製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細情報はこちら。無償トライアルはこちら:

  無償トライアル

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Google スプレッドシートからVeeva ライブデータに接続


CData Connect Cloud を使ってGoogle スプレッドシートからVeeva ライブデータに接続します。


veeva ロゴ画像
cloud ロゴ画像

Connect Cloud

Google Sheets ロゴ画像

Google スプレッドシートは、Web ベースのブラウザ上で動作する表計算アプリです。CData Connect Cloud と組み合わせることで、Google スプレッドシートからVeeva データに即座にアクセスし、分析、共有、表計算などの用途に使用できます。この記事では、Connect Cloud でVeeva に接続し、Google スプレッドシートでVeeva データにアクセスする方法を説明します。

CData Connect Cloud は、Veeva にクラウドインターフェースを提供し、Google スプレッドシートからVeeva ライブデータへのアクセスを簡単に実現します。パートナー認定済みのConnect Cloud アドオンを使用するだけでクエリを生成でき、自分でカスタムクエリを書くこともできます。CData Connect Cloud は最適化されたデータ処理を使用して、サポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をVeeva に直接発行し、サーバー側の処理を利用してVeeva データを高速で返します。

以下のステップでは、CData Connect Cloud のインスタンスが必要になります。まずは、こちらからConnect Cloud の無償トライアルにサインアップしてください。


Connect Cloud からVeeva への接続

CData Connect Cloud では、直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 コネクションの追加
  2. 「Add Connection」パネルから「Veeva」を選択します。 データソースの選択
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Veeva に接続します。

    次の接続プロパティを指定後、接続できます。

    • Url:アカウントにログイン後のURL で確認できるホスト。例えば、 https://my-veeva-domain.veevavault.com
    • User:アカウントへのログインに使用するユーザー名。
    • Password:アカウントへのログインに使用するパスワード。
    接続の設定(Salesforce の表示)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. 「Add Veeva Connection」ページの「Permissions」タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 権限を更新

コネクションの設定が完了したら、Google スプレッドシートからVeeva データへの接続準備ができました。

Veeva ライブデータにGoogle スプレッドシートからアクセス

以下のステップでは、Google スプレッドシートからCData Connect Cloud に接続して新しいVeeva データソースを作成する方法を説明します。

  1. Google スプレッドシートにログインして、新しいシートを作成、または既存のシートを開きます。
  2. 「拡張機能」をクリックして「アドオン」 -> 「アドオンを取得」と進みます(すでにアドオンをインストールしている場合は、ステップ5に進んでください)。
  3. CData Connect Cloud アドオンを検索してインストールします。 アドオンのインストール
  4. アドオンにアクセスを許可します。 アドオンにアクセスを許可
  5. Google スプレッドシートに戻って、「拡張機能」をクリックしてCData Connect Cloud アドオンを開きます。 アドオンを開く
  6. アドオンのパネルで、「Authorize」をクリックしてご利用のCData Connect Cloud インスタンスを認証します。 CData Connect Cloud を認証
  7. Google スプレッドシートのCData Connect Cloud パネルで「IMPORT」をクリックします。 Google スプレッドシートのCData Connect Cloud パネル
  8. コネクション(例:VeevaVault1)、テーブル(例:NorthwindProducts)、カラムを選択してインポートします。 コネクション、テーブル、カラムを選択
  9. オプションでFilters(フィルタ)、Sorting(ソート)、Limit(取得数制限)の設定を追加することもできます。 Filters, Sorting, Limits
  10. 「Execute」をクリックしてデータをインポートします。

クラウドアプリケーションからVeeva データへのライブアクセス

以上で、Google スプレッドシートワークブックからVeeva ライブデータへのクラウド接続が実現します。データをさらに追加して表計算、集計、共有などの用途に使用できます。

インポートしたデータ(Salesforce の場合)

クラウドアプリケーションから直接100を超えるSaaS 、ビッグデータ、NoSQL データソースへのリアルタイムデータアクセスを実現するには、CData Connect Cloud の30日間無償トライアルをぜひお試しください。