MailChimp データに連携しTalend からデータに接続

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

MailChimp JDBC Driver

MailChimp への双方向連携により、MailChimp 内のデータの検索、更新があらゆるJava/J2EE アプリケーションから可能に。



MailChimp をTalend Open Studio の標準コンポーネントおよびデータソース設定ウィザードに統合。



この記事では、Talend で簡単にCData JDBC driver for MailChimp をワークフローに統合してMailChimp データ連携する方法を説明します。ここではCData JDBC Driver for MailChimp を使ってTalend でMailChimp をジョブフローに転送します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

JDBC データソースとしてTalend でMailChimp に接続

下記の手順に従って、MailChimp にJDBC 接続を確立します:

  1. MailChimp を新しいデータベース接続を追加:新しく接続を追加するには、[Metadata]ノードを展開し[Db Connections]ノードを右クリックして[Create Connection]をクリックします。
  2. ウィザードが表示されたら、接続に名前を入力します。
  3. 次のページで、[DB Type]メニューから[Generic JDBC]を選択してJDBC URL を入力します。

    APIKey をアカウント設定で生成したキーに設定するか、APIKey を提供する代わりにOAuth 標準を使用してアプリケーションを認証できます。OAuth を使用すると、他のユーザーが自身のデータにアクセスできるようになります。OAuth を使って認証するには、MailChimp にアプリを登録してOAuthClientId、OAuthClientSecret、およびCallbackURL を取得する必要があります。

    OAuth の使用については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    以下は一般的なJDBC URL です:

    jdbc:mailchimp:APIKey=myAPIKey;
  4. インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあるcdata.jdbc.mailchimp.jar ファイルへのパスを入力します。
  5. 接続を右クリックして[Retrieve Schema]をクリックします。
  6. デフォルトオプションで[Next]をクリックしインポートしたいテーブルを選択します。
  7. デフォルトオプションでウィザードを終了します。

Lists テーブルをフラットファイルに出力

下記の手順に従って、Lists テーブルをフラットファイル出力コンポーネントに転送します:

  1. [Table Schemas]ノードで、テーブルをワークスペース内にドラッグします。
  2. ダイアログが表示されたら[tJDBCInput]コンポーネントを選択します。
  3. 次に、[tFileOutputDelimited]コンポーネントをPalette の[Business Intelligence]タブからワークスペース内にドラッグします。
  4. Lists tJDBCInput コンポーネントを右クリックしてベクタを出力ファイルにドラッグします。

プロジェクトを実行してデータを転送します。