Business b-ridge データにSAP BusinessObject Universe からリアルタイム連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Business b-ridge ODBC Driver

Business b-ridgeODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからBusiness b-ridge にデータ連携。

Business b-ridge データにデータベースと同感覚でアクセスして、多様なデータに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



ODBC Driver for Business b-ridge でリアルタイムBusiness b-ridge データ連携を SAP BusinessObjects universe から利用可能に。

この記事では、CData ODBC Driver for Business b-ridge を使ったSAP BusinessObject Universe を作成する方法を説明します。 Information Design Tool および Web Intelligence tool の双方から service に接続します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Business b-ridge データに連携するODBC 接続の確立

このセクションでは、Information Design Tool からBusiness b-ridge ODBC データソースへの連携方法を説明します。接続の確立後、データの分析やBusinessObject Universe の作成が可能となります。

  1. DSN での接続プロパティの指定がされていない場合には、Microsoft ODBC ソースアドミニストレーターでODBC DSN を作成し、接続設定をしてください。一般的な接続プロパティは以下です:

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターでの必須プロパティについては、ヘルプドキュメントの[はじめに]の章を参照してください。

  2. プロジェクトを右クリックして、[New]→[New Relational Connection]をクリックします。

  3. 表示されたウィザードで、接続名を入力します。
  4. [Generic]→[Generic ODBC datasource]→[ODBC Drivers]とクリックして、DSN を選択します。Select Generic -> Generic ODBC datasource -> ODBC Drivers and select the DSN.

  5. コネクションプーリングとカスタムパラメータはデフォルト値のままで、完了してウィザードを閉じます。

Information Design Tool で Business b-ridge データに連携して分析する

Information Design Tool では、公開されたODBC 接続とローカルのODBC 接続の双方を利用して、データのブランジングとクエリができます。

  1. Local Projects ビューで、接続(.cnx ファイル)をダブルクリックして、Business b-ridge データソースを開きます。

  2. Show Values タブにおいて、テーブルデータのロードとSQL クエリの入力ができます。テーブルデータを見るには、テーブルのノードを拡張して、テーブルを右クリックして、[Show Values]をクリックします。値は[Raw Data]タブに表示されます。 O

  3. [Analysis] タブで、チャートの軸にカラムをドラグ&ドロップできます。

ローカル接続の公開

CMS にUniverse を公開するには、追加で接続を公開する必要があります。

  1. [Local Projects]ビューで、接続を右クリックして、[Publish Connection to Repository]をクリックします。

  2. レポジトリのホストおよびポート、接続クレデンシャルを入力します。

  3. 接続を公開するフォルダを選択します。

  4. 次に表示されるダイアログにて、[Yes]をクリックしてショートカットを作成します。

ODBC Driver for Business b-ridge のUniverse の作成

次の手順で、ODBC driver for Business b-ridge のUniverse を作成できます。例ではUniverse はレポジトリに公開されるので、前のステップで作成された公開接続を使います。

  1. Information Design Tool で、[File]→[New Universe]をクリックします。

  2. 使用するプロジェクトを選択します。

  3. create the universe on a relational data source]のオプションを選択します。.

  4. 公開された接続のショートカットを選択します。

  5. Data Foundation の名前を入力します。

  6. オブジェクトとしてアクセスするテーブルおよびカラムをインポートします。

  7. Business Layer の名前を入力します。

Business b-ridge のUniverse をパブリッシュ

Universe をCMS に公開する手順は次のとおりです。

  1. [Local Projects]ビューで、ビジネスレイヤーを右クリックして、[Publish]→[To a Repository]をクリックします。

  2. [Publish Universe]ダイアログで、インポート前に整合性のチェックをします。

  3. Universe が公開されるレポジトリのフォルダを作成もしくは作成します。

Web Intelligence でBusiness b-ridge データをクエリする

Web Intelligence で、公開されたUniverse を使ってBusiness b-ridge に連携することができます。

  1. BusinessObject launchpad からWeb Intelligence を開き、新しいドキュメントを作成します。

  2. データソースのUniverse を選択します。

  3. Business b-ridge universe を選択します。Query Panel が開くので、Result Objects ペインにオブジェクトをドラグし、クエリで利用します。