今すぐお試しください!

製品の詳細Authorize.Net PowerShell Cmdlets を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

PowerShell でAuthorize.Net Data データをCSV に落としてみた

標準PowerShell cmdlets を使ってAuthorize.Net テーブルにアクセス。

CData Cmdlets Module for Authorize.Net は、直感的なAuthorize.Net データ連携を提供する標準cmdlet です。 本記事では、AuthorizeNet Cmdlets を使ったサンプルを提供します。

Creating a Connection to Your Authorize.Net Data

Merchant アカウントにログインして、[Security Settings]->[General Settings]ページから必要な接続値を取得できます。

  • UseSandbox:トランザクション処理に使われる&service; API。プロダクションアカウントを使用している場合、このプロパティを指定する必要はありません。開発アカウントを利用している場合には、このプロパティをTrue に設定します。
  • LoginID:ペイメントゲートウェイアカウントに紐づいているAPI ログインId。このプロパティは、利用者がウェブサイトトランザクションを送信する権限があるかを認証するために使われます。Merchant Interface にログインするときのログインId とは異なります。
  • TransactionKey:ペイメントゲートウェイアカウントに紐づいているトランザクションキー。このプロパティは、利用者がウェブサイトトランザクションを送信する権限があるかを認証するために使われます。

$conn = Connect-AuthNet  -LoginId "$LoginId" -TransactionKey "$TransactionKey"

Selecting Data

Follow the steps below to retrieve data from the SettledBatchList table and pipe the result into to a CSV file:

Select-AuthorizeNet -Connection $conn -Table SettledBatchList | Select -Property * -ExcludeProperty Connection,Table,Columns | Export-Csv -Path c:\mySettledBatchListData.csv -NoTypeInformation

You will notice that we piped the results from Select-AuthorizeNet into a Select-Object cmdlet and excluded some properties before piping them into an Export-Csv cmdlet. We do this because the CData Cmdlets append Connection, Table, and Columns information onto each "row" in the result set, and we do not necessarily want that information in our CSV file.

The Connection, Table, and Columns are appended to the results in order to facilitate piping results from one of the CData Cmdlets directly into another one.
 
 
ダウンロード