ラグジュアリーホテルの海外展開をサポートするIT インフラにASTERIA Warp + QuickBooks JDBC Driver を採用

不確定要素の高いグローバル業務管理・管理会計基盤を自社開発で構築

日本でも有数のラグジュアリーホテルを運営している星野リゾートでは、海外展開にあたり、ASTERIA Warp + JDBC Drivers for QuickBooks Online を導入してオペレーションを管理するシステムのグローバル対応を自社開発で実現しました。10数年にわたり高度なオペレーションの品質や効率化を目指して改良を重ねてきたホテル業務管理や管理会計の基盤は星野リゾートを支える隠れた強みです。海外拠点である台湾台中の「星のや グーグァン」やインドネシアの「星のや バリ」の業務に星野リゾートの高度な業務管理・管理会計を適用するために同システムの海外対応版を開発されました。


Challenges:

  • 自社構築した業務管理・管理会計システムのグローバル版の開発
  • 日本のETL ツールでスピーディな開発
  • QuickBooks のアダプタ作成

Solutions:

  • QuickBooks、ASTERIA Warp、kintone、Tableau でシステムをデザイン
  • CData のQuickBooks Driver をアダプタとして使用し、プロジェクト生産性、管理性を向上

本プロジェクトを主導されたグループ情報システム部の久本様と梶原様にお話を伺いました。

インタビューの詳細はこちらの詳細インタビュー記事をご覧ください。

Q: 星野リゾート様がQuickBooks のドライバーを使うプロジェクトをされた背景を教えてください。

久本氏: 直接の背景としては星野リゾートが海外展開を始めたことです。弊社の基幹システムはすでに十数年をかけて自社開発で高度化を進めてきました。実は日本のホテル・旅館業界って、すごく生産性が悪いんです。アメリカを100としたら生産性は20とも言われています。フロント、レストラン、清掃といった具合に人員がタスクで固定化されていて、一日のなかで忙しい時間はわずかであとは人が余っている。そこで顧客満足度と生産性の両立を目指し、従業員のマルチタスク化とタスクベースでの経費賦課(ABC 管理会計)を行っています。このような取り組みをしている日本のホテルはなかったので、当然システムは自社開発です。この業務システムは星野リゾートがサービス業のトヨタを目指す上で重要なシステムとなっています。当然、海外展開でも同じ業務システムで管理が必要なので、ホテル業務システムのグローバル化の取り組みが始まりました。

Q: グローバル基幹システムプロジェクトのネックは?

久本氏: 台湾やインドネシアの会計ソフトはローカル会計システムですし、労務管理も日本のものを持ち込むことはできなかったので、グローバル向けには新しい業務システムが必要になりました。しかし海外の会計・労務業務に要求されるそれぞれの国の細かな要件は全くわからなかったのです。近年はAWS、kintone、ASTERIA Warp、Tabelau など便利なツール群が出てきていますので、ツールを最大限に生かす方向でシステムをデザインし、要求の変化に対応できるようにしました。国内で使っていたカスタムの業務管理システムはkintone でリプレース、多通貨の仕訳明細を入れるプラットフォームにはQuickBooks を採用、ロジック部分はASTERIA を採用することが決まりました。ここで国産のETL ツールであるASTERIA と海外の会計ソフトであるQuickBooks との間の連携が問題になりました。社内でQuickBooks API をゴリゴリとASTERIA で使えるようにするスクリプトを書いてもよかったのですが、アダプタがあれば開発効率がぐっと上がります。そこでアステリア社と資本提携しているCData 社がASTERIA で利用できるQuickBooks アダプタを提供していると知り、導入に至りました。

Q: 実際にCData JDBC Driver for QuickBooks を使われた感想は?

梶原氏: ASTERIA Warpからのドライバーの利用については、CData の日本人のエンジニアにサポートいただき、スムーズに使い始めることができました。RDB コンポーネントとして普通にSQL でCRUD できるので外部アダプタを使っているという感じはないです。ASTERIA Warpを使ってコスト賦課した仕訳明細をQuickBooks の明細に書き込む処理、QuickBooks のデータを取得して Tableauに流す処理の両方を実装しました。QuickBooks の細かい明細までテーブルとしてASTERIA Warpから扱えるので助かりました。アステリア社とCData が協業関係にあることも導入における将来を考えた際の安心感になりました。今後も海外展開が増えていくであろう中で、多くの海外製品のドライバーを保有するCData の存在は重要です。

記事PDF

Get started with CData today