BI & レポーティングに最適

ODBC、JDBC、ADO.NET などに対応した標準ベースのドライバー

CData の連携ツールはアナリティクスとAI の新時代に対応しています。現代のユーザーは大規模データを高速で取得・処理できるツールを求めており、CData のドライバーは大規模データを扱うレポーティングや分析業務に最適化されています。 CData のドライバーは次の機能を実装しています。


高度な動的メタデータ検出

CData のドライバーが標準規格に基づいてメタデータ情報を取得するので、Power BI のようなBI ツールはデータフィールドをテキスト、数値、場所、日時データなどとして認識することができ、実用的なチャートやレポートの生成が簡単になります。

  • サーバー側の機能とインテリジェントな行スキャンを活用してデータ型を検出。
  • 非構造化データをパースしてカラム名やデータ型を識別。
  • 外部キーや親子構造に基づいて既存のリレーションを表現。

動的メタデータ検出機能がPower BI のようなツールでどのようにデータ検出を促進するのか、こちらでご確認ください。

Power BI でGoogle BigQuery のデータを扱う



複雑なクエリに対応

アナリティクス、レポーティング、ETL ツールでは、ユーザーは複雑なSQL クエリを発行してビジュアライゼーションやレポーティング用のカスタムデータセットを作成できます。 CData のドライバーは、データソース側でサポートされているSQL 操作はデータソースに発行し、サポートされていない操作はクライアント側で処理することが可能な組み込みSQL エンジンが含まれます。

  • SQL-92 準拠の処理や句を使い、複雑なクエリを発行。
  • サポートされている操作にはサーバー側でのデータ処理を活用。
  • 新規のリレーションやカスタムデータセットを作成。

CData Salesforce Drivers をQlikView のようなBI ツールで有効活用する方法はこちら。

QlikView でSalesforce データを扱う



ハイパフォーマンスなデータ取得

最適化されたソケットレベル処理と圧縮機能によって、CData のドライバーは最高のデータ接続体験を提供します。Tableau のようなライブデータへの接続が可能なツールでは、CData ドライバーはリアルタイムの分析とレポーティングが可能です。

  • 最高のデータ処理機能でリアルタイムアナリティクスを強化。
  • サーバー側のページングやバルク機能を活用してデータを最速でリクエスト。
  • ソース毎に特定の書き込み機能を活用して素早い挿入と更新を実現。

詳しくは、次のナレッジベース記事とYouTube 動画をご覧ください。




あらゆるツールから使用可能

ODBC、JDBC、& ADO.NET は、アプリケーションをデータに接続するインターフェースとして広範にサポートされています。CData のドライバーは次のツールでシームレスに使用できます。

  •   Aqua Data Studio
  •   Clover ETL
  •   ColdFusion
  •   Crystal Reports
  •   DBeaver
  •   Cognos BI
  •   Crystal Reports
  •   FileMaker Pro
  •   FoxPro
  •   Microsoft Access
  •   DbVisualizer
  •   IBM WebSphere
  •   Informatica
  •   IntelliJ
  •   JBoss
  •   Microsoft Excel
  •   MicroStrategy
  •   Oracle DB
  •   Power Map
  •   Power Pivot
  •   Jetty
  •   NetBeans IDE
  •   Oracle WebLogic
  •   RazorSQL
  •   QlikView
  •   SAP Business Objects
  •   SharePoint Services
  •   Sisense
  •   Tableau
  •   など...