今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for JSON を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Connect to JSON Services in IntelliJ

Integrate connectivity to JSON services with wizards in IntelliJ.

The CData JDBC Driver for JSON enables you to access JSON as a JDBC data source, providing integration with rapid development tools in IDEs. This article shows how to use the data source configuration wizard to connect to JSON services in IntelliJ.

Create a JBDC Data Source for JSON

Follow the steps below to add the driver JAR and define connection properties required to connect to JSON services.

  1. In the Data Sources window, right-click and then click Add Data Source -> DB Data Source.
  2. In the Data Source Properties dialog that appears, the following properties are required:

    • JDBC Driver Files: Click the button next to this menu to add the JDBC Driver file cdata.jdbc.json.jar, located in the installation directory.
    • JDBC Driver Class: In this menu, select cdata.jdbc.json.JSONDriver from the list.
    • Database URL: Enter the connection URL in the JDBC URL property. The URL must start with jdbc:json: and includes connection properties separated with semicolons.

      データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

      URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

      DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

      • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
      • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
      • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

      リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

      Built-in Connection String Designer

      For assistance in constructing the JDBC URL, use the connection string designer built into the JSON JDBC Driver. Either double-click the JAR file or execute the jar file from the command-line.

      java -jar cdata.jdbc.json.jar

      Fill in the connection properties and copy the connection string to the clipboard.

      A typical JDBC URL is the following:

      jdbc:json:URI=C:\people.json;DataModel=Relational;

Edit and Save JSON Services

To discover schema information, right-click the data source you just created and click Refresh Tables. To query a table, right-click it and then click Open Tables Editor. You can also modify records in the Table Editor.

 
 
ダウンロード