からのビジュアライズが可能になりました。

SPICE にJSON データをインポートして、インタラクティブダッシュボードを作成

次の手順で、JSON の仮想データベースをCData Connedct Cloud に作成し、SPICE にデータをインポートしてビジュアライズを作成します。

  1. Amazon QuickSight にログインして "Manage data" をクリックします。
  2. 新しいデータセットをクリックし、MySQL をデータソースとして選択します。CData Connect Cloud のインスタンスの接続情報を入力していきます。「接続を検証」をクリックして接続をテストし、問題がなければ「データソースを作成」をクリックして接続を確立します。
  3. テーブルの選択画面で、ビジュアライズで利用するテーブルを選択します。「選択」をクリックしてテーブルを確定させます。
  4. データの取り込みのオプションで、インポートかデータクエリを直接実行するかをチェックします。
  5. 「Visualize」ボタンを押して、データをロードします。
  6. フィールドとタイプを選択してビジュアライズを作成します。

SPICE データセットの更新をスケジューリングする

QuickSight では、SPICE にデータをインポートする間隔をスケジュールすることが可能で、分析字に絶えず最新のデータを使うことができます。

  1. QuickSight のホームからはじめます。
  2. "Manage data" をクリック。
  3. データのリフレッシュを行うデータセットを選択します。
  4. Schedule refresh をクリックします。
  5. タイムゾーン、頻度、開始時などのリフレッシュの設定を行い、Create をクリックします。

クラウドアプリケーションからJSON データにSQL アクセスを実現

このようにAmazon QuickSight からJSON データにクラウド-to-クラウドでの連携ができました。これで簡単にビジュアライズ、やダッシュボード作成が可能です。他にも多くのSaaS に対応するCData Connect Cloud の詳細をConnect Cloud からご覧ください。

 
 
ダウンロード