Ready to get started?

Learn more about the CData ODBC Driver for Amazon Athena or download a free trial:

Download Now

Domo Workbench のAthena からデータセットを作成し、Domo からAthena Data に連携するビジュアライゼーションを作成

Domo Workbench でAthena data からデータセットを作成し、Domo サービスでビジュアライゼーションを作成するには、CData ODBC Driver for Athena を使用します。



Domo は、組織全体でデータを管理、分析、また共有し、組織が戦略的な機会を逃さず判断し対応することを可能にします。Domo Workbench は、社内データをDomo にアップロードするための安全なクライアントサイドソリューションを提供します。CData ODBC Driver for Athena は、Domo Workbench をAthena data に連携します。Workbench で標準のSQL クエリを使用してAthena data からデータセットを構築し、Domo サービスでAthena data のリアルタイムビジュアライゼーションを作成できます。

CData ODBC ドライバーは、最適化されたデータ処理がドライバーに組み込まれているため、Domo のライブAthena dataとの連携に高いパフォーマンスを提供します。Domo からAthenaに複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作を直接Athenaにプッシュし、埋め込みSQL エンジンを利用してサポートされていない操作(SQL 関数やJOIN 操作)を処理します。 組み込みの動的メタデータクエリを使用すると、ネイティブのDomo データ型を使用してAthena dataを視覚化および分析できます。

ODBC データソースとしてAthena に接続

まず、ODBC DSN (data source name) にて接続プロパティをまだ指定していない場合、指定します。これでドライバーインストールのステップは最後です。ODBC DSN を作成し構成するために、Microsoft ODBC Data Source Administrator を利用できます。

Authenticating to Amazon Athena

To authorize Amazon Athena requests, provide the credentials for an administrator account or for an IAM user with custom permissions: Set AccessKey to the access key Id. Set SecretKey to the secret access key.

Note: Though you can connect as the AWS account administrator, it is recommended to use IAM user credentials to access AWS services.

Obtaining the Access Key

To obtain the credentials for an IAM user, follow the steps below:

  1. Sign into the IAM console.
  2. In the navigation pane, select Users.
  3. To create or manage the access keys for a user, select the user and then select the Security Credentials tab.

To obtain the credentials for your AWS root account, follow the steps below:

  1. Sign into the AWS Management console with the credentials for your root account.
  2. Select your account name or number and select My Security Credentials in the menu that is displayed.
  3. Click Continue to Security Credentials and expand the Access Keys section to manage or create root account access keys.

Authenticating from an EC2 Instance

If you are using the CData Data Provider for Amazon Athena 2018 from an EC2 Instance and have an IAM Role assigned to the instance, you can use the IAM Role to authenticate. To do so, set UseEC2Roles to true and leave AccessKey and SecretKey empty. The CData Data Provider for Amazon Athena 2018 will automatically obtain your IAM Role credentials and authenticate with them.

Authenticating as an AWS Role

In many situations it may be preferable to use an IAM role for authentication instead of the direct security credentials of an AWS root user. An AWS role may be used instead by specifying the RoleARN. This will cause the CData Data Provider for Amazon Athena 2018 to attempt to retrieve credentials for the specified role. If you are connecting to AWS (instead of already being connected such as on an EC2 instance), you must additionally specify the AccessKey and SecretKey of an IAM user to assume the role for. Roles may not be used when specifying the AccessKey and SecretKey of an AWS root user.

Authenticating with MFA

For users and roles that require Multi-factor Authentication, specify the MFASerialNumber and MFAToken connection properties. This will cause the CData Data Provider for Amazon Athena 2018 to submit the MFA credentials in a request to retrieve temporary authentication credentials. Note that the duration of the temporary credentials may be controlled via the TemporaryTokenDuration (default 3600 seconds).

Connecting to Amazon Athena

In addition to the AccessKey and SecretKey properties, specify Database, S3StagingDirectory and Region. Set Region to the region where your Amazon Athena data is hosted. Set S3StagingDirectory to a folder in S3 where you would like to store the results of queries.

If Database is not set in the connection, the data provider connects to the default database set in Amazon Athena.

DSN を構成する際、Max Rows の接続プロパティ設定が必要かもしれません。これにより返される行数を制限します。レポートやビジュアライゼーション(可視化)を設計する際のパフォーマンス向上に、とくに役立ちます。

DSN を作成したあと、Athena DSN を用いDomo Workbench でAthena のデータセットを作成し、そのデータセットに基づきDomo サービスでビジュアライゼーションを構築する必要があります。

Athena Data のデータセットを作成

下記の手順に沿って、CData ODBC Driver for Athena を用いて Domo Workbench のAthena のテーブルに基づいたデータセットを構築できます。

  1. Domo Workbenchを開きます。まだDomo サービスサーバーをWorkbench に追加していない場合、追加します。Accounts のサブメニューより、Add New をクリック。サーバーアドレス(domain.domo.com など)を入力し、認証ウィザードからクリックします。
  2. DataSet Jobs サブメニューから、Add New をクリックします。
  3. データセットジョブに名前をつけ(ODBC Athena Customersなど)、変換方法としてODBC Connection Provider を選択、ウィザードからクリックします。
  4. 新規に作成されたDataSet Job で、Source へ移動、設定を構成するためクリックします。
  5. Connection Type にSystem DSN を選択します。
  6. System DSN に以前構成したDSN (CData AmazonAthena Sys)を選択します。
  7. 構成を確定するためクリックします。
  8. 設定にて、Query をSQL クエリに設定します。 SELECT * FROM Customers 備考: ODBC ドライバーを利用しAthena data データへ接続することで、データを取得するためにシンプルなSQL の知識だけで、Athena 特有のAPI またはプロトコルを知る必要性がなくなります。
  9. Preview をクリックします。
  10. 生成されたスキーマからデータを確認し、変更を加えます。それから、保存しデータセットのジョブを実行します。

データセットのジョブを実行すると、データセットはDomo サービスからアクセス可能になります。これにより、Athena data を基にした可視化、レポート作成、そしてさらにさまざまなことができるようになります。

データビジュアライゼーションを作成

DataSet Job を保存しDomo Workbench 上で実行すると、Domo サービス上で Athena data の可視化準備が完了です。

  1. Data Center へ移動します。
  2. データウェアハウスにて、ODBC データソースを選択し、新しいデータセットへドリルダウンします。
  3. データセットを選択し、Create a visualization を選びます。
  4. 新しいカードで、下記を実行します。
    • Dimension をX Value へドラッグ。
    • Measure をY Value へドラッグ。
    • Visualization を選択。

CData ODBC Driver for Athena を利用すると、Domo Workbench でSQL だけを利用しAthena data に基づいたカスタムデータセットを構築することができます。そして、Domo サービスからビジュアライゼーションやレポートを構築し共有することができるようになります。

 
 
ダウンロード