製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細はコチラ

  30日間無償トライアルへ

ローコードツールのappsmith を使って、Azure DevOps データと連携したアプリを作る

CData Connect Cloud を使ってappsmith からAzure DevOps に接続し、Azure DevOps データを使ったアプリを作成します。

菅原和義
プロダクトスペシャリスト

最終更新日:2023-03-09
azuredevops ロゴ

CData

cloud ロゴ画像
appsmith ロゴ

こんにちは!プロダクトスペシャリストの菅原です。

appsmith は、社内ツールの作成に特化したオープンソースのローコードツールです。ドラッグアンドドロップや簡単なコーディングを組み合わせてアプリを作成できます。さらにCData Connect Cloud と組み合わせることで、Azure DevOps を含む150種類以上のデータソースをアプリに統合できます。

CData Connect Cloud とは?

CData Connect Cloud は、以下のような特徴を持ったクラウド型のリアルタイムデータ連携製品です。

  • SaaS やクラウドデータベースを中心とする150種類以上のデータソース
  • BI、アナリティクス、ETL、ローコードツールなど30種類以上のツールやアプリケーションから利用可能
  • リアルタイムのデータ接続に対応。データの複製を作る必要はありません
  • ノーコードでシンプルな設定

詳しくは、こちらの製品資料をご確認ください。

Connect Cloud アカウントの取得

以下のステップを実行するには、CData Connect Cloud のアカウントが必要になります。こちらから製品の詳しい情報とアカウント作成、30日間無償トライアルのご利用を開始できますので、ぜひご利用ください。


Connect Cloud からAzure DevOps への接続

CData Connect Cloud なら、直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続できます。サイドバーの「無償トライアル」ボタンから30日間の無償トライアルをスタートできます。

  1. 登録後、Connect Cloud にログインして Add Connection をクリックします。
  2. コネクションを追加
  3. Add Connection パネルで「Azure DevOps」を選択します。
  4. データソースを選択
  5. 必要な認証プロパティを入力し、Azure DevOps に接続します。

    AzureDevOps 接続プロパティの取得・設定方法

    Azure DevOps アカウントに接続するには、Profile -> Organizations に移動して、アカウント内の組織名であるOrganization を指定します。

    例: Organization=MyAzureDevOpsOrganization

    NOTE :Analytics スキーマに接続する場合は、Organization と一緒にProjectId を指定する必要があります。

    Azure DevOps への認証

    Basic

    OrganizationPersonalAccessToken を指定することで、Azure DevOps アカウントに接続できます。 パーソナルアクセストークンを生成するには、Azure DevOps Organization アカウントにログインし、Profile -> Personal Access Tokens -> New Token に移動します。生成されたトークンが表示されます。

    Azure AD

    Azure ADは、OAuth を利用して認証する接続形式です。OAuth は、認証ユーザーがインターネットブラウザを使用してAzure DevOps と通信することを要求します。 CData 製品は、いくつかの方法でこれをサポートします。AuthSchemeAzureAD に設定し、Organization をAzure DevOps の組織名に設定します。 詳しくは、ヘルプドキュメント の「Azure DevOps への認証」セクションを参照してください。

    コネクションを設定(Salesforce の場合)

  6. Create & Test をクリックします。
  7. Add Azure DevOps Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 アクセス許可の更新

パーソナルアクセストークンの取得

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用するパーソナルアクセストークン(PAT)を作成できます。 きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、User Profile をクリックします。
  2. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。
  4. 新しいPAT を作成
  5. パーソナルアクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

接続の設定が完了したら、appsmith からAzure DevOps データに接続できるようになります。

appsmith でのデータソース設定

それではappsmith の画面で、CData Connect Cloud の接続設定をしていきましょう。

  1. 画面の左側にある「Datasources」の「+」をクリックします。
  2. appsmith のデータソースを作成
  3. appsmith から接続できるデータソースが表示されるので、「Microsoft SQL Server」を選択します。
  4. SQL Server データソースを選択
  5. CData Connect Cloud のTDS エンドポイント、接続ユーザー、PAT(アクセストークン)を設定して、「TEST」をクリックして接続確認を行います。正常に接続できたら「SAVE」をクリックして保存します。
    • Host Address:tds.cdata.com
    • Port:14333
    • Database Name:Connect Cloude で設定したデータソース名(Salesforce1 など)
    • Username:Connect Cloud のユーザー名
    • Password:上記で取得したPAT
    Connect Cloud データソースとの接続設定

appsmith でのクエリ実行

以上でデータソースへの接続設定が完了しました。次に、SQL クエリを追加して実際にデータソースからデータを取得してみましょう。

  1. 作成したデータソースの画面で、「NEW QUERY」をクリックします。
  2. NEW QUERY をクリック
  3. 今回はデータを取得したいので、「SELECT」を選択します。
  4. SELECT を選択
  5. SQL を指定する際には、CData Connect Cloud の機能である「Data Explorer」を使用することで、事前に取得したいデータを確認できます。必要に応じて利用してみてください。
  6. Connect Cloud のQuery Explorer でデータを確認
  7. 発行するクエリを作成したら、appsmith 画面に戻り、クエリを入力して「RUN」をクリックします。
  8. 無事にデータが取得できたら、あとはデータを使用したい「Page」に取得した「Table」を表示させるよう設定します。
  9. appsmith のテーブルに取得し多データを表示
  10. これで、appsmith からCData Connect Cloud と連携して、Azure DevOps のデータを取得することができました!いつも利用している業務データを使って、簡単にアプリが作れちゃいますね。

おわりに

この記事ではローコードツールのappsmith からCData Connect Cloud に接続して、Azure DevOps のデータを取得しました。CData Connect Cloud では、Azure DevOps 以外の150種類以上のデータソースに同様の方法で連携可能です。30日間無償トライアル を利用して、appsmith からSaaS、ビッグデータ、NoSQL データソースへのSQL アクセスをお試しください!

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。