最近の投稿



  • CData Drivers は何をするソフトウェア?

    by 疋田 圭介 | September 05, 2016

    CData Driverは、SaaS(Software as a Service)を中心としたアプリケーション、データベース、Web API をデータソースとして、 他のアプリケーションやツールでデータを利用することを実現するデータドライバーです。この記事では、簡単にCData Driverの役割を説明します。 API 連携のニーズの高まり 現在企業では、多くの異なるアプリケーション、DBが業務に利用されています。そして多くの企業では、自社のカスタム業務システム、オンプレパッケージシステム、 クラウドでサービスとして提供されるSaas を組み合わせて使っています。 企業には、それらの複数のア... [read more]


  • API とは?

    by 疋田 圭介 | September 04, 2016

    API という言葉は、以前から聞かれます。ODBC、JDBC が出てきた頃から、エンジニアの方には馴染みのある言葉だったと思います。 「API=Application Programming Interface が正式な名前です。今回はAPI でも「Web API」 について説明します。 JDBC, ODBC などのRDB のAPI については別の記事で説明します。 API とはアプリケーションとアプリケーションの間でデータをやり取りする方法です。皆さんはすでにいろいろなところでAPI を利用しています。 モバイルを中心としたアプリケーションの地図情報の多くは、自分では地図情報を持たずGoo... [read more]


  • Data Sync: どっちを使う、ドライバーでのリアルタイム接続とData Sync?

    by 疋田 圭介 | August 10, 2016

    CData から新しく CData Data Sync 製品がリリースされました。Data Sync は、SalesforceやDynamicsCRM と いったSaas データを慣れ親しんだオンプレのDB にレプリケーション(複製)が簡単に行えるサーバーアプリケーションです。 しかし、これまでのCData 製品をご存知のお客様には、「なんですでにCData のODBC、JDBC、ADO.NET のドライバーで リアルタイムにデータ連携できるのに、わざわざレプリケーションするの?」という質問を頂きそうな予感です。先回りして 回答しますと、ドライバーでリアルタイム連携すべきか、レプリケーション... [read more]


  • JSON やXML データをドライバーでJDBC, ODBC, ADO.NET で利用する方法

    by 疋田 圭介 | August 10, 2016

    多くのモダンデータストアはJSON かXML ベースのWeb API を通じて利用されます。すでに長く使われてスタンダートとして安定しているフォーマットです。 ただし、カスタム業務システムや帳票・BI などの各種ツールでは、RDB を基本としたデータソース・フォーマットにしか対応していないというケースが多いのではないでしょうか? 今後も使っていくシステムではあるけれど、改修を行うのにもコストがかかるし、エンジニアもJSON の修得には時間が。そんなとき頼りになるCData のJDBC, ODBC, ADO.NET ドライバーですが、生憎自分が使いたいWeb API のドライバーが製品化されて... [read more]


  • API の替わりにADO.NET を使う理由

    by 疋田 圭介 | August 05, 2016

    Software as a Service (SaaS)として提供される Salesforce, やGoogleApps のようなCRM、グループウェア、ERP システムは とても便利、パワフル、かつユニークであり、会計、タスク管理、リード管理、その他の社内業務ニーズに的確に応えてくれます。 しかし、業務データはそれぞれのSaas の中に閉じているだけでなく、他の業務システムからアクセスすることが必要な場合が 多くあります。いえ、ほぼすべての業務アプリケーション・ツール同士はつながる必要があるのです。 そんなニーズに応えるべく多くのSaas にはREST, ODATA, JSON などのAP... [read more]


 
 
ダウンロード