今すぐお試しください!

製品の詳細Airtable PowerShell Cmdlets を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

PowerShell でAirtable Data データをCSV に落としてみた

標準PowerShell cmdlets を使ってAirtable テーブルにアクセス。

CData Cmdlets Module for Airtable は、直感的なAirtable データ連携を提供する標準cmdlet です。 本記事では、Airtable Cmdlets を使ったサンプルを提供します。

Creating a Connection to Your Airtable Data

Airtable への接続には、APIKey、BaseId、TableNames のプロパティが必須です。ViewNames は任意項目でテーブルのビューを指定することができます。

  • APIKey : アカウントのAPI Key。取得には、アカウントにログインして、API セクションで[Generate API Key]をクリックします。
  • BaseId : ベースのId。取得には、APIKey と同じ場所で、[Airtable API]をクリックするか、https://airtable.com/api に進み、ベースを選択します。"The ID of this base is appxxN2ftedc0nEG7." というメッセージがIntroduction セッションで表示されます。
  • TableNames : 選択されたベースのテーブル名のカンマ区切りのリスト。UI で見られるテーブル名と同じです。
  • ViewNames : table.view 形式のビューのカンマ区切りのリスト。UI でみられるビュー名と同じです。

$conn = Connect-Airtable  -APIKey "$APIKey" -BaseId "$BaseId" -TableNames "$TableNames" -ViewNames "$ViewNames"

Selecting Data

Follow the steps below to retrieve data from the SampleTable_1 table and pipe the result into to a CSV file:

Select-Airtable -Connection $conn -Table SampleTable_1 | Select -Property * -ExcludeProperty Connection,Table,Columns | Export-Csv -Path c:\mySampleTable_1Data.csv -NoTypeInformation

You will notice that we piped the results from Select-Airtable into a Select-Object cmdlet and excluded some properties before piping them into an Export-Csv cmdlet. We do this because the CData Cmdlets append Connection, Table, and Columns information onto each "row" in the result set, and we do not necessarily want that information in our CSV file.

The Connection, Table, and Columns are appended to the results in order to facilitate piping results from one of the CData Cmdlets directly into another one.
 
 
ダウンロード