製品をチェック

Adobe Analytics ODBC Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 30日間の無償トライアルへ

製品の詳細

Adobe Analytics アイコン Adobe Analytics ODBC Driver 相談したい

Adobe Analytics ODBC Driver で、ODBC 接続をサポートするあらゆるツール・アプリケーションからAdobe Analytics にデータ連携が可能になります。

標準ODBC Driver インターフェースでAdobe Analytics のMetrics、Users、Reports、Segments を仮想RDB としてSQL でアクセス。

RPA ツールPower Automate Desktop からAdobe Analytics データに接続する方法(CSV ファイルの生成自動化)

ODBC Driver 経由でPower Automate Desktop からAdobe Analytics データを利用可能に

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2023-09-07
adobeanalytics ロゴ

CData

odbc ロゴ画像
Power Automate ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

Power Automate Desktop は、さまざまなファイルやサービスの処理を自動化できるMicrosoft のRPA サービスです。Power Automate Desktop をCData ODBC ドライバと組み合わせることで、ネイティブではサポートされていない多くのSaaS / クラウドDB のデータを扱えます。この記事ではCData ODBC Driver for AdobeAnalytics を使って、Power Automate Desktop からAdobe Analytics データを使えるようにします。サンプルとしてAdobe Analytics データから特定のテーブルを選んで自動でCSV ファイルを生成します。

CData ODBC ドライバとは?

CData ODBC ドライバは、以下のような特徴を持った製品です。

  1. Adobe Analytics をはじめとする、CRM、MA、会計ツールなど多様なカテゴリの270種類以上のSaaS / オンプレデータソースに対応
  2. Power Automate Desktop をはじめとする多様な自動化ツールやノーコードアプリ、BI ツールにAdobe Analytics データを連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定

CData ODBC ドライバでは、1.データソースとしてAdobe Analytics の接続を設定、2.Power Automate 側でODBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData ODBC ドライバのインストールとAdobe Analytics への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからAdobeAnalytics ODBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

ODBC ドライバーのインストール完了時にODBC DSN 設定画面が立ち上がります。「Microsoft ODBC データソースアドミニストレーター」を開いて設定を行うことも可能です。

Adobe Analytics はOAuth 認証標準を利用しています。 OAuth 統合またはサービスアカウント統合で認証できます。OAuth を使って認証するには、アプリケーションを作成してOAuthClientId、OAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティを取得しなければなりません。認証方法については、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

GlobalCompanyIdの取得

GlobalCompanyId は必須の接続プロパティです。Global Company ID がわからない場合は、Swagger UI のusers/me エンドポイントのリクエストURL で見つけることができます。Swagger UI にログインした後、ユーザーエンドポイントを展開し、「GET users/me」ボタンをクリックします。「Try it out」ボタンと「Execute」ボタンをクリックします。リクエストURL のusers/me エンドポイントの直前に表示されるGlobal Company ID をメモします。

Report Suite Id の取得

Report Suite ID (RSID)は必須の接続プロパティです。Adobe Analytics UI で、「管理者」->「レポートスイート」に進むと、名前の横にある識別子とともにレポートスイートのリストが表示されます。

GlobalCompanyId、RSID、およびOAuth 接続プロパティを設定して、Adobe Analytics に接続してください。

Power Automate Desktop では、設定したAdobe Analytics のDSN 名のほかに、使用するテーブル名が必要です。テーブル名は、ODBC DSN 構成画面の「テーブル」タブで確認可能です。使うテーブルもしくはビューの名前をコピーして控えておくとよいでしょう。

Power Automate Desktop でAdobe Analytics データを利用するフローを作成

Power Automate Desktop でフローを作成していきます。Power Automate Desktop を立ち上げて、「新しいフロー」をクリックします。任意のフロー名を入力して、新規のフローを作成します。

以下の順番でフローを作成していきます。

SQL 接続の設定

Power Automate Desktop から、CData ODBC ドライバでAdobe Analytics に接続する場合にはデータベース接続のアクションを使います。まず最初に「SQL 接続を開く」アクションを配置して、先ほど設定したODBC DSN への接続設定を行います。

「SQL 接続を開く」の設定画面で、Adobe Analytics のDSN を「DSN= CData AdobeAnalytics Source;」の形で指定します。

SQL ステートメントの実行

続いてデータを取得するクエリを実行するために「SQL ステートメントの実行」を配置します。設定画面に以下を設定します。

  • 接続の取得方法:SQL 接続変数
  • SQL 接続:%SQLConnection%
  • SQL ステートメント:SELECT * FROM AdsReport
  • タイムアウト:任意

これでSQL でAdobe Analytics にクエリをすることができます。豊富なSQL の設定が可能です。

CSV ファイルの生成

この例では、取得したAdobe Analytics データをCSV ファイルとして保存します。では、CSVファイルの生成アクションを設定します。アクションから「CSV ファイルに書き込みます」を配置します。

取得したアプリのデータが格納されている「%QueryResult%」を書き込む変数に指定します。生成先のファイルパスを指定します。列名を含めたい場合には「Advanced」の「列名を含めます」にチェックを入れます。

SQL 接続を閉じる

最後に、接続したODBC 接続をクローズします。「SQL接続を閉じる」をフローに配置します。

閉じるコネクションを指定して保存します。

これで、Adobe Analytics データをCSV に保存するPower Automate フローが完成しました。実行ボタンを押してオートメーションを実行しましょう。

Adobe Analytics からPower Automate へのデータ連携には、ぜひCData ODBC ドライバをご利用ください

このようにCData ODBC ドライバと併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL データをPower Automate Desktop からコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

日本のユーザー向けにCData ODBC ドライバは、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。