Ready to get started?

Learn more about the CData ADO.NET Provider for Azure Management or download a free trial:

Download Now

Visual Studio でチャートコントロールと Azure Management Dataをデータバインド

標準ADO.NET プロシージャを使ってデータバインドして、Visual Studio ツールボックスのコントロールから Azure Management data との双方向接続を実現。この記事ではVisual Studio のグラフィカルアプローチと、ほんの数行のコードでデータバインドをする方法を説明します。

データバインドによって、UI コントロールからデータに接続できます。 CData ADO.NET Provider for Azure Management を使って、Visual Studio 上でWindows Forms およびWeb Forms とAzure Management data をデータバインドできます。この記事で、Azure Management data を、ウィザードから変更をライブで反映するチャートにデータバインドする方法を説明します。 Code Walk-through セクションではチャートはほんの10行のコードで作成します。

チャートへのデータバインド

データバインドは3つのステップから構成されます;コントロールのインスタンス作成、データソースの設定、データバインドです。

接続を設定してデータベースオブジェクトを選択

下の手続きにより、データソース構成ウィザードを使ってチャートコントロールとAzure Management との接続を作成します。ウィザード上でデータバインドをするAzure Management エンティティを使います。

  1. Windows Forms プロジェクトでは、チャートコントロールをツールボックスからフォーム上にドラグ&ドロップします。チャートプロパティのデータセクションで DataSource を選択し、メニューからプロジェクトデータソースの追加を選択します。
  2. 出てくるデータソース構成ウィザードでデータベース -> データセットを選択します。
  3. データ接続ステップで、「新しい接続」をクリックします。
  4. データ接続の選択ダイアログで、「変更」をクリックして、CData Azure Management データソースを選択して、接続プロパティを入力します。下は代表的な接続文字列ですです。:

    Azure Data Management uses the OAuth 2 authentication standard. See the Getting Started section of the CData driver documentation for a guide.

  5. 使用するデータソースオブジェクトを選択します。例は Subscriptions テーブルです。

DataBind

データソースの追加とデータベースオブジェクトを選択したら、チャートにオブジェクトをバインドします。この例では、X軸に DisplayName をY軸に AuthorizationSource を設定します。

  1. チャートプロパティで、Series プロパティをクリックし、Series コレクション エディター を開きます。
  2. Series プロパティでX軸、Y軸に設定するカラムを選択します:XValueMember および YValueMember プロパティにメニューからカラムを選びます。

チャートはこれでAzure Management data にデータバインドされました。チャートを実行して最新のデータを表示させましょう。

コード Walk-through

Azure Management data へのデータバインドはほんの数行のコードのみが必要で、3つの簡単なステップで完了できます。

  1. Azure Management に接続します。
  2. AzureDataManagementDataAdapter を作成して、クエリを作成し、結果を入れるデータセットを作成します。
  3. 結果セットとチャートをデータバインドします。

下に完全なコードを示します:

AzureDataManagementConnection conn = new AzureDataManagementConnection(""); AzureDataManagementCommand comm = new AzureDataManagementCommand("SELECT DisplayName, AuthorizationSource FROM Subscriptions", conn); AzureDataManagementDataAdapter da = new AzureDataManagementDataAdapter(comm); DataSet dataset = new DataSet(); da.Fill(dataset); chart1.DataSource = dataset; chart1.Series[0].XValueMember = "DisplayName"; chart1.Series[0].YValueMembers = "AuthorizationSource"; // Insert code for additional chart formatting here. chart1.DataBind();
 
 
ダウンロード