今すぐお試しください!

製品の詳細JSON PowerShell Cmdlets を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

JSON Services をMySQL にレプリケーションするPowerShell スクリプト

PowerShell でシンプルなスクリプトを記述し、JSON services をMySQL データベースにレプリケーション(複製)。

CData Cmdlets for JSON をつかって、PowerShell からリアルタイムJSON services に連携できます。データ同期などのタスクの連携にぴったりの製品です。 本記事では、PowerShell からCData Cmdlets for JSON およびCData Cmdlets for MySQL を使って、同期スクリプトを作成して実行します。

After obtaining the needed connection properties, accessing JSON services in PowerShell and preparing for replication consists of four basic steps.

データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

  • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
  • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
  • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

Collecting JSON Services

  1. Install the module:

    Install-Module JSONCmdlets
  2. Connect to JSON:

    $json = Connect-JSON -URI $URI -DataModel $DataModel
  3. Retrieve the data from a specific resource:

    $data = Select-JSON -Connection $json -Table "people"

    You can also use the Invoke-JSON cmdlet to execute pure SQL-92 statements:

    $data = Invoke-JSON -Connection $json -Query 'SELECT * FROM people WHERE [ personal.name.last ] = @[ personal.name.last ]' -Params @{'@[ personal.name.last ]'='Roberts'}
  4. Save a list of the column names from the returned data.

    $columns = ($data | Get-Member -MemberType NoteProperty | Select-Object -Property Name).Name

Inserting JSON Services into the MySQL Database

With the data and column names collected, you are ready to replicate the data into a MySQL database.

  1. Install the module:

    Install-Module MySQLCmdlets
  2. Connect to MySQL, using the server address and port of the MySQL server, valid user credentials, and a specific database with the table in which the data will be replicated:

    $mysql = Connect-MySQL -User $User -Password $Password -Database $Database -Server $Server -Port $Port
  3. Loop through the JSON services, store the values, and use the Add-MySQL cmdlet to insert the data into the MySQL database, one row at a time. In this example, the table will need to have the same name as the JSON resource (people) and to exist in the database.

    $data | % { $row = $_ $values = @() $columns | % { $col = $_ $values += $row.$($col) } Add-MySQL -Connection $mysql -Table "people" -Columns $columns -Values $values }

You have now replicated your JSON services to a MySQL database. This gives you freedom to work with JSON services in the same way that you work with other MySQL tables, whether that is performing analytics, building reports, or other business functions.

Notes

  • Once you have connected to JSON and MySQL in PowerShell, you can pipe command results to perform the replication in a single line:

    Select-JSON -Connection $json -Table "people" | % { $row = $_ $values = @() $columns | % { $col = $_ $values += $row.$($col) } Add-MySQL -Connection $mysql -Table "people" -Columns $columns -Values $values }
  • If you wish to replicate the JSON services to another database using another PowerShell module, you will want to exclude the Columns, Connection, and Table columns from the data returned by the Select-JSON cmdlet since those columns are used to help pipe data from one CData cmdlet to another:

    $columns = ($data | Get-Member -MemberType NoteProperty | Select-Object -Property Name).Name | ? {$_ -NotIn @('Columns','Connection','Table')}
 
 
ダウンロード