製品をチェック

Bullhorn CRM SSIS Component の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Bullhorn CRM アイコン Bullhorn CRM SSIS Components 相談したい

パワフルなSSIS Source & Destination Components で、SQL Server とBullhorn CRM をSSIS ワークフローで連携。

Bullhorn CRM Data Flow Component を使ってBullhorn CRM のCandidates、Resumes、Searches などのデータを簡単に同期。データ同期、ローカルバックアップ、ワークフロー自動化に最適!

SSIS を使ってBullhorn CRM データをSQL Server にインポート

CData SSIS Components を使用して簡単にSQL Server へBullhorn CRM をバックアップします。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-07-10
bullhorncrm ロゴ

CData

ssis ロゴ画像
SSIS ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

SQL Server に基幹業務データのバックアップを保管しておくことは、ビジネス上のセーフティネットとなります。また、ユーザーはSQL Server のバックアップデータからレポーティングや分析を簡単に行うことができます。

ここでは、SQL サーバー SSIS ワークフロー内でCData SSIS Tasks for BullhornCRM を使用して、Bullhorn CRM データをMicrosoft SQL Server データベースに転送する方法を説明します。

Components の追加

開始するには、新しいBullhorn CRM ソースとSQL Server ADO.NET 転送先を新しいデータフロータスクに追加します。

The Data Flow task used in this example.(Salesforce is shown.)

新しいコネクションマネジャーを作成

以下のステップに従って、接続マネジャーでBullhorn CRM 接続プロパティを保存します。

  1. Connection Manager ウィンドウで、右クリックで[New Connection] を選択します。Add SSIS Connection Manager ダイアログが表示されます。
  2. [Connection Manager type]メニューでBullhornCRM を選択します。CData Bullhorn CRM Connection Manager が表示されます。
  3. 接続プロパティを構成します。

    Bullhorn CRM 接続プロパティの取得・設定方法

    Bullhorn CRM に接続するには、Bullhorn CRM アカウントの資格情報を入力します。また、DataCenterCode プロパティをデータセンターに対応するデータセンターコードに設定してください。詳しくは、こちら を参照してください。

    CLS2、CLS21 などのコードはクラスタID で、ログインした際のブラウザのURL(アドレスバー)に含まれます。

    例えば、

    https://cls21.bullhornstaffing.com/BullhornSTAFFING/MainFrame.jsp?#no-ba

    こちらのURL は、ログインしたユーザーがCLS21 クラスタに存在することを示しています。

    ちなみに、コールバックURL の末尾に"/" を含む値、例えば http://localhost:33333/ を指定する場合は、アプリケーション設定で指定したコールバックURL と厳密に同じ値を指定する必要があります。このパラメータの文字が一致しない場合、エラーとなります。

    Bullhorn CRM への認証(OAuth)

    Bullhorn CRM ではOAuth 2.0 認証標準を利用できます。 OAuth を使用して認証するには、すべてのシナリオでカスタムOAuth アプリケーションを作成して設定する必要があります。詳しい認証方法については、ヘルプドキュメントの「OAuth」セクションを参照してください。

Bullhorn CRM Source の構成

以下のステップに従って、Bullhorn CRM の抽出に使用するクエリを指定します。

  1. Bullhorn CRM ソースをダブルクリックしてソースコンポーネントエディタを開きます。
  2. [Connection Manager]メニューで、以前作成した接続マネジャーを選択します。The Connection Manager to be used for the source component.(Salesforce is shown.)
  3. データの書き出しに使用するクエリを指定します。例: SELECT Id, CandidateName FROM Candidate WHERE CandidateName = '山田太郎' The SQL query to retrieve records.(Salesforce is shown.)
  4. Bullhorn CRM Source コントロールを閉じて、ADO.NET Destination に接続します。

SQL Server Destination を構成する

以下のステップに従って、Bullhorn CRM をロードするSQL サーバーテーブルを指定します。

  1. ADO.NET Destination を選択して、新しい接続を追加します。接続するサーバーおよびデータベースの情報を入力。
  2. Data access モードメニューで、[table or view]を選択します。
  3. [Table Or View]メニューで、設定するテーブルまたはビューを選択します。
  4. [Mappings]画面で必要なプロパティを設定します。 The mappings from the SSIS source component to SQL Server.(Salesforce is shown.)

プロジェクトの実行

プロジェクトを実行できるようになりました。SSIS Task の実行が完了すると、データベースにBullhorn CRM データが入力されます。

The completed import.(Salesforce is shown.)

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。